« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月

2017年11月24日 (金)

【展覧会】「国交樹立150周年記念 デンマーク・デザイン」損保ジャパン日本興亜美術館/“幸福の国”の根幹を為すデザイン力

11月23日(木)から12月27日(水)まで、東京新宿の東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館で、
「日本・デンマーク国交樹立150周年記念 デンマーク・デザイン」が開催中です。


20171123_poster190x269

日本・デンマーク国交樹立150周年記念 デンマーク・デザイン
2017年11月23日(木・祝)~12月27日(水)
東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館
主催:東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館、日本経済新聞社
協賛:損保ジャパン日本興亜
後援:デンマーク大使館
公式サイト:http://www.sjnk-museum.org/








※開幕前日の11月12日に開催された特別内覧会に招待いただき、訪館しました。
展示室内は撮影禁止ですが、当ブログ掲載の写真は特別に許可を得て撮影しています。



ファンタジックな憧れの国 デンマーク
デンマーク、スウェーデン、フィンランド・・・、北欧の国々は日不思議な憧憬を感じさせます。
その中でもよく知られているのがデンマーク、やはりアンデルセン童話のイメージは強いでしょう。
そしてレゴもありますね。

九州ほどの小さな国土に約570万人が暮らす国。
最近では“世界で最も幸福な国”、幸福度ランキング世界一位の国としても知られています。


デザイン大国としてデンマーク
そのデンマークは、近年人気を集める北欧デザインの中でも、数々の巨匠を輩出し続けるデザイン大国でもあります。
特に「ミッド・センチュリー(20世紀中頃)」と呼ばれるデザイン史上の黄金期には、
多くの有名デザイナーたちが、優れた作品を創り出しました。
そのシンプルな美しさと機能性、技術力に支えられた高いクオリティは、
現代に至るデンマーク・デザインの大きな特徴をなしています。

そこには、誰もが良質で快適な住まいを持つことを推奨してきた、
福祉国家としてのデンマークの姿勢がうかがえます。
“世界一幸福な国”の根幹でもあるのですね。

本展では、デンマークのデザイン博物館の学術協力の元、
19世紀後半からミッド・センチュリーを経て現在に至る、
家具、食器、照明器具、日用品等を一堂に展示し、
デンマーク・デザインの魅力に迫っています。

それでは、内覧会で撮影した写真で展示室内を紹介します。
順番はアトランダムです。


Dsc09019_800x533



Dsc09040_800x534



Dsc09031_800x533
やはりインタリア、北欧家具の展示が多いです。
特に様々か椅子が目を引きます。
展示物なので腰掛ける事はできませんが、最後のコーナーに座れる椅子もあります(後述)



Dsc09009_800x533
ロイヤルコペンハーゲンの陶器も
デンマークといえば、この歴史ある陶磁器メーカーも著名です



Dsc09025_800x533
そして、デンマークといえばレゴ



Dsc09049_800x533
ケネディがニクソンとの大統領選討論会で座ったという椅子



Dsc09057_800x533
実はデンマークは自転車大国でもある
環境政策のため、現在でも国をあげて自転車を推進しているようです。


全体のボリュームでいうと、やはりインテリア、特に椅子が多いですね。
数々の椅子たち。今回は美術品としての展示ですので座ることはできませんが、
展示の最終スペースに、座れる椅子も用意されています。


Dsc09059_577x800
「すわり心地をお試しください」
このコーナーのみ写真撮影も可



Dsc09007_800x533
年内12月27日までの開催です



2010917211111
会場の「東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館」は
都心新宿区の高層ビル、損保ジャパン日本興亜本社ビル42階にあります。

名称通り、東郷青児のコレクション、
そしてゴッホの『ひまわり』やセザンヌ、ゴーギャン、そしてグランマ・モーゼスの作品で知られます。
本展ではこれらの所蔵品も鑑賞できます。

Old Fashioned Club  月野景史

2017年11月23日 (木)

【科捜研の女17】榊マリコ(沢口靖子)はマンション住まい? あの町屋風家屋はどうした?

10月にスタートした『科捜研の女 シーズン17』(テレビ朝日)も第6話が終了。
視聴率も同局の人気シリーズ『相棒』、『ドクターX』には及びませんが、好調に推移しています。

『科捜研』では新機軸として、前シーズンから毎回、主人公・榊マリコ(沢口靖子)の色々な姿を描いています。
今回は事件のテーマが今話題の「民泊」だった事に合わせ、民泊を体験するマリコが描かれました。
特に事件とは関係なく、マリコ自身の都合によるものでしたが。

それはいいのですが、そのマリコが民泊した理由が気になります。
自宅マンションの水道管改修工事の為、10日間部屋を空けねばならないからと本人が語っていました。
しかし、マリコは長く、いかにも京都らしい古風な町屋風家屋を住居としていました。
久しく登場していませんでしたが、あの家はどうなったのでしょう。


Dsc09083_800x446
レトロな住まいで同居していた父であり上司でもあった榊伊知郎(小野武彦)と晩酌(シーズン8)


今回はマリコの住宅について簡単に記します。

榊マリコの住居史
シーズン1でのマリコはアパートで一人暮らし。
京都府警科捜研の勤務ですから、場所はもちろん京都でしょう。

シーズン2では長期の自動車免許取得合宿の為にアパートを引き払い、
相棒的存在だった女刑事・城丸準子(伊藤裕子)のマンションに押しかけ同居していました。

そして、シーズン3(2001年)から町屋風の住居住まいとなりました。
ここで、夫と喧嘩して家出してきた母親の榊いずみ(星由里子)としばらく同居。
まもなくいずみは実家に帰りましたが、マリコの住まいの方はとりあえず安定しました。

そしてシーズン6(新・科捜研の女2)からは科捜研所長として赴任してきた
父親の榊伊知郎(小野武彦)と写真のような同居生活となります。
この時も押しかけでしたが。

Dsc09081_800x494



Dsc09080_800x475_2


この状態はシーズン10と11の間のスペシャル(2011年)で伊知郎が退場するまで続いたと推測されますが、
実際にこの家が登場するのはシーズン8(新・科捜研の女4=2008年)頃までだと思います。
父娘は同じ場所の勤務なので会話はそこで出来ますし、また科捜研が家族的な職場ですから、
自宅で職場とは違う、家族としての姿をわざわざ描く必要もないという面もあったかも知れません。

そして伊知郎の退場からも6年半が経とうとしていますが、マリコの住居はまったく登場せず、
今回唐突な自宅マンション発言となったわけです。

それにしても、実際に住まいのシーンがあるわけでもなく、マリコの発言に出てくるだけなのに、
住居が変わったことにする理由がわかりません。
もちろん、これだけ時間が経っているのだから、転居していたとしてもおかしくはありませんが、
あえて変える必要があったのかというと疑問です。

今回のストーリーにおいて、マンション住まいである必要があったのならばまだわかりますが、
改修の為に家を空けねばならないだけならば、あの町屋風家屋で問題ないだろうし、
むしろ、マンションの住人すべてに10日間部屋を空けさせる方が大変で、非現実的に思えます。


木曜ミステリー もう一軒の町屋風家屋-『京都地検の女』
ところで、『科捜研の女』と並ぶ「木曜ミステリー」の人気ドラマにも、
かつて同じような町屋風住居が登場していました。


05
『京都地検の女』(2003年~2012年 全9シーズン)

こちらでも主人公の鶴丸あや検事(名取裕子)が娘の鶴丸りんと
写真のような住まいで二人暮らしをしていたのです。(夫は単身赴任)



Dsc09084_800x452


Dsc09086_800x452


こちらは地検の同僚や刑事達が集うサロン的な役割(『相棒』でいえば「花の里」のような)も果たしていて、
存在感が大きかったです。

それと比べてしまうと、マリコの住まいは元々存在感が薄かったのかも知れませんが、
知らないうちになくなってしまっていたとは、少々寂しく感じます。

Old Fashioned Club  月野景史

2017年11月22日 (水)

【Bar】新宿高層ホテル45階からの眺望! この隠れ家バーはどこ?/京王プラザ・ラウンジオーロラの奥の間

都心の高層階階からの眺望、四角形の長大なカウンターを誇るバー。


Dsc09072_800x533

ここはどこか?
随分広くてゆったりしたバーに見えますが、どこの店なのでしょう?
ちょっとわかり難いですが、窓からの眺望も最高です。

ここは東京新宿の有名ホテル・京王プラザホテルの45階、
昨年リニューアルした「スカイラウンジ オーロラ」・・・・・の奥まったところにあり、
夜だけ営業する喫煙スペースという位置づけなのです。

しかし、この階にこんな広いカウンターバー(&テーブル席)があるとは、
同ホテルの公式サイトを見てもまったくわかりません。
本当に隠れ家です。


元々、ここは「リトルベア」というバーでした。
ただ、長くまともに営業していなかったと思います。

実は昨年2016年6月まで、同じ階に「ポールスター」というカウンターバーがありました。
ここはバックバーがガラス張りで、カウンターに座って真正面に夜景を眺められるという、
最高のロケーション、デートスポットにも最適のバーでした。
同じホテルの同じ階にポールスターがあったから、リトルベアは存在感が薄かったのかとも考えられます。



Dsc06792_800x521
閉店したポールスターのカウンターから(2015年11月)

しかし、ボールスターなき今、器でいえばここは新宿屈指、
いや、都内に数あるホテルでも屈指のカウンターバーといえるでしょう。
有名ホテルのメインバーで広いフロアー・テーブル席を有しているところでも、
カウンター席は狭いところが多いので、それに比べれば実に立派です。

ただ、京王プラザ新宿の場合は、地階に立派なカウンターとテーブル席を有する「メインバー ブリアン」、
またロビー階にこれも広々した「カクテル&ティーラウンジ」があるから、
あえてこのオーロラのバースペースを推す必要がないのかも知れません。
ちょっと勿体なく感じもします。


Dsc09067_800x533
2017年11月の上記各店共通のマンスリーカクテル「ドリームライト」
レッドカシスリキュールとウオッカがペース


Dsc09074_800x640
スタンダードカクテル「マルガリータ」


Dsc09069_800x640
ピクルスとオリーブ
イタリア・トスカーナの赤ワインとともに

ホテルのラウンジなので、フードも充実しています。


Old Fashioned Club  月野景史

2017年11月15日 (水)

フォーリーブス Kouhaku Utagassen

Photo

フォーリーブス in 紅白歌合戦


1970 明日が生まれる

2:15頃から


1971 地球はひとつ



1972 夏のふれあい





1973 若いふたりに何が起る





1974 急げ! 若者






1975 ハッピーピープル






1976 踊り子



次の1977年にリリースしたのが最も有名な『ブルドッグ』
残念ながら落選
1978年8月に解散


関連Blog
フォーリーブス 1978.8.29  ビッグショー 永遠の夏

2017年11月12日 (日)

【美術展】「パリ・グラフィック-ロートレックとアートになった版画・ポスター展」三菱一号館美術館/世紀末パリ印刷芸術の競演

東京・丸の内の三菱一号館美術館にて2018年1月8日(月・祝)まで、
「パリ・グラフィック-ロートレックとアートになった版画・ポスター展」が開催中です。
11月9日(木)に同館で行われたブロガー・特別内覧会にご招待いただき、参加しました。


Dsc08967_1000x668

パリ・グラフィックーロートレックとアートになった版画・ポスター展
2017年10月18日(水)~2018年1月8日(月・祝)
三菱一号館美術館

主催:三菱一号館美術館 アムステルダム、ファン・ゴッホ美術館、朝日新聞社
後援:オランダ王国大使館
公式サイト http://mimt.jp/parigura/   


19世紀末、文化の都パリに花開いたポスター芸術。
日本で最も知られる、この分野を代表する画家といえば、アルフォンス・ミュシャと、
今回の主役・アンリ・ド・トゥールーズ・ロートレックが双璧でしょう。

ミュシャは今春、大規模な回顧展が六本木の国立新美術館で開催され、大変な盛況でした。
今度はロートレックてす。
三菱一号館美術館は2010年の開館ですが、元々ロートレック作品の収集に力を入れている美術館です。

※展示スペース内は一部を除き撮影禁止ですが、今回は内覧会なので特別に許可を得て撮影しています。


Dsc08936_1000x667


商業広告としてのポスターは印刷物、つまり版画です。
19世紀末のフランス・パリ、様々な芸術運動が勃興するなか、
版画は新たな広告媒体のみならず、芸術表現を切り開く重要なメディアとなりました。

それまでは複製や情報伝達のための手段でしかなかった版画が、
口ートレックら世紀末の前衛芸術家たちにより、絵画と同じく芸術の域まで高められました。
そして、それらを収集する愛好家も出現したのです。

また、世紀末パリでは大衆文化とともに発展したポスター芸術をはじめとして、
かつてないほど多くの複製イメージが都市に溢れ、美術は人々の暮らしにまで浸透していました。
「グラフィックアート」は生活と芸術の結節点であり、前衛芸術家たちの最も実験的な精神が発揮された、
時代を映すメディアであったのです。


Dsc08952_1000x667_2



Dsc08954_1000x666


本展はこうした19世紀末パリにおける版画の多様な広がりを俯瞰する美術展です。
ロートレックの作品だけではありません。
三菱一号館美術館、及びアムステルダム、ファン・ゴッホ美術館の貴重な19世紀末版画コレクションから、
リトグラフ・ポスター等を中心に、油彩・挿絵本等を加えた計約140点が展示されています。


Dsc08932_1000x668
内覧会風景も紹介します。
内覧会ナビゲーターの「青い日記帳」主宰Takこと中村剛士さん(右)と
野口玲一学芸員(三菱一号館美術館 学芸グループ長)。



Dsc08927_798x1000
ショップでは実物大ポスターも販売。

そして個々の作品のみならず、
19世紀末の百花繚乱のパリ文化の雰囲気を楽しむ、展覧会でもあります。


さて、この美術館は美しい中庭も魅力。
庭園もう華やかなイルミネーションでライトアップされています。

Dsc08962_1000x667_2



Dsc08939_800x534



Dsc08966_800x534


美しい夜景も本展と合わせて楽しんでください。
これは、夕刻に訪れたならばですが。

Old Fashioned Club  月野景史

2017年11月11日 (土)

通算アクセス330万件突破

本日2017年11月11日、
当ブログ「Old Fashioned Club」開設以来の通算アクセスが330万件を超えました。

この一ヶ月ほどではやはりドラマネタがアクセスが多いですが、
『科捜研の女』、『相棒』に加え、
3年ぶりの続編やスピンオフが放送された『BORDER』関連の記事に多くのアクセスがありました。
それと、時事関係に意外ほどアクセスをいただきました。 

Old Fashioned Club  月野景史

2017年11月 8日 (水)

【相棒16】米沢守(六角精児)再登場!/11月15日放送 第5話

『相棒 season16』、2017年11月15日(水)に放送される第5話「手巾(ハンケチ)」に、
元鑑識課員・米沢守(六角精児)が久々に再登場します。

1605001

今シーズンも相変わらず視聴率好調の国民的長寿ドラマ『相棒』。
このドラマではその17年の歴史において、主役の相棒コンビを個性的な脇役キャストが支えてきました。
その中でも六角精児さんが演じてきた米沢守は最重要キャラでした。

六角さんは2000年に土曜ワイド劇場枠で放送された『相棒』第1作に米沢とは別役の監察医として出演。
翌年の土曜ワイド第2作に鑑識課員・米沢として登場しました。
以来、鑑識課員の枠を超えて、歴代の特命コンビに情報を提供し、捜査を支援する役回りを担ってきました。

03


米沢なくして歴代の特命コンビは多くの事件を解決できなかった、
つまりドラマ『相棒』は成り立たなかったでしょう。


2009年にはスピンオフで米沢主役の映画が制作されたほどの人気キャラでした。
Photo


その米沢の『相棒』からの退場、つまり六角さんの降板は2016年3月放送のシーズン14最終話でした。

この時は物議をかもしました。
米沢は警視庁本部の鑑識課員から警察学校教官への異動という形で退場するのですが、
番組側が米沢さんの降板を事前にも事後にもアナウンスしなかったのです。

そうなると、異動は最終回での出来事なので、番組は10月まで半年間のオフに入ってしまい、
殉職や退職ならともかく、警察内での異動では、視聴者には次シーズンで米沢がどうなるのかわかりません。
ネット上では、次のシーズン15では鑑識に戻って来るという見方も結構ありました。
いや、そういう声の方が大きかったようにも思えます。


そうしているうちに、なんと米沢さん自身が、6月に行われたライブで降板である事を公表したのです。
それを受けて、テレビ朝日も社長会見で降板を認めるという異例の事態となりました。
この件について記した私のブログには今まで多くのアクセスがありました。
http://oldfashioned.cocolog-nifty.com/blog/2016/07/post-4dc4.html 


私はこの件は制作側に対して批判的です。
米沢ほどの人気キャラですから、歴代相棒と同様に事前に降板を告知して、
退場回として盛り上げて放送するべきだったと思うからです。
もちろん、完全な退場ではなく、2代目相棒・神戸尊(及川光博)と同様セミレギュラーとして、
相棒世界に籍を残すからという面もあったのでしょうが、それにしても残念な事をしました。

しかし、過ぎた事は仕方ないですから、再登場を楽しみに待ちましよう。
実は米沢は退場後も劇場版Ⅳには登場していますし、
ドラマ版でもシーズン15に1度出てはいるのですが、その時は過去の鑑識時代の回想設定でした。

今回はリアルタイムでの登場で、米沢の方から4代目特命コンビへの捜査依頼という形のようです。
どんな展開になるのか、楽しみに待ちましょう。

この放送に先駆けてか、テレビ朝日では前日の11月14日に、
米沢降板か?と話題を呼んだ『相棒13』第11話
「米沢守、最後の挨拶」が再放送されます。

Old Fashioned Club  月野景史

2017年11月 3日 (金)

【美術展】「生誕120年 東郷青児展 抒情と美のひみつ」 全国4都市で開催される本格回顧展

東京新宿の東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館で11月12日まで、
「生誕120年 東郷青児展 抒情と美のひみつ」が開催中です。


Photo

生誕120年 東郷青児展 抒情と美のひみつ
2017年9月16日(土)~11月12日(日)
東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館

主催:東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館、産経新聞社、テレビ朝日
美術館サイト:http://www.sjnk-museum.org/program/4953.html



Dsc08902_666x1000_2
東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館 外観夜景

この美術館は館名に東郷青児の名が入ってるくらいなので、所蔵品展なのかと思ってしまいますが、
今回は東郷青児の生誕120周年を記念し、以下の全国四都市を巡回する本格的な回顧展です。

◆広島会場 ※終了
ふくやま美術館
2017.07.08.sat.~09.03.sun.

◆東京会場
東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館
2017.09.16.sat.~11.12.sun.

◆福岡会場
久留米市美術館
2017.11.23.thu/holiday.~2018.02.04.sun.

◆大阪会場
あべのハルカス美術館
2018.02.16.fri.~04.15.sun.

■生誕120年 東郷青児展 公式HP:http://togoseiji120th.jp/


東郷青児
(とうごう せいじ、1897年(明治30年)4月28日 - 1978年(昭和53年)4月25日)

日本の洋画家。
1921年から1929年までフランスに留学。リヨン美術学校に学ぶ。

本展は「東郷様式」と呼ばれた独特のスタイルが確立する1950年代末までを中心とする作品約60点と
資料約40件を展示し、画風の形成がひもとかれる展覧会です。

東郷が弱冠19歳で二科展に発表した《パラソルさせる女》(1916年)は日本最初期の前衛絵画として話題になり、
昭和初期のモダンな美人画は近代女性のタイプを変えてしまったとも言われます。
戦後は、二科展の派手な前夜祭や、仲間たちとビルの大壁画を制作するなど、終始ジャーナリズムの注目を集めた画家でした。

本展では東郷の代表作はもちろん、藤田嗣治と百貨店に競作した対の壁画、再発見された戦前の二科展出品作、
プライベートコレクションの希少品等々、一般的な東郷観が揺らぐような作品をも一堂にご紹介されています。

ここが見どころでしょう。
独特の画風のイメージが定着し過ぎた感のある画家ですが、こんな絵も描いているのかと感じさせる作品があります。
極端にイメージが異なるわけでもなく、東郷は東郷なのですが、ちょっと新鮮だったりします。
また、時代を追って観ていくと、意外と世相を反映していることもわかります。
大変興味深い展覧会でした。

Old Fashioned Club  月野景史

2017年11月 1日 (水)

【美術展】上野の森美術館で開催中「怖い絵」展 大盛況 大行列

東京の上野の森美術館で12月17日まで開催中の「怖い絵」展。
http://www.kowaie.com/


Dsc08882_2

平日・11月1日(水)の15:45頃ですが凄い行列で50分待ち! 大ヒットのようです。
この状況で16:30入場終了、17:00閉館ですから、収拾がつくのかと心配になります。


Dsc08884_800x448


Dsc08885_800x534


やはり日本人は怖いもの好きなのか。
とりあえず出直すことにしましたが、この日時でそうなのだから、
いつ来ればゆっくり観れるのか?

■会期2017年10月7日(土)~12月17日(日)※会期中無休
■開館時間:午前10時~午後5時 ※入場は閉館の30分前まで 
★10月14日より土曜日9:00~20:00、日曜日9:00~18:00に開館時間を延長中  ※入場は閉館の30分前まで
http://www.kowaie.com/


Old Fashioned Club  月野景史

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ