« 【ダンス】バーレスクダンスのユニット kir Sapphire(キールサファイア) | トップページ | 【美術展・催事】「有田の魅力展2018」」東武百貨店池袋/美術工芸、そして日々の食卓で楽しむ有田焼 »

2018年6月19日 (火)

【相棒11】波瑠が旧家令嬢を演じた出世作 2013年元日SP「アリス」 テレ朝55周年記念作/滝藤賢一、広瀬アリスも出演

2013年1月1日、テレビ朝日55周年記念作として放送された
『相棒season11』元日スペシャル第11話「アリス」は、
今や20代を代表する女優となった波瑠さんの出世作・・・のひとつといえるでしょう。



111101

110203


波瑠さんの出世作といえば、まずはNHK朝ドラの『あさが来た』(2015年秋~2016年春)が思い浮かびます。
それ以前の重要なドラマだとヒロインを演じた2014年4月クールの『BORDER』。

この2本と同列に扱うのは無理かも知れませんが、『BORDER』の前年、
正月の風物詩ともいえる国民的ドラマ『相棒』元日スペシャルへのメインゲスト起用は
波瑠さんのキャリアの中でも重要かと思います。

当時の波瑠さんの女優としてのポジションを論ずるのもちょっと難しいのですが、
地上派連続ドラマのゲストという点では、
前年2012年4月放送の『リーガル・ハイ』第1話があります。
この時は端役とまではいいませんが、それほど大きな役ではありませんでした。
これと比べるなら、『相棒』での起用は抜擢と言ってもいいかと思います。

当時の『相棒』はどんな時期だったのか?


『相棒11』第11話「アリス」(2013年1月1日放送)
前年10月からスタートしたシーズン11より3代目相棒として甲斐享(成宮寛貴)が登場。
杉下右京(水谷豊)・カイトの新コンビとなって初の元日スペシャルでした。
メインゲストの波瑠さんが演じるのは旧家の令嬢・二百郷茜(におごう あかね)。

57年前、1955年のクリスマスに起こった謎の少女失踪事件。
タイトルの「アリス」に相応しくノスタルジックな雰囲気があり、
過去と現在が錯綜する不可解でファンタジックな展開。
でありながら、現在の場面では謎の集団相手に『相棒』としては過激なアクションもある異色作。
最近はアクションもこなす波瑠さんですが、本作では彼女のアクションシーンはありませんが。

『相棒』の長時間スペシャルの中でも名作と言っていいかと思います。
最近の波瑠さんは主演・ヒロイン女優として、クールなイメージもあり、また熱血漢もと、
かなり多作で意外と幅広い役柄をこなして活躍中ですが、
この透明感のあるお嬢さんは、もしかしたら一番似合っていたかも知れません。


滝藤賢一も出演
この回は他にもゲストがユニークで、
今や超売れっ子脇役といえる滝藤賢一さんが『半沢直樹』(2013年7月クール)での
ブレイク直前の時期での出演。

111102
ちょっとわかり難いですが、相棒コンビの間が滝藤さん。右が波瑠さん。


広瀬アリスも
また、57年前に行方不明となった少女は広瀬アリスさんが演じています。
タイトルの「アリス」と同じ名前。
当時18歳になったばかりでした。

111103
右から2人目が広瀬アリスさん


そしてもう1人推したいのがカイトの同期である大石真弓婦警を演じた松本若菜さん。
柔道3段の設定で、謎の敵に襲われる茜の身代わりとなってのアクションも披露します。
大石はこの後、シーズン12でもう1度だけ登場しますが、大きな活躍はなく、
やがてカイトは退場、彼女もフェードアウトしてしまいました。
『相棒』ファンの間では人気があり、またもっと活躍してほしかったと
惜しまれているキャラでもあります。


Old Fashioned Club  月野景史

« 【ダンス】バーレスクダンスのユニット kir Sapphire(キールサファイア) | トップページ | 【美術展・催事】「有田の魅力展2018」」東武百貨店池袋/美術工芸、そして日々の食卓で楽しむ有田焼 »

11.【特集】『相棒』」カテゴリの記事

« 【ダンス】バーレスクダンスのユニット kir Sapphire(キールサファイア) | トップページ | 【美術展・催事】「有田の魅力展2018」」東武百貨店池袋/美術工芸、そして日々の食卓で楽しむ有田焼 »

フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ