« 2023年2月 | トップページ | 2023年4月 »

2023年3月

2023年3月31日 (金)

【心霊内科医 稲生知性】霊と話す医師/深夜のフジで4夜連続放送された、思わぬ拾い物ドラマ

『心霊内科医 稲生知性』
(しんれいないかい いなおちせい)
2023年3月28日(27日深夜)~31日(30日深夜)まで4夜連続放送済。


Shinrei01


昨日のブログで紹介した『アイゾウ』の後の時間帯で4夜連続で放送された、フジテレビ深夜の30分ドラマ。
『アイゾウ』とはテイストが似ているといえば似ているが、こちらは今回初登場のオリジナル作品。
『アイゾウ』からの流れで観たのですが、思わぬ拾い物でした。

☆追記:2023年暮れ、新作が4夜連続で放送されます
『心霊内科医 稲生知性2』
12月26日(火)24:25~24:55
12月27日(水)24:05~24:35
12月28日(木)24:50~25:20
12月29日(金)24:55~25:25

******最後にネタバレあり*******


レギュラーキャストは4人

主人公の稲生知性を演じるのは、じろう(お笑いコンビ「シソンヌ」のメンバー)
心療内科医として「稲生心療内科」開業しているが、
実は患者に取り憑いた怨霊が見え、話すことが出来る「心霊内科医」。
不愛想な変人で、医院はいつも閑古鳥。

ヒロインポジションは稲生の医学部時代の同期で、こちらは普通の心療内科医の中岡俊子(伊勢佳世)
中岡は稲生の特殊能力を知っており、自分が診察し、心霊絡み(このドラマでは「霊障」と表現される)だと、
判断した患者を、稲生の診察室へ連れてくるところから、毎回の話がスタートします。

他に稲生の助手(と思われる)髙橋守に若手歌舞伎俳優の中村鶴松
「稲生心療内科」の受付、小池志摩子平田敦子

01_20230401091501
左から稲生知性(じろう)、助手の高橋守(中村鶴松)、稲生の同期の中岡俊子(伊勢佳世)


お笑い芸人「シソンヌじろう」が主役
シソンヌは単独活動では、じろうさんの相方の長谷川忍さんの方がバラエティ系で見かけます。
じろうさんはドラマにそこそこ出ているようですが、主演は初めてのこと。
失礼ながら、「せっかく面白そうなテーマなのに、お笑い芸人主演か」などと思ったのですが、
じろうさんは、ちょっと松田龍平さんに似た独特の雰囲気を醸し出し、好演でした。

思えば、昨年のR1グランプリなども、まるでアングラ芝居の一幕のような、演技力が必要なコントが多かった。
シソンヌは2014年のR1王者なので、昨年の出場者よりは少し世代が上ですが、
最近のコント師は演技力が高いということでしょう。


死者の霊が見え、会話が出来る
この“能力”、元ネタが挙げるなら、映画の『シックスセンス』でしょう。
稲生は患者に取り憑いた “怨霊” と話すことにより、
本来の目的は患者の治療ですが、結果的に殺人事件を解明することになります。
その意味でこのドラマは、いわば“オカルト探偵もの

死者と話せる能力を利用しての事件解明となると、『シックスセンス』にもその要素はあるし、
日本のドラマだと、小栗旬さん主演の『BORDER(ボーダー)』が思い浮かびます。

殺人事件の被害者の霊と話せるなら、真実はすぐにわかりそうなものですが、
実は霊にも真相か分かってない場合もあり、更に霊も嘘をつく事があるというのが、このドラマの胆。
患者と霊の思惑は複雑に絡み合い、そこから真相が導き出されていきます。


個性的な脇役たち
ヒロインの中岡俊子役の伊勢佳世さんは舞台女優のようで、ドラマでは見かけない顔ですが、達者な演技。
無表情でスローな稲生に対し、表情豊かで軽妙、アップテンポにしゃべるキャラで、そのコントラストがいい。
変人の稲生に対し、ややエキセントリックではあるが、常識的思考の人間として、
稲生と患者の間に立ち、ストーリーを牽引しています。


03_20230401102001
ヒロイン 中岡俊子役は舞台女優の伊勢佳世(いせ かよ 1981年5月30日~)


そして、助手ポジションの高橋守役は中村鶴松さん。
一般家庭の出でありながら、歌舞伎界入りした若手俳優。

高橋は次回の診察までの間に依頼者(患者)と霊の周辺調査をしているようで、それが事件解明に役立っています。
ただ、どのように調査をしているかは、まったく描かれません。


医院のみで展開、まるで舞台劇だが
このドラマの舞台は稲生の診療所(主に診察室で、後はビル内の階段と受付が少し)のみで展開します。
私は勘違いしていて、レギュラー4人の登場は医院のみだが、
ゲスト俳優による事件シーンは映像で描かれていると思っていたのですが、
見直すと、それらは僅かな静止写真にセリフを重ねて表現されているだけでした。
まるで舞台劇のような作り、深夜枠ならではの低予算ぶりともいえますが、それを感じさせない演出でした。


********以下、ネタバレあり*******








最終第4夜のラストで、驚愕の真相が明かされました。
実は助手の高橋は稲生や中岡の医学部の同期生で、学生時代の16年前に亡くなっており、
それ以来、稲生に取り憑いている霊だというのです。
助手の高橋は霊だった!
霊が見えて対話ができるのは稲生だけ。

つまり、中岡や患者達には、高橋の姿は見えず、もちろん声も聞こえてなかったのです。

なんと驚くべき真実、
・・・といっても、これは初回の時点で、たぶんそうだろうな、とは思っていました。
よく観ると、高橋は稲生以外とは、まともに会話のやりとりがないのです。
この手法も『シックスセンス』のラストと同一といえば同一です。
ただ、そうミスリードして、実は違うというパターンもあり得るとは思っていましたが、
そこまでの捻りはありませんでした。


02_1
助手の高橋守(左)は大学同期の稲生(右)に取り憑いた霊だった


そしてラスト、中岡が高橋の霊の存在に気が付きます。
中岡は高橋は自殺だと思っていたようですが、実は殺されていたことが明らかになりました。
しかも犯人は不明、稲生と中岡は16年間、真相を追い求め続けているとのこと。

更に一番最後、もしかしたら高橋殺害の犯人は稲生では、と匂わせるようなシーンでドラマは終わりました。
言葉では表現されていません、演者の眼差しだけで、そんな疑惑を感じさせていました。


続編は?
もし、このドラマの続編が作られるとしたら、この高橋殺害の件が、ストーリーの縦軸となるのでしょう。
私はこの件の真相にはあまりこだわりませんが、一話完結の心霊探偵ドラマとして、本作はなかなか面白かったです。
ゲストの患者や関係者、霊の演者たち、有名俳優は少なかったですが、印象の強い好演が目立ちました。

是非続編を、期待しています。
追記:2023年12月に続編となる新作が放送されました
【ドラマ】『心霊内科医 稲生知性2』/春に話題を呼んだドラマが4夜連続で新作放送
【ドラマ】『心霊内科医 稲生知性2』終了/今回も面白かったが

Old Fashioned Club 月野景史


※見逃し配信等の情報は公式サイトから  
https://www.fujitv.co.jp/inaochisei/


2023年3月30日 (木)

【アイゾウ 警視庁・心理分析捜査班】女優「夏子」の魅力/海外の異常犯罪を題材とした異色警察ドラマ


Aizou00

『アイゾウ 警視庁・心理分析捜査班』


2022年3月に単発、
同年10月~11月に全8回の連続ドラマ(すべて前後編なので、エピソードとしては4話)で、
フジテレビの火曜深夜枠(水曜早朝)で放送されたドラマが再登場。
2023年3月28日と29日にスペシャル版として二夜連続で放送されました。
今回は前後編ではなく、別々のエピソード。

海外で実際に起きた異常犯罪をモデルとし、
舞台を日本に置き換えて展開する、異色の警察・犯罪捜査系ドラマ。


主人公の警視庁心理分析捜査班(通称“アイゾウ課”)の刑事 安座間霧子を演じるのは夏子さん
「夏菜(なつな)」でも「夏帆(かほ)」でもなく、「夏子(なつこ)」
苗字無し、「夏」が付く二文字のファーストネームを芸名とする第三の女優(勝手な定義づけだけど)。
一般的知名度は高くはないでしょう。

Aizou01
夏子演じる主人公 安座間霧子
眉毛まで隠れる、きっちり揃えた前髪がトレードマーク

安座間とチームを組むのは捜査一課のベテランと若手の男性刑事のコンビ。
演じるのは津田寛治さんと水石亜飛夢さん。
ただし、津田さんと水石さんのどちらかが、別の刑事とコンビを組む場合もあり。


主人公 安座間霧子とは
実はこの安座間、自身が上官へのストーカー行為で左遷された、異常性を持つ人間。
そして、今でもその上官への固執はまったく変わっておらず、
その上官からの指示と聞くと、喜々として捜査にあたる。

津田寛治さん演じるベテラン刑事は、いわゆる古いタイプの刑事。
対して、安座間は自らの思考・経験に基づき、容疑者・関係者の心理分析を行ない、捜査を進めます。

ところで、画面には登場しない、安座間が固執している上官の名前は「村瀬」。
津田寛治が『警視庁捜査一課9係』→『特捜9』で長年演じている刑事の役名と同姓。
ここは“お遊び”で、それ以上の意味はないだろうけど。

安座間のエキセントリックなキャラに基づく捜査一課コンビのやりとりは多分にコミカルだが、
事件捜査の部分は、いたってシリアス。
人間の “愛憎” が絡み合った複雑な事件を、怜悧に分析・捜査し、解決に導きます。

一方で、そもそも都市伝説めいた海外の異常犯罪を題材としているので、
どこか現実離れしたオカルト、ファンタジーめいた雰囲気をも持つドラマ。
深夜帯に相応しく、なかなか魅力的です。


一番の魅力は、夏子さんの演技か
夏子さん演じる安座間は普段はやる気ない系のキャラ。
刑事たちへの対応もぶっきらぼうなもの。
ただ、思いを寄せる上官からの指示と聞くと態度を一変させ、ハイテンションで捜査にあたります。

このようにうざくて、しかも異常性を垣間見せながらも、
過度な嫌悪感を抱かせず、ユニークな存在感を醸し出しています。
演出の良さもあるでしょうが、絶妙のバランスを保っており、なかなか面白い女優さん。

最初の単発放送時にそれなりに話題を呼んだようです。
昨秋の連ドラ化では、私も面白く鑑賞しました。
ただ、この時は某巨大掲示板ドラマカテにはスレッドすら立たず、話題になったようには感じませんでした。

それでも今回の新作放送なのだから、配信等での反響はあったのか。
今回の2本で、合計11本が放送されたことになります。
深夜枠に相応しい、怪しげで魅惑的なドラマ。
四度目の登場はあるのか?

そして、他の作品でも、夏子さんの活躍をもっと観たい。

Old Fashioned Club 月野景史

2023年3月24日 (金)

【相棒21】最終回終了 右京・亀山コンビの若さ、変わらぬ姿・声、キレのある動きには感嘆しかない

初代相棒・亀山薫(寺脇康文)の復帰で話題となった『相棒season21』。
3月8日と15日で最終回前後編スペシャルが放送され、シーズンが終了しました。

今回は番組初期の重要キャストであった小野田官房長(岸部一徳)の遺骨が盗まれるという衝撃的な展開で、
過去に描かれた官房長絡みのエピソードに関わる事件、
あるいは、知られざる官房長関係の事案があぶり出されるのか、と注目しましたが、
結果的には小野田の遺骨盗難は“たまたま”に近く、その点はちょっと肩透かしでした。

キャスト面では、二代目相棒 神戸尊(及川光博)と、元鑑識の米沢守(六角精児)の登場があり、
それほどの活躍はないものの、古くからのファンには嬉しい回ではありました。

そして、今シーズンの亀山の再登場自体が『相棒』の終焉へのカウントダウン開始のようなイメージもありましたが、
とりあえず、そのような不穏さはまったく感じさせない、最終回でした。


Aibo21191

さて、復活した初代相棒コンビを演じた二人
水谷豊 1952年生まれ 番組開始年(2000年)48歳 → 今年71歳
寺脇康文 1962年生まれ 番組開始年38歳 → 今年61歳

71歳と61歳のバディ、とても信じられないほどの若さを見せてくれました。

「いや、そんなことない、二人とも年取ったよ」
という人もいるでしょう。
当たり前です、開始から23年も経っているのだから。

時間の経過、現在の二人の実年齢を考えれば、驚異的だと言っているのです。


姿が若い
ドラマを観ていて、俳優が年取ったな、容貌が衰えたなと感じるのはどういう点か。
特に重病を抱えている人などは、痩せて、衰えた感を出してしまう場合もありますが、
どちらかといえば、太めになってイメージが変わってしまうことが多く思います。

相棒コンピはそうではない。
顔も引き締まっていますが、身体もシェイプされていて、結果動きにもキレがある。
亀山の退場が2008年ですから、それからだって15年経っていますが、変わらぬ姿で帰ってきてくれました。


声か若い
もう一つ、俳優が年取ったな、と感じるのは、やはりせりふ回しです。
活舌も悪くなりますが、それ以前に声がかすれ、聞き取り辛くなってしまうことが多い。
この点でも、二人は立派です。


Aibo21201_20230329151101

もう一人、今回登場した二代目相棒 神戸尊はどうか?
及川光博さん(1969年生まれ 初登場の2009年40歳 → 今年54歳)は、
若干太めになった気もしますが、こちらもイメージはほとんど変わっていません。


ともかく、亀山復帰で2シーズンやって『相棒』終了か、などと思ったのですが、
この調子ならが、もう少し続けてほしくなりました。
(あるいは、その後は亀山・神戸で新コンビというのも、まったくの絵空事ではないとさえ、感じたりして)


後は、半年2クール放送で、玉石混交になるのは仕方ありませんが、
少しでも多くの“名作回”を、期待します。

Old Fashioned Club 月野景史

2023年3月22日 (水)

【上智の桜2023】恒例 四ツ谷駅前 上智大学沿いの土手の桜の写真集

当ブログ 毎年ほぼ恒例、JR・東京メトロ四ツ谷駅前、
母校 上智大学キャンパスに沿った土手の桜並木の写真。


20230322jsakura01


20230322jsakura02


20230322jsakura03


20230322jsakura04


20230322jsakura05


20230322jsakura07


20230322jsakura009

20230322jsakura08


20230322jsakura10


20230322jsakura011


20230322jsakura20

2023.03.22 撮影

Old Fashioned Club 月野景史

2023年3月20日 (月)

【大相撲】大関以上は絶対二人必要(!?) 不文律は守れるのか、守るのか?

大相撲は大阪の春場所が開催中ですが、
今場所は横綱が照ノ富士、大関が貴景勝のみ、番付上、一横綱・一大関しかいません。
この時点で充分に緊急事態なのですが、照ノ富士は三場所続けて初日からの全休、
そして先場所優勝で綱取り場所だった貴景勝も途中休場と、
横綱大関が完全不在という緊急事態となっています。

その割には、三役以下が接戦で、それなりに盛り上がっているようですが。

さて、この事態を受けてネットでは、
照ノ富士に引退勧告すべきとか、
あるいは、これは少し前からですが、ここのところ陥落した正代や御嶽海も含め、
大関陣の不振が目立つこともあり、大関の昇進基準を厳しくすべき、といった声も目立ちます。

まぁそれも分からないではないですが、現実的にはもっと深刻な状況で、
不透明ですが、むしろ逆をいくような事態にならないとも限らないのです。


どういうことか?
まだ、現実に起きたことがない事態で、実際にどういう対応が取られるかは不明なのですが、
相撲界には、「大関は必ず二人いなければならない」、という不文律があるというのです。

そんなの、既に現時点で大関は貴景勝一人だろうと思うでしょうが、
今は番付上、照ノ富士が東の「横綱大関」として大関を兼務、
貴景勝が西の大関で、東西一人ずつ大関がいることになっているのです。

2023

その意味では、「大関以上が二人必ずいなくてはならない」、というのがより正確です。

過去に大関が一人となり、横綱が「横綱大関」として、大関を兼務したことはありました。
ただ、その場合も横綱は複数いました。

番付上、横綱と大関が合わせて二人というのは(大昔は別として)、
いってみれば「リーチがかかった状態」というのは、初めてだと思います。


では、もし今、照ノ富士が引退か、貴景勝が大関陥落、あるいは引退して、大関以上が一人になったら、どうするのか?
本当にこの不文律が生きていて、これを守るとするならば、関脇以下の誰かを大関に上げるしかありません。

大関昇進の目安は、直近三場所を三役で合計勝ち星が33勝以上とされています。
この基準は明文化されているわけではないですが、だいたいこれに沿った結果を残した力士が昇進しています。

しかし、大関以上が一人になってしまったら、
この基準に遠く及ばなくても、その時点で成績の一番良い関脇か、
あるいは小結以下の力士でも上げなくてはならなくなる、それ以外にないということです。

これは正に非常事態、そんなことになったら、色々と禍根を残しそうな気もします。
しかし、この不文律とやらを本当に守らないといけないのかも不透明です。

いずれにしろ、まずはこの非常事態を防ぎたいところ。
貴景勝には来場所、大関の地位をしっかり守ってもらいつつ、
関脇以下の誰かが充分な成績を上げて堂々の新大関(あるいは再大関)誕生、
となってくれるのが、当然望ましいのですが。

Old Fashioned Club 月野景史

2023年3月13日 (月)

【ドラマ】『ブラッシュアップライフ』最終回は三浦透子大活躍/この2-3年で最も楽しめた良作

このブログでも3回にわたって書いてきた、今クールで一番面白く、楽しんで観ていたドラマ。
日本テレビ系日曜ドラマ枠(22:30~)『ブラッシュアップライフ』。
3月12日に最終回第10話の放送が終了しました。

今クールどころか、この2~3年で最も楽しんだドラマということになりました。


三浦透子さんが大活躍
最終回は前半、開始間もなくに山場を持ってきました。
主人公・近藤麻美(安藤サクラ)の1周目の人生における市役所の同僚・河口美奈子役の三浦透子さん。
初回に少しだけ登場、だいぶ間を空けて8話で久々に登場するも、大した役割を果たしてこなかったのに、
今回突如、麻美がパイロットとして勤める航空会社のCAとして登場、(河口本人の意思に関係なく)大きな活躍を果たし、
麻美と宇野真里(水川あさみ)の危機を救い、彼女らのミッション達成をアシストしたのです。

1
凛々しいCAスタイルで突如現れた河口美奈子(三浦透子)


この時の麻美と河口のやりとりの面白さは最高でした。
とにかく、全編通して安藤さんの演技力が際立ったドラマでしたが、
今回は三浦さんが安藤さんとがっぷり四つ(というような力が入り過ぎた演技ではないのですが)で、絶妙。

三浦さんについては、初期のモブに近い出演だけで終わるとは考え難く、
再登場してキーマンになるとの見方はネットにもあり、私もそうは思っていましたが、
ここまで大きな役割(?)を果たすとは、想定外でした。
本当に良い意味で、裏切られることの多いドラマでした


最終回は序盤に山場を持ってきたので、
中盤から終盤はまったりした展開でした。
もうひと山欲しかったという声もありましたし、それもわかるのですが、
これでよかったと思います。

バカリズムさんの脚本も見事でした。
ネット情報だと、初期の時点では麻美の最終周のパイロット就任などは、まったく決まっていなかったともいいますが、
それについては、本当だろうか? と、ちょっと疑問に感じていますが。
つまり、そう感じてしまうほど、ラストが綺麗にまとまったと思うのです。

SF的な部分は、タイムリーパー(このドラマにおいては人生をやり直している人)が、
麻美以外にも登場して、麻美と絡み出したら、ややこしくなるし、そこを突き詰めると難しくなります。
麻美の記憶にない、真里の1周目における麻美達との交遊の記憶の位置づけとか。

結果、そこの合理的な説明はありませんでした。
それで良かったと思います。


麻美達仲良し4人組が皆最期まで独身とはちょっと寂しいとの声もあります。
でも、そこにこだわって文句を言うべきところではないし、
実は4人とも独身だったとは、断言出来ないのです。
(配偶者に先立たれ、老人ホームに入った可能性もあるので)

内容からして、続編は期待出来ないし、作るべきでもないと思うけど、
またこのようなドラマを、期待しています。

Old Fashioned Club 月野景史

2023年3月 6日 (月)

【ドラマ】『ブラッシュアップライフ』最終回直前/良いラストであるように

このブログでも2度(1回目2回目)書いた、今クールで一番面白く、楽しんで観ているドラマ。
日本テレビ系日曜ドラマ枠(22:30~)『ブラッシュアップライフ』。
3月5日に第9話が終わり、3月12日が最終回第10話ということになります。

元々視聴率が高い枠でもないし、初回からのレギュラーキャストも地味目でしたが、
終盤に向けて視聴率もじりじり上昇して今回は初の7%越え、確実に好評価で、ファンも付いているようです。
しかし、9話及び次回予告を観ると、」最終回をどうまとめるのか、ちょっと予想が難しくなってきました。

第7話終了時のブログで書いたように、タイムリープがテーマとはいえ、
唯一のタイムリーパーである近藤麻美(安藤サクラ)目線で描かれるため、
時間軸とか世界線といったSF的なものとは無縁だったのですが、
麻美と同様に人生を繰り替えしやり直している宇野真里(水川あさみ)の本格登場で、この点はややこしくなりました。
ただ、ネットでは色々考察している人もいますが、おそらくこの点は突き詰めないかと思います。


Bul01
さて、最終回はパイロットとなった麻美と真理が
幼馴染の門倉夏希(夏帆)、米川美穂(木南晴夏)を飛行機事故から救うため、
機長と副操縦士として、その便に乗り込もうという展開。

二人はそのために綿密な準備をして、最後のやり直し人生を過ごしてきたのですが、
予告を観ると、そのミッションは簡単にはいかず、最終回は波乱含みのようです。
ネットでは様々な予想が乱れ飛んでいますが、どうも見当違いが多いように思います。
といっても、たしかに予想は難しく、何が見当違いかなど、わからないのですが。

とりあえず、9話で初登場した、最終回のキーパーソンになりそうな二人の男性俳優から考えてみます。


浅野忠信
予想を混沌とさせている要因のひとつが、今回唐突に登場した浅野忠信さん。
物陰から麻美と真理を見ているだけで、何者なのかまったく不明ですが、
失礼ながら、何分浅野さんなので、怪しい雰囲気を醸し出しています。

浅野さんは最終回のストーリーに絡まないのでは、という見方もありますが、さすがにそれはどうかと。
むしろ。今回の浅野さんの登場の仕方は、第3話の水川あさみさんの登場に似ているので、
だとすれば、浅野さんもタイムリーパー?
だとしても、今まで何らかの形で登場している人ではないかと思いますが、
一人思い浮かぶとしたら、麻美達の成人式で毎週暴れるヤンキー君です。

しかし、彼は麻美と同い年の筈なので
今年50歳の浅野さんは、さすがに無理かと(安藤サクラさんは今年37歳)。


神保悟志
もう一人、予告でも麻美と真里のミッションの障壁に確実になりそうなのが、先輩機長役の神保悟志さん。
麻美たちが乗ろうとしている便に、頑なに自分が乗ると主張しています。
それをどう排除するかが二人の当面の課題で、かなり過激な発言も飛び出していました。

この神保さんの先輩機長の頑なさも少々気になり、
ネットではあまり指摘されてなさそうですが、実は神保さんもやり直しで、
事故を防ごうとしているのでは、とも感じています。


4羽の鳩
実はこのドラマの第1話の冒頭は、電線にとまる4話の鳩の映像からスタートしました。
これが、麻美たち幼馴染4人組の来世の姿では? という見方は当然されています。

ただ、そうなると、事故で4人一緒に亡くなるという展開が一番しっくりするのですが、
さすがにそれは悲劇的過ぎるか?
別に4人一緒に死ななくても、揃って鳩に生まれ変わって、おかしいということもないのですが。


夢オチ
これでは身も蓋もないですが、ストーリー的にはあり得なくはない、むしろしっくりきます。
初回の事故で昏睡状態である時に見た夢ということで。
しかし、まぁないでしょう。


さて、どのように物語は締め括られるのか?
せっかくの良ドラマ、心に残るラストを期待しています。


それにしても、上でこのドラマはキャストは地味目と書きましたが、
第9話では、初回には登場しておらず、毎回のレギュラーともいえない
水川あさみ黒木華浅野忠信江口のりこら主演級の俳優に加え、
神保悟志さんらが揃って登場しており、随分豪華なことになっています。
他にも、前半には脇役で松坂桃李さんも出ていました。
こちらは終盤に見せ場がまたあるのかと思っていましたが、どうもフェードアウトしそうな気配。

また主要キャストの子ども時代(幼児、小学生、中高校生)を演じる子役たちも好評で、
特に麻美の幼児時代を演じる龍野七海ちゃんが評判になっていますが、
私はその幼児麻美と絡みの多い、森山玲奈(黒木華)の幼児時代の鈴木凛子ちゃんもかなり上手に思えて、
感心しながら観ています。


Old Fashioned Club 月野景史

2023年3月 4日 (土)

【相棒】テレビ朝日が3/7に「観察対象・杉下右京」を再放送/歴代最高視聴率、脇役にもスポットを当てたスペシャル回

昨日のブログでも書いたように、3月8日放送の『相棒season21』最終回スペシャル前編に、
二代目相棒 神戸尊(及川光博)と、元鑑識の米沢守(六角精児)が再登場します。

その前宣伝ということなのか、、テレビ房日前日の3月7日(火) 15:46~に
神戸時代の傑作で、歴代最高視聴率を記録した、この回を再放送します。


Aibo09161s
『相棒』season9第16話「監察対象 杉下右京」


この回は放送枠的には時間延長などない、まったくの通常回なので、
最高視聴率をとったのも“たまたま”の要素が強いと思うのですが、
内容はなかなかスペシャルです。

現在と、少し前の出来事が交叉して進む、ややトリッキーなストーリー展開も秀逸ですが、
監察官からの聴取の形で、二代目相棒神戸をはじめ、
米沢、伊丹、角田ら主要脇役キャラと杉下右京との関係が深掘りされる、稀少な回。
更に組対5課の大木と小松の“大小コンビ”も特命コンビとしっかり絡むなど、
脇役陣がフィーチャーされた回でもありました。

この回の魅力や、視聴率についての考察は以前詳しく書いているので↓、よかったらお読みください。
http://oldfashioned.cocolog-nifty.com/blog/2021/04/post-54056d.html


Old Fashioned Club 月野景史

2023年3月 3日 (金)

【相棒21】3/8・15最終回前後編に神戸(及川光博)、米沢(六角精児)が登場して亀山(寺脇康文)と対面/小野田官房長にも関わる話

初代相棒・亀山薫(寺脇康文)の復帰で話題となった『相棒season21』ですが、
いよいよ終盤を迎え、3月8日と15日が「最終回スペシャル前後編」ということになるようです。

次回予告では、レギュラーからは降板したものの警察組織内におり、『相棒』世界に籍を残す
二代目相棒 神戸尊(及川光博)と、元鑑識の米沢守(六角精児)の再登場が告知されるなど、
キャスト的にもスペシャルな内容になりそうです。

この二人は降板後もそれぞれ何度か登場しています。
しかし、亀山との関係でいうと、また格別なものがあります。


Aibo21201
亀山と神戸は『相棒』世界でまったくの初対面。
のみならず、寺脇さんと及川さんは他の作品も含めて初共演ではないかと思います。



Aibo21202
また米沢にとって亀山は、他の歴代相棒と比べても極めて親密な間柄でした。
亀山の退場時、米沢は命の恩人として、母親の形見のお守りを送ったほどの仲。

この二つの対面自体が、イベントでもあります。


更にストーリーも、初期の主要キャストであった小野田官房長(岸部一徳)に関わるテーマ。
これも楽しみですが、告知されている内容だと、小野田の遺骨が盗まれるという衝撃的なもので、
“楽しみ”とか言い難くなりますが。

まるでシリーズ総決算的な内容。
長年のファンとしても大いに楽しみではありますが、
もしかしたら、これで本当に終わってまうのではないかとの見方さえあります。
そもそも、亀山の復帰自体が、終焉への序曲ではないかとも思えますし。

まぁしかし、さすがにそれならば、事前告知があるだろうから、今回はないでしょう。
内容的にも面白くて盛り上がる、スペシャルな回になることを祈ります。


Old Fashioned Club 月野景史

« 2023年2月 | トップページ | 2023年4月 »

フォト
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ