« 通算アクセス330万件突破 | トップページ | フォーリーブス Kouhaku Utagassen »

2017年11月12日 (日)

【美術展】「パリ・グラフィック-ロートレックとアートになった版画・ポスター展」三菱一号館美術館/世紀末パリ印刷芸術の競演

東京・丸の内の三菱一号館美術館にて2018年1月8日(月・祝)まで、
「パリ・グラフィック-ロートレックとアートになった版画・ポスター展」が開催中です。
11月9日(木)に同館で行われたブロガー・特別内覧会にご招待いただき、参加しました。


Dsc08967_1000x668

パリ・グラフィックーロートレックとアートになった版画・ポスター展
2017年10月18日(水)~2018年1月8日(月・祝)
三菱一号館美術館

主催:三菱一号館美術館 アムステルダム、ファン・ゴッホ美術館、朝日新聞社
後援:オランダ王国大使館
公式サイト http://mimt.jp/parigura/   


19世紀末、文化の都パリに花開いたポスター芸術。
日本で最も知られる、この分野を代表する画家といえば、アルフォンス・ミュシャと、
今回の主役・アンリ・ド・トゥールーズ・ロートレックが双璧でしょう。

ミュシャは今春、大規模な回顧展が六本木の国立新美術館で開催され、大変な盛況でした。
今度はロートレックてす。
三菱一号館美術館は2010年の開館ですが、元々ロートレック作品の収集に力を入れている美術館です。

※展示スペース内は一部を除き撮影禁止ですが、今回は内覧会なので特別に許可を得て撮影しています。


Dsc08936_1000x667


商業広告としてのポスターは印刷物、つまり版画です。
19世紀末のフランス・パリ、様々な芸術運動が勃興するなか、
版画は新たな広告媒体のみならず、芸術表現を切り開く重要なメディアとなりました。

それまでは複製や情報伝達のための手段でしかなかった版画が、
口ートレックら世紀末の前衛芸術家たちにより、絵画と同じく芸術の域まで高められました。
そして、それらを収集する愛好家も出現したのです。

また、世紀末パリでは大衆文化とともに発展したポスター芸術をはじめとして、
かつてないほど多くの複製イメージが都市に溢れ、美術は人々の暮らしにまで浸透していました。
「グラフィックアート」は生活と芸術の結節点であり、前衛芸術家たちの最も実験的な精神が発揮された、
時代を映すメディアであったのです。


Dsc08952_1000x667_2



Dsc08954_1000x666


本展はこうした19世紀末パリにおける版画の多様な広がりを俯瞰する美術展です。
ロートレックの作品だけではありません。
三菱一号館美術館、及びアムステルダム、ファン・ゴッホ美術館の貴重な19世紀末版画コレクションから、
リトグラフ・ポスター等を中心に、油彩・挿絵本等を加えた計約140点が展示されています。


Dsc08932_1000x668
内覧会風景も紹介します。
内覧会ナビゲーターの「青い日記帳」主宰Takこと中村剛士さん(右)と
野口玲一学芸員(三菱一号館美術館 学芸グループ長)。



Dsc08927_798x1000
ショップでは実物大ポスターも販売。

そして個々の作品のみならず、
19世紀末の百花繚乱のパリ文化の雰囲気を楽しむ、展覧会でもあります。


さて、この美術館は美しい中庭も魅力。
庭園もう華やかなイルミネーションでライトアップされています。

Dsc08962_1000x667_2



Dsc08939_800x534



Dsc08966_800x534


美しい夜景も本展と合わせて楽しんでください。
これは、夕刻に訪れたならばですが。

Old Fashioned Club  月野景史

« 通算アクセス330万件突破 | トップページ | フォーリーブス Kouhaku Utagassen »

01.Art 美術 (展覧会)」カテゴリの記事

« 通算アクセス330万件突破 | トップページ | フォーリーブス Kouhaku Utagassen »

フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ