« 【相撲】峰崎部屋と東関部屋が閉鎖/相撲部屋後継者難の複雑な事情 | トップページ | 【俳優】田村正和死去 最後のスターらしいスター俳優/正和ワールドは超多彩 »

2021年4月 9日 (金)

【相棒9】「監察対象 杉下右京」歴代最高視聴率23.7% / 神戸尊期異色の傑作、脇役陣もフィーチャー

スタートから20年を得ても高視聴率を保ち続けるドラマ『相棒』。
その中でも、歴代最高視聴率を記録したのは ↓この回です。


Aibo09161s
season9(2010年10月20日 - 2011年3月9日 全18話、平均視聴率 20.4%)
第16話 2011年2月23日放送 「監察対象 杉下右京」
脚本:戸田山雅司/監督:田村孝蔵
視聴率:23.7%

当時のネットニュース記事↓
https://www.oricon.co.jp/news/85127/full/ 

この回は2023年3月7日(火) 15:46~にテレビ朝日で再放送される予定です


『相棒』は初回と最終回、元日に大がかりな長時間スペシャルを放送するのが通例で、
高視聴率を獲ることが多いのですが、
この「観察対象・杉下右京」は、放映枠でいえば、まったくの通常回です。
ただ、ストーリー展開は独特で、見どころも多く、異色の傑作と言っていいかと思います。
二代目相棒 神戸尊(及川光博)の時代の作品でした。

最初に「高視聴率を保ち続ける『相棒』」と書きましたが、
その中でもこの「シーズン9」は平均視聴率20.4%と突出しています。

その後約10年、特に現四代目相棒の冠城亘(反町隆史)が登場した
シーズン14以降の数字は15%前後で推移しており、
この動向を見る限り、今後、この「シーズン9」の平均20.4%、
そして「監察対象 杉下右京」の単回23.7%を超えるのは、かなり難しいと思います。

それでは、この回の内容について少し書いていきます。


「監察対象 杉下右京」
タイトル通り、主人公杉下右京(水谷豊)が監察の対象になります。
つまり、警察官として問題行為を行ったとの疑いを持たれ、調査をされるわけです。

普段、捜査する側の右京が捜査をされるのだから、それだけで充分異色なのですが、
それだけではありません
ストーリー構成が異色なのです。

物語は『相棒』の名物脇役だった鑑識の米沢(六角精児)が
冒頭からいきなり、監察官に聞き取りを受けているシーンから、始まります。
いったい何が起こっているのか、あえて視聴者には解り難い展開になっています。

『相棒』で監察官といえば大河内首席監察官(神保悟志)ですが、
今回、尋問を行っているのは初登場の仁木田栞<にきた しおり>(堀内敬子)。
女性の監察官です。
2_20210409122201


そうするうちに尋問は米沢の後、伊丹刑事(川原和久)、角田課長(山西惇)とおなじみのレギュラー陣、
ついには特命係の当時の“相棒”であった神戸尊へと続きます。
彼らの証言に被さる形で回想シーンが流れ、今までの経緯が少しずつ明らかになっていく展開です。

このストーリー構成は、やはり“異色の傑作”として紹介した
シーズン12の「待ちぼうけ」に少し似ているかも知れません。

また、この展開ですので、スタート当初以来の主要脇役レギュラーである、
米沢、伊丹、角田にスポットが当たり、それぞれと特命係との関係が深掘りされた回でもあります。

そして、ラストにはいわゆる“どんでん返し”が待っています。
ここでは首席監察官である大河内も登場して、右京・神戸と共にクライマックスを盛り上げます。
もちろん、メインゲストの堀内敬子さんも熱演です。


最高視聴率の理由
この回はなぜシリーズ最高視聴率を獲得したのでしょう。
「観察対象 杉下右京」のサブタイトルは刺激的ではあります。
監察にかけられる? 右京はどうなってしまうのか? という風に興味を惹いたことは想像できます。

しかし、周知の通り杉下右京は警視庁の厄介者で疎まれ者。
それまでも懲罰の対象になったことはあったし、上からの叱責など日常茶飯事でした。
そう考えると、このテーマだけで注目を集め、数字を獲ったわけでもないでしょう。

このシーズン9の『相棒』は数字的に絶好調で20%超えを連発、
第13話が22.5%で最高記録を更新、
そしてこの16話で更に更新という流れなので、
絶好調の波に乗っての結果というところだと思います。

その意味では“たまたま”の最高視聴率回なのですが、
大変ユニークで面白い回に“たまたま”ぶつかったものです。


大小コンビ
前述のように脇役陣がフィーチャーされた回でもあるのですが、その意味ではもうひとつあります。
これは今になってこそ思うことですが、この回の見どころのひとつ。
長年、角田課長の部下として出演してきた組対5課の大木刑事(志水正義)と小松刑事(久保田龍吉)、
小柄の大木と巨漢の小松の凸凹コンビ、ファンからは“大小コンビ”などと呼ばれましたが、
彼らも、比較的しっかり描かれた回でもありました。

シーズン16まで、僅かな例外を除きほぼ毎回出演してきた二人ですが、
2018年、シーズン17撮影開始後、放送開始前の志水さんの死去に伴い、
久保田さんもシーズン17限りで降板してしまったようで、18以降は出演していません。

初回以来のレギュラーとはいえ、セリフのほとんどない、モブ的な役回りが多かった彼らですが、
この回では、大活躍というわけでもないですが、特命コンビとしっかり会話で絡んでいます。
その意味でも、貴重な回であります。

Old Fashioned Club 月野景史

« 【相撲】峰崎部屋と東関部屋が閉鎖/相撲部屋後継者難の複雑な事情 | トップページ | 【俳優】田村正和死去 最後のスターらしいスター俳優/正和ワールドは超多彩 »

11.【特集】『相棒』」カテゴリの記事

フォト
2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ