« 【相棒】大河内監察官の神保悟志が他番組出演で降板の危機? まさかそれはないかと | トップページ | 【美術展】「印象派への旅 海運王の夢」文化村ミュージアム/フランス印象派の名画がスコットランドより来日 »

2019年5月16日 (木)

【美術展】「クリムト展 ウィーンと日本1900」東京都美術館/黄金の世紀末美術を堪能!

上野の東京都美術館で7月10日まで、
「クリムト展 ウィーンと日本 1900」が開催中です。


2019_klimt_l_1


クリムト展 ウィーンと日本 1900

2019年4月23日(火)〜 7月10日(水)
東京都美術館 企画展示室
主催 東京都美術館(公益財団法人東京都歴史文化財団)、朝日新聞社、TBS、ベルヴェデーレ宮オーストリア絵画館
公式サイト https://klimt2019.jp/

開幕から3週間弱経過した5月13日(日)に鑑賞してきましたが、
閉館までさほど間のない時間だったにも関わらず、なかなかの盛況でした。

クリムトの人気はなかなかです。
ミュシャ同様、装飾性豊かな美しい絵は日本人に受けるのかな。
まぁミュシャの人気は別格に凄いですが。

また今年は日本とオーストリアの外交が正式に開始されてから150年ということで、
オーストリア・ウィーン関係の大型展が次々開催されます。


グスタフ・クリムト
(Gustav Klimt, 1862年7月14日 - 1918年2月6日)
19世紀末ウィーンを代表する画家

華やかな装飾性、世紀末的な官能性、
それらを会わせ持つつその作品は、今なお圧倒的な人気を誇ります。


「世紀末美術」
なんとも魅惑的に響きです。

本展はそのクリムトの没後100年を記念する催し。
日本では過去最大級の回顧展とのこと。

初期の自然主義的な作品から、
ウィーン分離派結成後の黄金様式の時代、
クリムトを象徴する時代の代表作、
意外にも数多く手がけた風景画まで、
日本では過去最多となる油彩画25点以上が出展されます。

またウィーンの分離派会館を飾る
壁画の精巧な複製による再現展示も。

ところで、クリムトを「19世紀末ウィーンを代表する画家」とは呼んでも、
他の19世紀末ウィーンの画家達が日本でそれほど知られているとも思えません。
今回は同時代のウィーンで活動した画家たちの作品も紹介されています。

更にクリムトが影響を受けたという日本の美術品も展示されます、
ウィーン世紀末美術の精華を堪能する展覧会。

Old Fashioned Club  月野景史

« 【相棒】大河内監察官の神保悟志が他番組出演で降板の危機? まさかそれはないかと | トップページ | 【美術展】「印象派への旅 海運王の夢」文化村ミュージアム/フランス印象派の名画がスコットランドより来日 »

01.Art 美術 (展覧会)」カテゴリの記事

フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ