41.Bar カクテル

2015年11月 7日 (土)

【Bar】京王プラザ新宿 ポールスターで飲むオールドファッションド・カクテル

京王プラザホテル新宿45階のスカイバー「ポールスター」。
http://www.keioplaza.co.jp/restaurant/polestar/
かなり久々の訪問です。

Dsc06788
高層階のバーでは、やはりマンハッタンを飲みたくなります。

バックバー越しの夜景、一部さえぎられるととはいえ、やはり新宿屈指です。
ベースのウイスキーはバーボンのウッドフォードリザーブ。


Dsc06790
ウッドフォードリザーブを使ったオールドファッションド・カクテル。
このブログのタイトルと同名カクテル。これも久々の登場です。

Old Fashioned Club  月野景史

2015年10月21日 (水)

【Bar】高田馬場 CAVERNAで飲むヴィンテージポートとマディラ

高田馬場で昨年20周年を迎えた「BAR CAVERNA(バー・カヴェルナ)」は、
ポルトガルのワイン、特にフォーティファイドワイン(酒精強化ワイン)である
ポート(ポルト)とマディラの品揃えでは、日本でも屈指の店。

今の店主が完全に引き継いでからは8年になります。


Dsc06733
1985年のヴィンテージポート キンタ・ド・ノヴァル
30年もの。

そういえば、ヴィンテージポートがストーリーの鍵を握ることで知られる
『刑事コロンボ』の「別れのワイン」。
登場するのはFerreira Vintage Port 1945年( フェレイラ・ヴィンテージ・ポート)。

この作品の放送は1973年なので、この時点で28年ものだから、
今回のノヴァルはそれを上回る
別に古ければいいというわけでもないが、店主によればちょうど良い具合の頃とのこと。
なめらかでクセのない良い甘さでした。


Dsc06734
マディラはブランディーズ。
ポートに比べると、フォーティファイドワインらしいクセがある。

店主によれば、マディラは注目が高まる傾向にあり、
最近銀座にマディラ―オンリーのバーもできたとのこと。
輸入会社の直営のようだ。

Old Fashioned Club  月野景史

2015年1月 3日 (土)

【カクテル】「青い珊瑚礁」 松田聖子の歌と同名のカクテル

2014年暮れのNHK『紅白歌合戦』で初の大トリを務めた松田聖子さん。
歌唱曲は1990年代の名曲『あなたに逢いたくて〜Missing You〜/明日へと駆け出してゆこう』でしたが、
私は聖子さんといえば、デビュー2枚目の大ヒット曲『青い珊瑚礁』(1980年)が思い浮かびます。

実はこの歌と同名のカクテルがあるのです。

Dsc05968
青い珊瑚礁
材料
ドライ・ジン
グリーン・ペパーミント・リキュール
マラスキーノ・チェリー
レモン (カットレモンの汁でグラスのエッジ軽く濡らす。)
京王プラザホテル新宿 メインバー ブリアンにて 2015.01.03

綺麗な色のカクテルですが、ミントリキュールを使っているので、それなりにクセはあります。

てっきり、歌の方が先で、歌の題名をカクテルに命名したのかと思ったのですが、
1950年に日本のカクテルコンペで優勝したカクテルなので、こちらの方がずっと先なのです。

もっとも、『青い珊瑚礁』という名はそれ以前にイギリスの小説があり、
1923年と1949年に映画化されています。

そして、松田聖子さんの『青い珊瑚礁』が大ヒットした1980年には、
当時日本でも大人気だった米女優ブルック・シールズ主演でリメイクされています。

おそらく、カクテルの命名は1949年版映画(ジーン・シモンズ主演)からでしょう。
そして、曲名は1980年版映画からの影響である可能性が強いと思います。
レコードリリースは、映画の日本公開よりも先なのですが、
この頃のブルック・シールズの人気はかなり高く、この映画も早くから話題になっていたと思うので。

Old Fashioned Club  月野景史

2014年5月10日 (土)

【ドラマ】『ロング・グッドバイ』/ギムレット グラス問題の真相

放送中のNHKドラマ『ロング・グッドバイ』。
これまで4回にわたり、劇中でのギムレットの扱いに絞って、ブログを書いてきました。(→前回ブログ
今日5月10日放送の第4話では、バーのシーンも登場せず、ギムレットについても語られませんでした。
しかし、予告を見ると、来週の最終第5話では、ギムレットの名は登場するようです。

さて、このドラマでのギムレットの扱いについて、推測で色々書いてきましたが、
5月17日の最終回を前にして、少し確実なところをと、実際に動いて情報収集を試みました。


そもそもの疑問。
なぜ増沢磐二(浅野忠信)と原田保(綾野剛)がバーで飲んだギムレットは、
一般に知られるショートスタイルではなく、ロックスタイルだったのか?

Dsc05261

ショートスタイル(カクテルグラス)

002
ロックスタイル(ロックグラス=オールドファッショングラス)



その真相は?
とりあえず先に答えを書きます。
時代考証的にはおかしいのは承知の上で、演出効果を優先した、という事のようです。
正式な取材ではないので、情報元は示しませんが、確かな筋からです。


ここでいう“時代考証”とは、もちろん日本でのことですが、
それを説明する前に、簡単に原作にふれておきます。


原作小説でのグラス
レイモンド・チャンドラーによる原作『長いお別れで(The Long Goodbye)』の舞台はアメリカ。
フィリップ・マーロウとテリー・レノックスが飲むギムレットのグラスの種類は明記されていません。
ただ、ヒントになる表記はあります。

レノックスがギムレットを飲み干して、からになったグラスを逆さにし、
水滴が落ちる様子を眺めるシーンがあるのです。
これはやはり、ごついロックグラスよりも、スマートなカクテルグラスの方が相応しく思えます。
それに、氷の入ったロックグラスを逆さにしたら、氷が散らばってしまいますし。

また、その後でレノックスがテーブルの端に、グラスを叩きつけて割るシーンもあります。
これはどのグラスでやろうと、随分乱暴な行為ですが、
それにしても、番組に出てきたような重そうなロックグラス(オールドファッションドグラス)
でやったとしたら、ちょっと乱暴過ぎるし、危険に感じます。

以上を考慮すると、どちらかといえばカクテルグラスの方がイメージし易く思えます。
無論、断定はできません。
当面の問題は、日本を舞台にしたドラマでのことなので、原作についてはここまでにします。


それではドラマの話に戻ります。
考証する時代、ドラマ『ロング・グッドバイ』の舞台は・・・、1950年代前半から半ばの日本。
テレビの民間放送が始まる前後です。

実はこの頃の日本では、氷を入れたロックグラスで酒を飲むことは、まだあまりなかったそうです。
これはちょっと意外に感じました。
追跡で色々取材もしたいと思いますが、とりあえず“確かな筋”からの情報です。
つまり、ドラマで描かれたような描写は、時代考証的にはおかしいということになります。


ではなぜ、それでもこのドラマでは、増沢と保にロックグラスでギムレット飲ませたのか?
それはつまり、男二人が脚の長いカクテルグラスで飲む姿は似合わない、
ロックグラスの方が相応しいから、ということのようです。

0000


もちろん、女性はカクテルグラスの方が似合う。
だから、第3話で高村世志乃(冨永愛)がギムレットをオーダーした時は、ショートスタイルだったのです。
004


これは、言われてみればわかるような気もします。
私も、バーに通うようになる前は、カクテルグラスはおしゃれ過ぎて、
男が飲むのは気恥ずかしく、女性向けのように思っていたことがありました。

実際にカクテルを知ると、ショートスタイルのカクテルは強くハードなものが多く、
まったくイメージが変わってしまうのですが。

ですから、この制作スタッフの意図は解らないでもないのですが、
カクテルを知らない故の少しずれた判断にも思え、ちょっと残念な気もします。
しかし、視聴者にも、昔の私のように思う人がいるかも知れず、
そこを考慮した可能性も含めれば、仕方ないのかも知れません。

ともかく、男はロックグラス、女性にはカクテルグラスが似合うから、そう演出した。
これが、ドラマ『ロング・グッドバイ』におけるギムレットのグラス問題の、一応の真相です。



さて、後は来週土曜日の最終回でギムレットがどう描かれるか、注目しましょう。

Old Fashioned Club  月野景史


付記
このブログのギムレットの記述について指摘を受けました。
といっても、どのページのどの部分についての指摘か判らない、失礼なものなのですが、
要するに、ギムレットについて書くなら英国の著名な古いカクテルブックを勉強しろ、という事のようです。

その本については知っていますが、『長いお別れ』よりだいぶ前の発行ですし、
放送中のTVドラマのついてのブログで、そこまで話を広げてもややこしくなるだけなので、ふれてません。
不満があるなら、ご自身で納得のいくものを書かれればいいと思います。

2014年5月 6日 (火)

ディズニーの街、舞浜のシガ―バ―/久々訪問はちょっと残念

今日は久しぶりにディズニーリゾートの街、舞浜へ仕事で行く事になったので、
以前、このブログにも書いたIKSPIARI内のシガー&バ―、トルセドールを再訪する予定を立てました。
(前回のブログは →こちらをクリック

前回訪れたのたのは2011年の11月、大震災から約半年後のことでした。
↓その時の写真
25686164_1409259846_239large


子どもの夢の国ディズニーの街の、大人極まるシガーバー、そのコントラストの妙に加え、
この街は震災の被害が大きく、その当時の話を女性スタッフから色々聞いたことが、大変印象的でした。
2年半ぶり、ネットで見たところ、とりあえず店は健在のようです。

今夜はその後、東京に戻っての用事があったので、
1時間ちょっとでドリンク2~3杯、軽めのシガー1本としっかり予定を立て訪問しました。


さて、19時前なので、空いていると思っていたのですが、
ちょっと予定外、テーブル席に案内されてしまった。
私はこういう時、よほどなじみの店ではない限りそのまま座る方で、今日もそうしましたが、
今回はちょっと残念でした。

というのは、私はシガ―はまったくわからないので、カウンターでの会話の中で、
バーテンダー氏に値ごろで適当なものを薦めてもらって、という頼み方しかしたことはなく、
テーブル席で、リストを要求してまで、という方ではないのです。
まして今日は時間もないので、手持ちの安物のシガリロ吸って帰ってきました。

混み合っていわけではなく、テーブル席は私だけ、
カウンターにはひとり客が3人ほどで、4~5席は空いてるようでした。
ただ、その3人とも常連のようだったので、一見客を座らすのを避けたのかも知れません。
女性バーテンダーがいましたが、前回書いた人とは違う方のようでした。


というわけで、自分的には残念でしたが、これはめぐり合せの問題で、仕方ないことです。
例えなじみの店でも、混み具合等でゆっくり出来なかったり、時には入れないこともあります。

トルセドールも、変わらず雰囲気の良い店でした。
ただ、シガーバーで一人客がシガリロ吸ってるのに、何も声をかけないというのはどうかとは思いましたが(笑)
もっとも、カウンターのお客もシガ―どころか煙草すら吸ってなかったようで、
あまりシガーを推してないのかも知れません。


Old Fashioned Club  月野景史

2014年5月 3日 (土)

【ドラマ】『ロング・グッドバイ』第3話 ギムレット考証続編/マンハッタンも登場?

NHKのドラマ『ロング・グッドバイ』。
第1話、第2話について、ギムレットにテーマを絞ってブログを書いてきました。

このドラマは全5回ということなので、
後は最終話が終わったら、まとめを書けばいいと思っていたのですが、
5月3日放送の第3話で、ギムレットについてまさかの展開があり、
また、他のカクテルも出てきたので、書くことにしました。
今回もドラマ全般にふれず、カクテルだけに絞ります。


↓今回、遂にこのドラマに、ショートスタイルのギムレットが登場しました。
Dsc05261_2


実はこのシーンが、前回と今回にまたがってしまっていて、解り難いです。

前回のラスト、保からの遺言ともいえる手紙をもらった増沢は、
その願いに応えるべく、なじみのバー、ヴィクターズを訪れ、
自分の分と保の分、二人のギムレットをオーダーします。(ここも、説明はないから解り難いですが。)
ギムレットはいつものロックスタイル。

そこに、富永愛さん演じる高村世志乃があらわれます。
世志乃は保の為に用意されたギムレットを飲もうとしますが、
増沢はそれを下げさせ、「同じものを」と注文します。

ここまでが、前回のラスト部分。

そして、今回はその続きで、バーのシーンから始まるのですが、
「同じものを」をと頼んだ筈なのに、世志乃に出てきたのは上の写真のカクテル、
脚の長いグラスのショートスタイルだったのです。
ただ、一般的なシェイクではなく、ミキシンググラスでのステアで作っていましたが。

Dsc05263
これはつまり、同じギムレットを頼んでも、客によってスタイルを変えるということか?
男性にはロックスタイル、女性にはショートスタイル。
あり得なくはないです。

しかし、なにやら、よくわからなくなりました。
原作では、冒頭でしっかり語られるギムレットについて、
なぜこのドラマでは、後出しみたたいにちょこちょこ描かれるのか。
本当に視聴者、あるいは関係者からの指摘を受けて、色々と取り繕っているのか、
それとも、最初から、視聴者を翻弄する意図でもあるのか。

まぁ、全体に謎めいた話なので、よくわからないのはギムレットについてだけではなく、
さほど気にもなりませんが。


◇もうひとつのカクテル
ところで、今回はラスト近くで、また増沢と世志乃のバーでのシーンがあり、
世志乃が今度は別のショートカクテルを飲んでいました。
こちらはカクテルの名も不明ですが、推測も交えてちょっと書いておきます。


Dsc05265
淡い琥珀色といった感じでしょうが。
無色で、ピンに刺さっているのがオリーブならマティーニでしょうが、
チェリーのようなので、マンハッタンでしょう。
この写真では、ちょっと色が薄いように感じますが・・・。

Dsc05266
こちらの写真だと、だいぶ濃く、赤く見えます。
これは逆にマンハッタンとしてはやや赤すぎるくらいです。

2枚の写真のカクテルは随分色が違いますね。
しかし、ドラマの流れからいって、二つは同じカクテルだと思います。
ただ、撮影された映像や画像は、照明の状態により色の見え方が変わるものです。
それにこのドラマ、画面全体にフィルターをかけたような、色の加工感があります。
それらの影響で起こり得る得る差異と、一応解釈しておきます。

まぁもしかしたら、撮影中に何度か作り直しているうちに、色が変わってしまった、
などという裏事情がないともいえませんが。

いずれにしても、チェリーの入った琥珀色系のショートカクテルといえば・・・、
そんなにマイナーなカクテルが出てくるとも思い難く、
ここは“カクテルの女王”とも呼ばれる、マンハッタンであるという解釈でいいと思います。
(“カクテルの王”はマティーニ)


Dsc05267_2
増沢の酒はまたロックスタイルですが、マンハッタンと同じ系統の色に見えます。
ロックスタイルのマンハッタン?
いやまあ、ここは普通にウイスキーのオン・ザ・ロックという解釈でいいと思いますが。


ところでこのドラマ、小雪さんと冨永愛さんが出ていますが、
また雰囲気の似た人をキャスティングしたものです。
そうでなくても展開が追い難いドラマだし、混同した視聴者もいるでしょうね。

追記:このドラマでのギムレットの疑問について、↓一応の真相を記しました。
http://oldfashioned.cocolog-nifty.com/blog/2014/05/post-163a.html


Old Fashioned Club  月野景史

2014年4月26日 (土)

【ドラマ】『ロング・グッドバイ』第2話/ギムレットについて補足あるも、深まる謎

NHKのドラマ『ロング・グッドバイ』。今日4月26日、第二話が放送されました。
物語は更に混沌としてきましたが、このブログでは前回(→こちら)に続き、
ギムレットカクテルに拘って記します。

(※追記 第3話で更にギムレットに関わる新展開あり →こちらに記しました。)


先週の第一話終了後、原作小説『長いお別れ』に登場する
「ギムレットには早すぎる」という有名な言葉に絡めて感想を書きました。
このセリフが効果的に登場する為には、第一話でのギムレットへの拘りが
足りないのではないか、と指摘させてもらいました。

第二話では、まるで前回のギムレットへの言及の少なさを補足するような部分がありました。

まず、冒頭の第一話のダイジェストで、
前回は放送がなかった、バーテンダーのギムレットについての発言が流れました。
また、これが不可解な点がいくつもあるのです。

001
第一話で、増沢磐二(浅野忠信)と原田保(綾野剛)がバーで飲むシーン。

本放送では、保が同じものをとオーダーし、バーテンダーが「ギムレットですね」と、
応じたところまでだったのですが、今回のダイジェスト版ではその後に
「本当はオーキッド社のライムジュースで作って差し上げたいのですが・・・」と続きます。

◆不可解な点。
まずダイジェストなのに、本放送ではなかったシーンが増えてしまってます。
普通は逆ですよね。

バーテンダーが語った内容についてですが、
たしかに、原作にもライムジュース(コーディアルライム=甘いシロップ)の銘柄への言及がありますが、
オーキッド社ではなく、ローズ社です。オーキッドは架空の社名だと思います。
ローズ社というのは実在、しかも現存する会社なので、あえて名を出さなかったのでしょう。
NHKなので、これはわかります。

ただ、原作で銘柄に拘るのはテリー・レノックス、つまり原田保です。
なぜ、そこを変えたのか?

更に「作って差し上げたいのですが・・・」で終わり、作れない理由が語られません。
なぜ?

そして、最初の疑問に戻りますが、第一話で放送しなかったシーンを、
なぜ第二話冒頭の前回ダイジェストで放送したのか?
逆に言えば、第一話でなぜこのシーンを放送しなかったのか???


そんな疑問を抱えながら、他にも目まぐるしく色々あり、気がつけば第二話もラスト近く。
増沢は、生前の保が書いた手紙を受けとります。

003

そこには、ギムレットを注文してほしいとの願いが書かれていました。
増沢は保の望み通り、なじみのバー、ヴィクターズを訪れます。

ギムレット、今回はしっかりアップで映りました。

002
間違いなくロックスタイルです。
自分の分と保の分、二杯オーダーしたようです。

そして、バーテンダー氏によると、今度はオーキッド社のライムを使ったとのこと。
ただ、前回はなぜ使えなかったのか、
今回はどうして使えたのか、説明はありませんでした。


・・・というのが、今回のギムレット絡みの顛末です。

まさか私のブログを読んだわけでもないでしょうが、
本当に、第一話でギムレットへの言及が少なかったことに気付き、
補足をしたかのような面がありました。

そして、この流れだと、あの有名なセリフも、やがて登場するかも知れません。


参考までに、ローズ社のコーディアルと、
それを使って作った、一般的なショートスタイルのギムレットを写真で紹介します。

Photo_3

前述のようにローズ社は現存しますが、
日本への輸入ルートが現在なく、レアなアイテムになっています。
写真の店では、バーテンダー氏がハワイ旅行の際に買い求めたそうです。


Old Fashioned Club  月野景史


ロング・グッドバイ
2014年4月19日(土)~
NHK総合テレビ 毎週土曜日 午後9時00分~9時58分 連続5回
原作:レイモンド・チャンドラー
出演:浅野忠信 綾野剛 小雪 古田新太 冨永愛 太田莉菜 田口トモロヲ 滝藤賢一 堀部圭亮 高橋努 泉澤祐希
福島リラ やべきょうすけ 石田えり 吉田鋼太郎 遠藤憲一 柄本明

http://www9.nhk.or.jp/dodra/goodbye

2014年4月20日 (日)

【ドラマ】NHK『ロング・グッドバイ』第1話におけるギムレット考察

昨日、4月19日に第1話が放送されたNHKのドラマ『ロング・グッドバイ』。
邦題『長いお別れ』で知られる、レイモンド・チャンドラーの
バードボイルド小説のドラマ化です。
このブログでも紹介しました→ http://oldfashioned.cocolog-nifty.com/blog/2014/04/post-9314.html

_002

原作の舞台はアメリカですが、それはもちろん日本に移してます。
原作の刊行は1953年。劇中での表現からして、時代はほぼ一緒、50年代前半でしょう。

同時代とはいえ、アメリカ→日本ですから、原作そのままといくわけもないですが、
それにしても色々と変えてるようですね。
今後、どのように展開していくかわかりませんが、今回は「ギムレット」に絞って記します。


「ギムレットには早すぎる」
小説中に登場する、大変有名なセリフです。
このセリフを題材に、ギムレットについて書いた過去ブログは、今でも結構アクセスがあります。
よろしければご覧ください→http://oldfashioned.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/post-2284-1.html
※ただし、一番下に原作小説のネタバレになってしまう記述があります。


さて、今回のドラマでこのセリフは語られるのでしようか。
原作でこのセリフが出てくるのはもっと後なのですが、伏線となるシーンは冒頭にあります。
原作では主人公の私立探偵フィリップ・マーロウが、
ゲストキャラのテリー・レノックスという男と友人になり、Barでギムレットを飲み交わします。
レノックスはギムレットが好きで拘りがあり、理想的なレシピなど、色々と蘊蓄を語るのです。

今回のドラマではマーロウにあたる役、増沢磐二を浅野忠信さん、
レノックスにあたる原田保を綾野剛さんが演じています。
二人がバ―で飲み交わすシーンも何度かありました。
そこで、私が気になったポイントは二つ。

まず一つめは、二人が飲んでいる酒です。
000_2


大ぶりのロックグラスに、氷が入っていますね。
いわゆる「オン・ザ・ロック」です。
劇中では、これをギムレットと呼んでいます。

しかし、普通、ギムレットと言うカクテルは、このようなスタイルではありません。

Photo_2
スタンダードレシピで作られたギムレット。
シェーカーで振り、このような脚の長いカクテルグラスに注ぐショ―トスタイルです。
ドラマで飲まれていたものとは明らかに違います。

ただ、だからといってこのドラマのギムレットが単純に間違いとは断言できません。
例えば、1950年代前半の日本では、ギムレットはこのドラマのような飲み方が一般的だったとか、
なんらかの時代考証に基づいている可能性もあります。
カウンターの上にはシェーカーが並んでますから、シェイクが一般的でないという事はあり得ませんが。

しかし、占領軍を通じてアメリカの文化が急激に流れ込んでいる時代ですから、
仮にまだ一般的ではなかったにしろ、カクテルグラスでギムレットを出すバーがあったとして、
絶対おかしいとはいえないと思えます。
そう考えると、敢えてロックグラスのギムレットにした事情はわかり難いですね。

実はアメリカの方が、ロックスタイルが一般的だったとか?!
まさかそれはないと思うし、もしそうだとしても、日本を舞台にしているのですから、
日本人になじみ易い描き方にして、問題があるとも思えません。
当時のバー事情については、機会があればリサーチを試みます。


そして、ギムレットへのこだわりについて。
上述のように、見たところ、今一般に知られているギムレットではありませんが、
劇中での会話から、この飲み物をギムレットとして飲んでいる事はわかります。
しかし、綾野さんは特にギムレットについて思い入れや蘊蓄を語っておらず、
原作にあるような強いこだわりは感じません。

ここはハッキリと原作とは変えています。
その意図は、まだ不明です。


では、名セリフ「ギムレットには早すぎる」は登場するのでしょうか?

そもそもどのようにストーリーが展開するかもわかりませんが、
綾野さんが特にギムレットにこだわってないので、このセリフが出てくるかは微妙です。
一応、軽くですがギムレットにふれているので、出てきてもおかしくはありません。
ただ、最初にもっとこだわっておかないと、セリフの持つ効果が薄れてしまいます。

ネタバレになるので、今回はこの辺でとりあえず止めておきます。

※追記  第二話では今回のギムレットについての言及の少なさを補完するようなシーンもありました。
感想など記しています。→
こちらをクリック


Old Fashioned Club  月野景史

ロング・グッドバイ
2014年4月19日(土)~
NHK総合テレビ 毎週土曜日 午後9時00分~9時58分 連続5回
原作:レイモンド・チャンドラー
出演:浅野忠信 綾野剛 小雪 古田新太 冨永愛 太田莉菜 田口トモロヲ 滝藤賢一 堀部圭亮 高橋努 泉澤祐希
福島リラ やべきょうすけ 石田えり 吉田鋼太郎 遠藤憲一 柄本明

http://www9.nhk.or.jp/dodra/goodbye

2013年6月15日 (土)

京王ブラザホテル 6月のマンスリーカクテル 「武士道」

久々に京王ブラザホテル新宿のメインバー・ブリアン。

6月のマンスリーカクテルは日本酒ベースに梅酒、ピーチリキュール。
タイトルは・・・「武士道」。
作り手は、渡辺髙弘バーテンダー

Dsc03086

日本酒はともかく、梅酒とピーチリキュールとくれば、
それなりに甘いイメージですが、「武士道」とは随分硬骨な感じがします。

が、必ずしも無骨なだけではない、
「強さと優しさを併せ持つ」
そういうイメージと解釈すればいいようです。

以下、ホテルの公式サイトより引用
☆☆☆
2013年のテーマ~和の心を伝えよう~
スタンダード・カクテルをモダンにアレンジします。
「武士道」
バーテンダー 大塚慎一郎

何色にも染まらず、信じる我が道を行く武士の姿。サムライの国・日本をイメージした日本酒ベースのカクテルです。梅酒と桃のリキュールを加え、日本酒のクセを感じさせない香り豊かな仕上がりに。海外のお客様にも召し上がっていただきたい一杯です。

1,200円*サービス料・税金込(本体価格1,040円)
※ホテル内バーラウンジにてお召し上がりいただけます。
(3階/アートラウンジ<デュエット>を除く
★★★


Old Fashioned Club 月野景史

2013年4月20日 (土)

【Bar】東京ステーションホテルのBar Ork/カウンター内に見覚えある顔が…

八重洲のブリヂストン美術館の
「Paris、パリ、巴里 ─ 日本人が描く 1900–1945」展を観た帰りに、
東京ステーションホテルのBar Ork(バー オーク)に寄ってみました。

このホテルは昨年10月にリニューアルオープンして話題になりました。
おそらく当初は大変な混雑だったのでしょう。
そろそろ落ち着いた頃かな…と勝手に判断しました。

といっても、私は場所もよくわからず、
バーがあったかどうかもうろ覚えだったのですが、
駅のホテルなのだから、駅に直結してるのだろうし、何かあるだろう、
程度のイイカゲンさでしたが。

少しウロウロしてして辿り着く。
ホテルのバーにしては、重厚で入り難くそうな扉です。

Dsc02572


店内もなかなか重厚。
Dsc02567


Dsc02564

落ち着いたオーセンティックな雰囲気。
バックバーから外も見えますが、2階なのでさほどの眺望ではありません。

それよりも驚いたのは、カウンターの中に見覚えある顔がいたこと。
池袋のホテルメトロポリタンのダイニングバーにいた女性バーテンダーです。
メトロポリタンホテルといえばJRグループの経営、ここも同じなのですね。

実は彼女は上智大学の後輩でもあります。(もちろん偶然)
昨年10月のオープニングに合わせて赴任してきたとのこと。


Dsc02568
ホワイトスパイダー
彼女に「何か作って」とリクエストしたら出てきたカクテル。
ウォッカベース。ホワイトミントリキュールを使っていて、
少しクセがあるカクテルですが、飲み易く仕上げていました。

あるバーで、サラリーマン4人組が名前のイメージだけで全員このカクテルをオーダーして、
全員半分も飲まずに帰ったのを見たことがあります。

でも、この店ではオーダーするお客が多いとのこと、
ふーん、さすがにカクテルに精通したお客が多いのかな。
それとも、メニューに載っていたのかも知れませんが。


Dsc02571
ホテルオリジナルカクテル「東京駅」。
煉瓦をイメージしたとのこと。
そんなに赤くはないのですね。

Dsc02565
各地の珍味三種。
洋酒にはそぐわない気もしますが、JRグループらしい肴です。


オープン当初は大変な混み様だったそうです。
最近は落ち着いて、この日も最初(19時前)は空いてましたが、
自分が店を出る20時頃にはバタバタッと、一気に満員になりました。
http://www.tokyostationhotel.jp/restaurants/pop04.html


Old Fashioned Club  月野景史

より以前の記事一覧

フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ