« 2021年7月 | トップページ | 2021年9月 »

2021年8月

2021年8月26日 (木)

【俳優】二瓶正也死去/『ウルトラマン』イデ隊員は永遠に

訃報 俳優の二瓶正也さんが8月21日に亡くなりました。80歳没

私は昭和特撮、特に初代の『ウルトラマン』のファンです。
そして、二瓶さんといえば、やはり科学特捜隊のイデ隊員役が代表作でしょう。
5人の隊員たちはそれぞれ個性的でしたが、やはり子ども達の一番人気はイデ隊員でしょう。


Ide3701re
二瓶正也
(にへい まさなり 1940年12月4日 - 2021年8月21日)
東京都出身

二瓶さんは『ウルトラマン』ハヤタ隊員役の黒部進さんより一歳年下で同じ東宝映画の出身。
二人とも1960年代の入社で、映画産業はそろそろ斜陽に向かう頃、
やがてテレビに活路を見いだしていく世代でした。

二瓶さんは映画では、江原達怡さんの代役で加山雄三さんの相棒役を演じた『ハワイの若大将』。
また多くは端役ではありますが、榎本喜八監督作の常連としても知られます。

特撮映画では『妖星ゴラス』の宇宙パイロット役!
ただ、特撮映画を量産していた東宝に1970年頃までいながら、
本格的な特撮ファンタジー映画は意外にもこの1本だけ。
黒部さんは5本も出演しているのに。


イデ隊員は代役だった
二瓶さんは『ウルトラマン』の前身『ウルトラQ』に3回、
それぞれ別の役で、ゲスト出演しています。
いずれもコミカルな脇役キャラでした。

同じく『Q』にゲスト出演した黒部さん同様、
次作『ウルトラマン』でレギュラーに起用されることになります。

ただ、当初はイデ隊員には石川進さんがキュスティングされていました。
それがクランクイン後まもなく降板、原因はスケジュールの問題ともギャラとも言われています。
そして、急遽の代役に二瓶さんが抜擢されたわけです、

石川進さんも『Q』に一度ゲスト出演しており、
『オバケのQ太郎』の主題歌の歌手、『おはよう!こどもショー』の司会者としても人気者でした。

石川さんは『Q』でも快演でしたし、イデ隊員やっても面白かったかも知れません。
ただ、二瓶さんより七つ年上で、背も低くポッチャリタイプ。
二瓶さんは長身で頑健。
発明家タイプとはいえ、やは科特隊のメンバーとしては二瓶さんが相応しかったでしょう。

ともかく『ウルトラマン』は大ヒット。
そして55年を経て色褪せない名作となりました。
その中で、いつも明るく、見る人を和ませるコメディリリーフにして、

天才的な科学者・技術者の顔を持つバイタリティの持ち主
そして感受性豊かで人間味溢れるギャラクターのイデ隊員は永遠の人気者になりました。

『ウルトラマン』の後は同じ円谷プロの『マイティジャック』にレギュラー出演。
東宝を退社した1970年代は俳優の他にバラエティにも出演していました。

またテレビCMでも活躍しました。
カルビーのポテトチップス発売以前のヒット商品「サッポロポテト バーべQ味」のCMは大量に放送されました。

もうひとつ、「サッポロ一番」のサンヨー食品が「カップスター」以前に出したカップ麺、
たしか「サッポロスナック」という名称だったと思いますが(菓子ではカップ麺です)、
このCMも大量に流れました。今だに流れていた歌詞も憶えています。
何故かカップ麺を紙箱に入れたスタイルで、無駄と言えば無駄であり、長くは販売されなかったと思います。
Wikipediaのカップスターの項目に「サッポロ一番スナック」として紹介されていますが、「一番」は入ってなかったと思います。


二瓶さんは80年代になると、副業もされていたようで、芸能活動は控えめになります。
しかし90年代以降、再び『ウルトラマン』が注目されると、黒部さんやフジ隊員役の桜井浩子さんら共に、
特撮物や、関連番組、雑誌等のメディアに登場する機会が増えました。

2005年には黒部さんと桜井さんがレギュラー出演していた『ウルトラマンマックス』に
彼らの旧友であるダテ博士役でセミレギュラー出演し、懐かしい共演が実現しました。

その後も時々顔を見せていたのですが、その頃からかなり太りだしたようで、
さすがにあれでは身体に良くないだろうと心配していました。

謹んで哀悼の意を表します。

Old Fashioned Club 月野景史

2021年8月14日 (土)

【科捜研の女】テレビ朝日がシーズン1初回など初期回を8/16より再放送

テレビ朝日では8月16日(月)の週に、
シーズン1の第1話をはじめ、『科捜研の女』の初期のエピソードをアトランダムに何話か放送します。
劇場版映画公開記念でSP傑作選放映とのことで、これはなかなかレアです。

01-1999_20210814092201
 シーズン1のポスター

テレ朝では毎日午後にドラマ再放送の枠があり、
『科捜研』や『相棒』などは毎日のように放送されているので、珍しくもないと思うかも知れませんが、
実は再放送されるのは、ある時期より後のシーズンだけなのです。

それは地上波デジタル対応のハイビジョン撮影になって以降。
これ以前は今放送すると、画面の両脇に余白がでる“額縁画面”になります。

『科捜研』についていえば2005年のシーズン6(新・科捜研の女2)より後、
それ以前、シーズン1(1999年)~シーズン5(新・科捜研の女1 2004年)は、
おそらく2015年を最後に地上派では放送されていません。

この事情については以前にこのブログでも紹介しました。 
http://oldfashioned.cocolog-nifty.com/blog/2016/11/post-3de0.html

視聴率的には苦戦していた初期の『科捜研』ですが、後年とは違う面白さもあります。
『相棒』と違って『科捜研』の初期はDVDリリースもネット配信もなく、
そして地上波の再放送なしという残念な状況でした。
(つい最近、ネット配信は開始したようですが)


詳しい放送日程はこちらを参照。
テレビ朝日|番組表 (tv-asahi.co.jp) 

初期回の放送予定
8/16 シーズン1 第1話
8/17 シーズン5(新・科捜研の女1)第1話スペシャル
8/18 シーズン1 第6話
8/20 シーズン6 (新・科捜研の女2)第1話スペシャル
※シーズン6はハイビジョン撮影後なので、近年も放送がありました。


Old Fashioned Club 月野景史

« 2021年7月 | トップページ | 2021年9月 »

フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ