« 【ドラマ】『江戸を斬る 梓右近隠密帳』竹脇無我主演 豪華キャストの伝説の傑作時代劇 | トップページ | 『ルパン三世 カリオストロの城』のミートボールスパゲティの由来は? »

2023年4月19日 (水)

【相棒】「名探偵登場」「名探偵再登場」亀山・神戸期に跨る傑作姉妹編 マーロウ矢木登場/元ネタの映画版についても

☆2023年11月22日放送の『相棒22』第6話「名探偵と眠り姫」に12年ぶりでマーロウ矢木が登場します。
☆それに伴いテレビ朝日では11月21日と22日午後に「名探偵登場」「名探偵再登場」を再放送します。

Aibou-mei
「名探偵登場」 相棒 season5 第10話 2006年12月13日放送  初代相棒亀山薫期


Aibou-meisai
「名探偵再登場」 相棒 season10 第11話 2012年1月11日放送  2代目相棒 神戸尊期


『相棒』22年の歴史の中でも、コミカル色の強い傑作といわれる回で、しかも姉妹編です。
1本目が初代亀山薫(寺脇康文)時代、2本目が2代目神戸尊(及川光博)時代に亘っていて、
どちらも面白いというのもいい。
今回のブログではこの2本について、少し記します。

メインゲストは高橋克実さん。
マーロウ矢木」を自称する“チャンドラー探偵社”の私立探偵・矢木明を演じます。
名探偵というよりは“迷探偵”

マーロウ矢木は1本目である事件に絡み、なりゆきで初代特命コンビと共同で捜査をすることになります。
矢木はいかにもな迷探偵でありますが、右京も認める鋭さを垣間見せることもあり。
矢木の機転と人脈のおかげもあって、事件は解決します。

2本目は1本目から5年と少し経過、2代目相棒神戸尊の時代末期。
きっかけとしては、矢木がある事件で捜査一課に事情聴取されることなのですが、
結果的には矢木の方から2代目特命コンビに協力依頼して、また合同捜査という流れです。

この2本、なんといっても、高橋克実さん演じる矢木のユニークなキャラが魅力。
謎の悪女の登場など、ハードボイルドっぽい展開もいい感じです。
1本目の“悪女”は吉井有子(現 輝有子)さん。『相棒』にしてはセクシーな姿を披露してくれます。
2本目で“悪女”役を演じるのは、後に『警視庁・捜査一係長』の女性管理官 板木望子役で
警察ドラマファンにもお馴染みの顔になる陽月華さん。


ところで「マーロウ」とは?
ハードボイルド小説の巨匠レイモンド・チャンドラーが創造した
私立探偵フィリップ・マーロウのこと。
矢木は推理小説・ハードボイルド小説のマニアで、フィリップ・マーロウにあこがれており、
「チャンドラー探偵社のマーロウ矢木」などと名乗っているわけです。

マーロウが登場するチャンドラーの代表作『長いお別れ』と、
作中に登場する名セリフ「ギムレット」には早すぎる」、
カクテルのギムレットについて書いた記事は、当ブログの屈指の人気記事です。
「ギムレットには早すぎる」はマーロウのセリフではない/ギムレット超入門と『長いお別れ』

「再登場」では、カクテルのギムレットならぬ「ムギレット(麦レット)」もネタとして登場します。


タイトルの元ネタは外国映画
少し『相棒』から離れ、この2本のサブタイトル「名探偵登場「名探偵再登場」について。
これには元ネタがあり、いずれも1970年代制作のアメリカ映画の邦題と同名なのです。

『名探偵登場』(原題:Murder by Death) 1976年

『名探偵再登場』(原題:The Cheap Detective)1978年
脚本:ニール・サイモン 監督:ロバート・ムーア

両作とも私立探偵を主役とするパロディ作品。
邦題だと、2作目は1作目の続編みたいですが、そうではありません。
脚本・監督も同一で、極めて似たテイストではありますが。
1作目のヒットにより、よく似た2作目に続編のような邦題をつけたのです。
実際、同一シリーズと言っていいくらいテイストは似てますが、内容的には続編ではなし。

1作目は豪華キャスト勢揃いの、名探偵大挙登場映画。
古典ミステリ小説や映画の名探偵のパロディキャラたちが競演します。

2作目は、1作目で名探偵の1人を演じたピーター・フォークの単独主演。
フォークはいわずと知れた『刑事コロンボ』の主演俳優。

フォークが1作目・2作目で演じた役は同一人物ではないですが、よく似たハードボイルドタイプ
つまり、おとぼけ刑事のコロンボとはまったく逆ともいえるキャラを演じています。
直接のモデルとなっているのはマーロウではなく、こちらもハードボイルドの有名キャラクターサム・スペード

そういえば、『相棒』の1本目で、矢木はサム・スペードの名も、少しだけ出しています。
要約すると→「西日暮里ではマーロウ矢木、戸越銀座ではサムスペード矢木と呼ばれています


元の映画と『相棒』の2本のエピソード
タイトルが同じで、私立探偵を題材としたパロディ色の強いコメディである点は共通ですが、
ストーリーはあまり似ていません。

特に映画版第1作は名探偵総登場物なので、全然違う。
強いていえば、『相棒』の2本は、映画版第2作のパロディに近い、と言えなくもないですが、
それよりは本家マーロウシリーズ、つまりハードボイルド物のパロディと言った方がいいかも知れません。

1本目にはマーロウシリーズの『プレイバック』より、もうひとつの有名なセリフが出てきます。
男はタフでなければ生きて行けない。優しくなれなければ生きている資格がない。
2本目はギムレットが出てくるところは『長いお別れ』と関連がありますが、
ストーリー展開は『プレイバック』に近い面があります。


しかし、なんといっても、目玉は高橋克実さん演じるマーロウ矢木のキャラクター。
杉下右京(水谷豊)や亀山、神戸とのやりとりも面白く、他のゲストキャラも良い味を出しています。
『相棒』の新作放送中にこの2本が再放送されたら、マーロウ矢木再登場への布石か!
などと思うところですが、先月最新シーズンが終わったばかりなので、とりあえずありません。

Old Fashioned Club 月野景史

« 【ドラマ】『江戸を斬る 梓右近隠密帳』竹脇無我主演 豪華キャストの伝説の傑作時代劇 | トップページ | 『ルパン三世 カリオストロの城』のミートボールスパゲティの由来は? »

33.ミステリ」カテゴリの記事

11.【特集】『相棒』」カテゴリの記事

フォト
2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ