« 2021年3月 | トップページ

2021年4月

2021年4月 9日 (金)

【相棒】歴代最高視聴率 season9「監察対象 杉下右京」23.7% / 神戸尊期の異色の傑作

スタートから20年を得ても高視聴率を保ち続けるドラマ『相棒』。
その中でも、歴代最高視聴率を記録したのは ↓この回です。

season9(2010年10月20日 - 2011年3月9日 全18話、平均視聴率 20.4%)
第16話 2011年2月23日放送 「監察対象 杉下右京」
脚本:戸田山雅司/監督:田村孝蔵
視聴率:23.7%
2_20210409122201

当時のネットニュース記事↓
https://www.oricon.co.jp/news/85127/full/ 

※この回は2021年4月14日(水) 15:43 ~ 16:40にテレビ朝日で再放送される予定です


『相棒』は初回と最終回、元日に大がかりな長時間スペシャルを放送するのが通例で、
高視聴率を獲ることが多いのですが、
この「観察対象・杉下右京」はまったくの通常回です。
ただ、ストーリー展開は独特で、異色の傑作と言っていいかと思います。
二代目相棒 神戸尊(及川光博)の時代の作品でした。

最初に「高視聴率を保ち続ける『相棒』」と書きましたが、
その中でもこの「シーズン9」は平均視聴率20.4%と突出しています。

その後約10年、特に現四代目相棒の冠城亘(反町隆史)が登場した
シーズン14以降の数字は15%前後で推移しており、
この動向を見る限り、今後、この「シーズン9」の平均20.4%、
そして「監察対象 杉下右京」の単回23.7%を超えるのは、かなり難しいと思います。

それでは、この回の内容について少し書いていきます。


「監察対象 杉下右京」
タイトル通り、主人公杉下右京(水谷豊)が監察の対象になります。
つまり、警察官として問題行為を行ったとの疑いを持たれ、調査をされるわけです。

普段、捜査する側の右京が捜査をされるのだから、それだけで充分異色なのですが、
それだけではありません
ストーリー構成が異色なのです。

物語は『相棒』の名物脇役だった鑑識の米沢(六角精児)が
冒頭からいきなり、監察官に聞き取りを受けているシーンから、始まります。
いったい何が起こっているのか、あえて視聴者には解り難い展開になっています。

『相棒』で監察官といえば大河内首席監察官(神保悟志)ですが、
今回、尋問を行っているのは初登場の仁木田栞<にきた しおり>(堀内敬子)。
女性の監察官です。

そうするうちに尋問は米沢の後、伊丹刑事(川原和久)、角田課長(山西惇)とおなじみのレギュラー陣、
ついには特命係の当時の“相棒”であった神戸尊へと続きます。
彼らの証言に被さる形で回想シーンが流れ、今までの経緯が少しずつ明らかになっていく展開です。

このストーリー構成は、やはり“異色の傑作”として紹介した
シーズン12の「待ちぼうけ」に少し似ているかも知れません。

そして、ラストにはいわゆる“どんでん返し”が待っています。


最高視聴率の理由
この回はなぜシリーズ最高視聴率を獲得したのでしょう。
「観察対象 杉下右京」のサブタイトルは刺激的ではあります。
右京はどうなるのか?

しかし、周知の通り杉下右京は警視庁の厄介者で疎まれ者。
それまでも懲罰の対象になったことはあったし、
上からの叱責など日常茶飯事でした。
そう考えると、このテーマだけで注目を集め、数字を獲ったわけでもないでしょう。

このシーズン9の『相棒』は数字的に絶好調で20%超えを連発、
第13話が22.5%で最高記録を更新、
そしてこの16話で更に更新という流れなので、
絶好調の波に乗っての結果というところだと思います。

その意味では“たまたま”の最高視聴率回なのですが、
大変ユニークで面白い回に“たまたま”ぶつかったものです。


大小コンビ
今になってこそ思うことですが、この回の見どころのひとつは、
長年、角田課長の部下として出演してきた組対5課の大木刑事(志水正義)と小松刑事(久保田龍吉)。
小柄の大木と巨漢の小松の凸凹コンビ、ファンからは“大小コンビ”などと呼ばれました。

シーズン16まで、僅かな例外を除きほぼ毎回出演してきた二人ですが、
2018年、シーズン17撮影開始後、放送開始前の志水さんの死去に伴い、
久保田さんもシーズン17限りで降板してしまったようで、18、19には出演しませんでした。

セリフのほとんどない、モブ的な役回りが多かった彼らですが、
この回では特命コンビとしっかり絡んでいます。
その意味でも、貴重な回ではあります。

Old Fashioned Club 月野景史

2021年4月 7日 (水)

【相撲】峰崎部屋と東関部屋が閉鎖/相撲部屋後継者難の複雑な事情

大相撲の話題です。
春場所は照ノ富士の優勝、大関復帰決定で幕を閉じましたが、
その記憶も新しい4月1日、二つの部屋の閉鎖が発表されました。
峰崎部屋と東関部屋です。
所属力士はそれぞれ峰崎→芝田山部屋、東関→八角部屋に移籍となり、大相撲は全42部屋となりました。

峰崎部屋と東関部屋が閉鎖 大相撲は部屋運営受難の時代に(日刊ゲンダイ)
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/287509


近年、何かと不祥事が伝えられがちな相撲界ですが、今回はそういうわけではありません。
峰崎部屋は師匠(元前頭三杉磯)の定年によるもので、まぁ予定通り。

東関部屋は1年限定で師匠を引き受けた親方(元高見盛)の後継者が見つからなかったため。
現役時代に人気が高かった高見盛に関わることなので、事前に少し話題になっていましたが、
こちらも予定されていたことではあります。

とはいえ、どちらも最初からの予定通りというわけではありません。
なんとか後継者をと周囲も動いたのですが、結局見つからず閉鎖となったのです。

このような問題が起こるには複雑な背景があります。


部屋創設に高いハードル
昭和の時代、相撲部屋の総数は30ほどでした。
それが平成になるころから新部屋の創設が増え、
2004年には55部屋にまでなりました。

小部屋の乱立は様々な弊害を生みました。
そこで、現役時代に以下の実績を残した元力士しか、新部屋を作れなくしたのです。

1.横綱もしくは大関(大関から陥落した力士も含む)
2.三役(関脇・小結)通算25場所以上
3.幕内通算60場所以上(番付制限なし)

これはハードルが高い。
相当の実績を残した大物力士でないと部屋は創設できません。

当然、これ以降部屋の創設は減り、
後継者のいない部屋は統廃合していくので、部屋の総数は減少していきました。
これ自体は協会の目論見通りです。


既存部屋の継承は
ところで、上に挙げたのはあくまで部屋を新設する条件で、
既存の部屋を継承するハードルはぐっと低くなります。
それならば、今回のようなことは起きなさそうですが、
問題はそう単純でもありません。

部屋の継承はタイミングがあり、継承される方、する方、
双方に事情や思惑があり、なかなか思い通りにはなりません。

しかも、既に全体の統廃合もある程度進み、極端な小部屋は少なくなっており、
今後引き継ぐとなると、それなりの数の力士を一度に引き受けることになる。
覚悟も、資金等の準備も必要です。

後継を持ち掛けられた方も、もう少し若ければともかく、もう無理ということもあるでしょう。
(ましてこのコロナ禍では)

更に「一門」という難しい問題もあります。
この問題の舵取りも難しいところです。


しかし、相撲部屋については、もっと色々と問題点があります。
「かわいがり」という名の暴行、いじめ、パワハラなど、しばしばニュースになりました。

スポーツ界をとりまく視点も昔とは変わりつつあります。
近年、安定した人気が復活していた大相撲ですが、
コロナ禍でまともな興行が打てない状況が続いています。
どこに向かうのか?

Old Fashioned Club 月野景史



« 2021年3月 | トップページ

フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ