« 2017年4月 | トップページ

2017年5月

2017年5月10日 (水)

【ドラマ】『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』/あの『BORDER』の小栗旬・金城一紀コンビによる新作ドラマ

『警視庁捜査一課9係』、『警視庁捜査一課長』、『緊急取調室』、『小さな巨人』と、
警察物が強いこの2017年4月クールの連続ドラマですが、
中でも異彩を放っているのが『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』です。

Crisis

不振のフジテレビドラマの救世主。
ただ、制作は前期の『嘘の戦争』同様カンテレなのですが。


『BORDER』のコンビ再結成
『CRISIS』の主演は小栗旬さん、脚本は金城一紀さん。
これは3年前、2014年の4月期にテレビ朝日で放送された
『BORDER 警視庁捜査一課殺人犯捜査第4係』と同じ顔合わせです。

たった3年前の作品ですが、『BORDER』は伝説的なドラマとなりました。

Border_001_1

あの衝撃のラストについて書いた私のブログは今でもアクセスが多いです。
http://oldfashioned.cocolog-nifty.com/blog/2014/06/border-b0ce.html

『CRISIS』が始まった影響か更に増えていますが、
それ以前から常に高め安定のアクセスがありました。
『相棒』や『科捜研の女』と違って再放送も、少なくとも関東地上波ではまったくされてないのに、
不思議に感じています。

『CRISIS』は『BORDER』のテイストに近い、やはり一筋縄でいかないドラマですが、
私は楽しんで観ています。

『BORDER』が最終回を迎えた時、続編を望む声が多かったですが、
私はあのラストで続編はあり得ないと思いました。
それは当たりました。というか、当然でしょう。

ただ、今回小栗さんが演じている稲見朗は色々と重い過去を抱えているようで、
『BORDER』の坂口安吾と重なる面はあります。
もちろん同一人物ではないですが、続編を望む声への答えといえるのかも知れません。


因縁のキャスティング?
それにしても、今回は少しブラックなキャスティングをしています。
『CRISIS』に準主役格で出演している西島秀俊さんは3年前、
『BORDER』の裏番組『MOZU』に主演していたのです。

『MOZU』はTBSとWOWOW共同制作の豪華キャストによる大作で、
スタート当初の視聴率は『MOZU』の圧勝でした。
しかし、回が進むにつれ接近・逆転し、一時はダブルスコアになりました。

ただ、『BORDER』の方も一筋縄ではいかないドラマで、
視聴率が跳ね上がった回が強烈なパッドエンドで、
次の回は大きく数字を落とすというようなこともありました。

ともかく、今回はその因縁の小栗さんと西島さんがバディのドラマです。


他のキャストは、2人の上司役が田中哲司さん。
この役が、ポジションもキャラも『緊急取調室』の田中さんの役にそっくりです。
そのせいか、『CRISIS』では眼鏡をかけ、髪型もかなり短髪にしています。

それにしても、どちらもほぼ出ずっぱりの役で、かけもちは無理なようにも思いますが、
ネットでの情報によると、『CRISIS』の撮影は先に終わっているともいいます。
髪型はどうしたのでしょう? キントリの方かカツラとの見方もあります。

チームの同僚警官には野間口徹さんと新木優子さん。
野間口さんは『BORDER』からの残留(?)で、前回は協力者のハッカーでしたが、今回は主要キャスト。
警備局長の長塚京三さんもちょっと怪し気でいいです。
最近は連ドラのレギュラーは多くありませんが、貫禄がつきました。

さて、視聴率は初回13.9%の後はやや停滞気味。
これは仕方ない面もあります。
今回もバッドエンドが多いし、万人受けはしないでしょう。

そして、この先どんな展開が待っているのか?
まさか『BORDER』以上の衝撃はないでしょうが。

Old Fashioned Club  月野景史

2017年5月 4日 (木)

【ドラマ】『緊急取調室』第2期 内容も数字も好調/だが真壁の家族は?

2017年4月クールのテレビドラマは『相棒』と『科捜研の女』がオフにも関わらず、
警察ドラマの好調が目立ち、視聴率でもトップ5を占めているような状況ですが、
中でも強いのがテレビ朝日木曜21時の天海祐希さん主演『緊急取調室』(通称 キントリ)第2シリーズです。
( 他は『警視庁捜査一課9係』『警視庁捜査一課長』『CRISIS』『小さな巨人』)


2


初回は17.9%の高視聴率。
その後はやや落としていますが、それでも強いです。


約3年ぶりの新シリーズ
このドラマ第1シーズンは2014年1月期の放送で、その時も平均12.9%を獲りました。
その後、2015年9月に単発のスペシャルが放送されていますが、
連続ドラマとしては中3年あけてのシーズン2ということになります。

私はちょっと勘違いをしていて、
天海さんは一度、心筋梗塞で舞台を降板したことがあり、
このドラマの続編が作られなかったのも、病気のためかと思っていたのですが、
病気は2013年5月のことなので、『緊取』第1期よりも前でした。
キントリの第1期が病気後の本格復帰作だったのだと思います。


レギュラーキャストは前期とほぼ同じ。
天海さんの同僚警察官には小日向文世さん、大杉漣さん、でんでんさんと年齢高めの3人。
所属長は管理官の田中哲司さん。
田中さんは現在、フジテレビの『CRISIS』にも出演していますが、
役のポジションもキャラもキントリとそっくりです。眼鏡と髪型を差をつけていますが。

捜査一課の刑事は“もつなべコンビ”鈴木浩介さんと速水もこみちさんも健在。
中村静香さんと生島勇輝さんの居酒屋夫婦も留任。

入れ替わったのは上層部の刑事部長と捜査一課長が
草刈正雄さん・篠井英介さんから大倉孝二さんと三上市朗さんに。

草刈さんの刑事部長は前期のラストで退場しているので仕方なく、
既に2015年のスペシャルから大倉さんが登場しているのですが、
草刈さんが昨年の大河ドラマ『真田丸』で再ブレイクしたので、
制作側としては、ちょっと残念だったかも知れません。


真壁の家族は?
あと2人、天海さん演じる真壁有希子の娘と息子が今期は登場していません。
そもそも、真壁の自宅がまったく出てきません。

真壁の夫も元警察官でしたがだいぶ前に殺害されており、その事件も未解決。
前期はこの事件の解決がシリーズを通してのテーマで、
2人の子ども達とのシーンも毎回必ずありました。
そして、前期のラストでこの事件は解決しました。

正直いうと、前期でも家族パートは不要では? と思う回もありました。
夫の事件も解決したことですし、今期は毎回出す必要もないというのならわかります。
ただ、それならば子ども達の存在を示すような表現があってもいいように思うのですが、
会話の中にもたぶん登場していないし、事件が一段落して他のメンバーが帰った後も、
真壁は1人で残っていたりと、シングルマザーらしい描写がないのです。

ここは、単に登場させないだけなのか、
それとも家族に何か変化があり、いずれその事情も明かされるのか?
こういう場合、子どもは留学したとか、学校の寮に入ったとかいうパターンはよくありますが、
2人ともというのは少々無理があります。どうなのでしょう。


キントリのチームワークは良好のようです。
まぁ3年以上、同じメンバーで組んでいるのですから当たり前ですが。

前期は警察内部の問題との対峙がクラスマックスでした。
今回もそのような展開はあるるのか?
あるいは、チーム内に深刻な対立が生まれたりするのか?
それとも、そのようなことはなく、あくまで事件と向き合っていくのか。

実力派俳優達による、しっかりしたドラマ。
今期では一押しです。

Old Fashioned Club  月野景史

« 2017年4月 | トップページ

フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ