« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »

2019年11月

2019年11月29日 (金)

【政治】「桜を見る会」 出席者名簿廃棄はあまりに酷い、あり得ない

「桜を見る会」の問題については、
こんなことで大事な国会の時間を費やすべきではないとの意見もあります。

それもわかるのですが、
しかしこの「桜問題」はあまりに酷い、ひどすぎる。


何がそんなに酷いかといえば、
最新のものも含めて過去の出席者名簿は廃棄してしまっているから出せないという言い訳。
そんな馬鹿な話があるか?

まず廃棄するという判断自体がおかしい。
過去のリストがまったく残っていなかったら、次の出席者選びをどうするのか。
絶対にあり得ないでしょう。

だいたい完全に廃棄し切れる筈もない。
元々重大機密扱いされるようなものではないし、
データはどこかに残っているに決まっている。
廃棄したので無い、出せないという目茶苦茶な主張だ。

まだ、名簿はあるが個人情報だから出せないと言ったが言い訳としては幾分マシ。
もちろんこれだってまったくダメだけど。
「桜を見る会」はテレビや新聞など大手メディアも取材に入り、
芸能人なども多く出席するオープンな会で、
ここに出た以上、名前や顔を晒させれるは当然。
嫌ならば断わればいいだけの話だ。


それにしても、なせこんなメチャクチャな言い訳をタテにリストを出さないのかと不可解だったのだが、
出席者の中に反社会勢力や、マルチ商法で巨額の詐欺被害を生んだジャパンライフの幹部も含まれていた模様。
ジャパンライフに至っては、会に招待されたことを詐欺の宣伝に利用していたらしい。
それで、どんな無茶な、苦しい言い訳になろとうも、ないから出せないというわけか。

吉本興業所属の芸人達が詐欺グループのイベントに出席して大変な批判を浴び、
謹慎に追い込まれたのは記憶に新しいが、
政府がやらかしたらもっと罪が重くて当然なのだろうに。
安部首相は来年の開催中止をとっと決めて、幕引きを図るつもりなのだろう。

安部政権については全面的に反対でもなく、支持している面もあるが、
やはり政権も長く続き過ぎると必ず弛緩し、腐敗する。
どう考えても交代の時期だろう。
与野党逆転は当分無理だろうから、自民党内で、なんとかならないものか。

Old Fashioned Club  月野景史


2019年11月24日 (日)

沢尻エリカ容疑者の代役は9歳下の川口春奈/大河ドラマ『麒麟がくる』

沢尻エリカ容疑者の逮捕に伴い、
注目された大河ドラマ『麒麟が来る』帰蝶(濃姫)の代役は
川口春奈さんと発表されました。

これはちょっと意外でした。
ネットでも候補としてあまり名前が挙がっていなかったと思います。

その一番の理由は年齢でしょう。
1986年生まれで今年33歳の沢尻さんの演じる予定だった役の代演者としては、
1995年生まれ、9歳年下で24歳の川口さんは少し若すぎるように感じます。
アラサー以上の女優が選ばれるのではないかと思っていました。

ただ、実は年齢問題については他キャストとの関係でいうと、
川口さんの方が相応しい面もあるのです。

濃姫といえば織田信長の正室。
濃姫については不明な点も多いのですが、
年齢は信長より一歳ほど下とするのが一般的な見方です。

『麒麟が来る』の信長は染谷将太さん。
1992年生まれで今年27歳、33歳の沢尻さんだとちょっと姉さん女房になります。
この点では川口さんの方が適役です。


余談ですが、年齢問題をいうなら主人公の明智光秀と信長の方が微妙です。
実は光秀の生年も諸説あるのですが、信長より6歳ほど年上とするのが一般的。
しかし、光秀役の長谷川博己さんは1977年生まれの42歳で染谷さんより15歳上です。

こういう年齢的にかけかけ離れたキャスティングは過去にいくらもありましたが、
光秀主役のドラマでの信長なら最後まで登場する準主役格でしょうし、
その二人にこのキャスティングはちょっと不思議です。

光秀についてはもっと上とする説もあるので、まさかそちらを採用するとか?


川口春奈さんに話を戻すと、
もうひとつ意外なのがスケジュール問題。

この代役を引き受けると、まずは過密な撮り直しを行い、
更に終盤まで主要キャストとして出演し続けると言われています。

川口さんの来年のスケジュールが公表されているわけではありませんが、
これまでコンスタントに年1回ほど連続ドラマのヒロインポジションで出演しているので、
来年もそうだとすれば、このかけもちは少々無理なようにも思います。

もっともこの点は、撮り直しさえ乗り切れば、
脚本をは川口さんに合わせていけばいいので、不可能ではないのでしょう。
とにかく、2020大河もとんだ問題で注目を集めることになりました。


Old Fashioned Club  月野景史

2019年11月18日 (月)

【ドラマ】沢尻エリカ容疑者逮捕で2020大河ドラマ『麒麟がくる』はどうなる?/NHKの緩さ・危うさも

沢尻エリカ容疑者の麻薬取締法違反での逮捕(11月16日)については

「やっぱりな」というのが正直な感想です。


ワイドショーを賑わせた「別に」発言(2007年)で物議を醸して後も

映画のドタキャン騒動や前事務所との軋轢など、トラブルの多い印象があります。

だいぶ前になりますが、沢尻さんのトラブルについてこのブログで何度か書いたこともありました。
http://oldfashioned.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/post-058f.html
http://oldfashioned.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/post-ada0.html

そして、これはうわさレベルの話でしたが、薬物疑惑も囁かれていました。

Sayaka2
今年の9月に12年ぶりに『ヤングジャンプ』グラビアに登場した際の沢尻エリカさん
たしかにきれいで雰囲気がある。
もちろん、女優としてそれなりの魅力があるのはわかりますが、
それにしてもテレビ番組も企業CMもこのリスクの高い人をよく使うものだと思っていました。


今回は来年1月にスタートするNHKの2020年大河ドラマ『麒麟がくる』が引っかかりました。
これは大河史上でも最大級のトラブルということになるかも知れません。

大河ドラマは放送スパンも制作スパンも非常に長く、
かつ早いタイミングで制作に取り掛かることが知られています。

2020年1月スタートの『麒麟がくる』は放送開始の半年以上も前、
今年の6月3日にクランクインしています。

この主役はあの明智光秀。長谷川博己さんが演じます。
沢尻さんの役は帰蝶(濃姫)。

帰蝶は光秀にとって元の主君である斎藤道三の娘で、
後に主君となる織田信長の正室です。
少し前に本木雅弘さんのドラマ出演が少ないことを嘆くブログを書きましたが、
このドラマでは本木さんが道三を務めます。

物語はその斎藤家を舞台にスタートするようで、
沢尻さんもクランクインから撮影に参加しています。

帰蝶の後半生ついては実はよくわかっていません。
フィクションの世界では本能寺の変で信長と共に戦死するように描かれることも多いですが、
実はそのような記録はありません。
かといって、それ以外の時期に亡くなったとか、離縁されたという記録もありません。
不明なのです。

『麒麟がくる』での帰蝶は光秀とも恋愛めいた関係に描かれるようです。
信長も含めて三角関係?
かなり重要な役なのでしょう。
となると、おそらくこのドラマでは本能寺まで登場する予定ではないかと。

中盤には光秀の正室役として木村文乃さんも登場するようですが、
おそらく帰蝶は全編を通してのメインヒロインということになるのでしょう。


これは一大事
大河ドラマではかつて『勝海舟』(1974年)で主演の渡哲也さんが病気で降板するという大事件がありました。
ただ、これは不祥事ではないので、渡さんが演じたところまでは放送して、
その後に代演の松方弘樹さんと入れ替わるという流れになりました

しかし、今回は沢尻さんを出演させるわけにはいかないでしょう。
放送開始まではまだ1ヵ月半あるとはいえ、
既に5ヵ月以上撮り進んでしまっているとは。

第10話まで撮り終えているともいいますが、
きっちり1話ずつ、順番にまとめて撮るわけでもないでしょうし、
5ヵ月以上経っているなら、実際にはもう少し先の分まで撮り進んでいるようにも思います。
完全に全編撮り終えているのが10話までというところか?
帰蝶の出演部分をカットし、撮り直して再編集とは、おいそれといくわけもない。


そもそも、まず誰が代演するのかという問題があります。
大河ドラマのヒロインが務まるクラスの女優で、
すぐに撮影に取り掛かれて、ある程度先までスケジュールが空いている人を見つけないと。

とはいえ、だいたい沢尻さんと同格以上の女優なら、
スケジュール的に余裕があったとしても、この代役はなかなか引き受けないでしょうし。
ネットではなにかと話題の剛力彩芽さんとか、
出演の途絶えている、のん(能年玲奈)さんなどの名が無責任が挙がっていますが。


NHKの緩さ
それにしても、お堅いイメージのあるNHKが
なぜこのようなキャスティングをしたかも気になりますが、
実はNHKはこういう問題は案外と緩いのです。

例えば、恐喝騒動などのスキャンダルで長く表舞台から遠ざかっていた故萩原健一さんを
騒動後、最初にドラマに起用したのもNHKです。
これはおそらく、民放と違ってスポンサーを気にする必要がないからでしょう。
意外と好き勝手に冒険ができる。

放送中の2019大河『いだてん』でもピエール瀧さんの薬物での不祥事がありましたが、
この緩さが更にとんでもない大凶を招いてしまったと言えるのかも。

さて、この危機をどう乗り越えていくのか。

Old Fashioned Club  月野景史

 

« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »

フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ