« 【政治】「桜を見る会」 出席者名簿廃棄はあまりに酷い、あり得ない | トップページ | 【科捜研の女19】今度こそ土門刑事(内藤剛志)退場か/警察学校教官就任? 12/12放送第24話 »

2019年12月 1日 (日)

【美術展】「ハプスブルク展 600年にわたる帝国コレクションの歴史」国立西洋美術館/壮大なる美術絵巻

東京上野の国立西洋美術館では来年1月26日まで、
「日本・オーストリア友好150周年記念 ハプスブルク展 600年にわたる帝国コレクションの歴史」展が開催中です。

Hab

日本・オーストリア友好150周年記念
ハプスブルク展 600年にわたる帝国コレクションの歴史
2019年10月19日(土)~2020年1月26日(日)
国立西洋美術館
毎週金・土曜日:9:30~20:00 
主催:国立西洋美術館、ウィーン美術史美術館、TBS、朝日新聞社共催:日本経済新聞社
後援:オーストリア大使館、オーストリア文化フォーラム、BS-TBS
https://habsburg2019.jp/


日本が誇る西洋美術の殿堂「国立西洋美術館」
2019年秋から2020年初春にかけての目玉は「ハプスブルグ」展です。


ハプスブルグ家
西洋史において、そして西洋美術・文化を語る時に
多く耳にする言葉です。

しかし、大変な栄華を誇った名門・名家であることはわかっても、
その系譜は複雑で、概要を理解するのはなかなか大変です。

13世紀後半にオーストリアに進出後、同地を拠点に勢力を拡大し、
広大な帝国を築き上げたハプスブルク家。
15世紀以降は神聖ローマ皇帝の位を独占します。

同家がオーストリア系とスペイン系に系統分化した16-17世紀には、
後者がアジアやアフリカ、南アメリカにも領土を有したことにより、
まさに「日の沈むことのない帝国」となります。

ナポレオン戦争を引き金とした神聖ローマ帝国の解体後は、
オーストリア帝国(1867年にオーストリア=ハンガリー二重帝国に改組、~1918年)を統治しました。
数世紀にわたって広大な領土と多様な民族を支配し続けた同家は、まさに欧州随一の名門と言えるでしょう。


ハプスブルグ家と芸術
西洋美術史・絵画史ととハプスブルグの関係は切っても切れません。

ハプスブルク家の人々は豊かな財とネットワークを生かして、
質量ともに世界屈指のコレクションを築いたことでも知られます。

このうちオーストリアを拠点とし続けた同家本流による収集品の主要部分は、
オーストリア=ハンガリー二重帝国「最後の皇帝」ことフランツ・ヨーゼフ1世肝煎りで
1891年に開館したウィーン美術史美術館の礎となりました。

オーストリアと日本の国交樹立150周年を記念する本展では、
同館の協力のもと、絵画、版画、工芸品、タペストリー、武具など100点、
5章7セクションによって、そのコレクションがご紹介されています。

個性豊かなハプスブルク家の人々や、当時の宮廷生活の紹介も行いつつ、
時代ごとに収集の特色やコレクションに向けられたまなざしのあり方を浮き彫りにしていきます。


印象派やフェルメールもいいですが、やはりこの時代のコレクションのスケールは抜群。
数世紀にわたってヨーロッパの中心に君臨した、
帝室ならではの華麗なるコレクションの世界が堪能できます。

Old Fashioned Club  月野景史

« 【政治】「桜を見る会」 出席者名簿廃棄はあまりに酷い、あり得ない | トップページ | 【科捜研の女19】今度こそ土門刑事(内藤剛志)退場か/警察学校教官就任? 12/12放送第24話 »

01.Art 美術 (展覧会)」カテゴリの記事

フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ