« 2017年3月 | トップページ

2017年4月

2017年4月25日 (火)

【ドラマ】低迷フジテレビの切り札“月9”『貴族探偵』 内容も数字も迷走

フジテレビが社運をかけておくる大看板(過去形?)“月9”ドラマ『貴族探偵』。
主演の嵐・相葉雅紀さんはじめ豪華キャストと莫大な制作費をかけて臨んだ切り札とされますが、
初回視聴率は11.8%と、最近の月9の中ではますまずのスタートでしたが(本来は全然不足でしょうけど)、
昨日放送の第2話では8.3%と急落してしまいました。

内容を見ると、それもいたしかたないところで、なんとも困ってしまうドラマです。
原作は麻耶雄嵩さんの推理小説シリーズ。
私は麻耶さんの小説を読んだ事はありますが、この小説は未読です。

原作があるのだから、一概に真似だパクリだとはいえませんが、
第1話を見た印象では既視感が強く、まず『IQ246』と『TRICK』を合わせ、
『レディ・ダ・ヴィンチの診断』から設定の一部を持ってきたなという印象を持ちました。
まぁこれだけたくさんのドラマが作られているのだから、似たような展開になるのも仕方ない面もありますが。

しかし、なんといっても違和感が強いのは相葉さん演じる主役の“貴族探偵”です。
第1話・2話を見る限り、正直言ってキャラに魅力がないし、
だいたい、推理をしない、最後の解決編すら自ら語らないのでは、
原作通りだとしても、ミステリドラマの主役としては成り立ち難いのではないか。

ですので、ドラマ化にあたっては高徳愛香(武井咲)を主役にした方がよかったのではないかと思いますが、
おそらくこの企画自体が相葉さんありきでしょうから、それでこの原作を選ぶのなら、
大胆に改変した方がよかったようにも思います。
もちろん、回が進むにつれ、状況が変わってくる可能性はありますが。

そして違和感といえば、中山美穂さんです。
1980年代のスーパーアイドル。
ドラマ出演自体が稀少ですし、やるとしたら主演ばかりの人でしたが、今回は脇役です。
それも少ないシーンで強い存在感を示すような特別出演格ではなく、純然たる脇役に見えます。
なにしろ売れっ子脇役俳優である松重豊さん、滝藤賢一さんとトリオを組む役どころですから。

中山さんの演技自体は悪いとは思いませんが、こういう役で出演するということが驚きです。
だったら今までも、もう少し出ておけばよかったのにと思ってしまいます。

武井咲さんはネット上の評判はあまりよくないものも多いですが、私はそんなに悪くないと思います。
生瀬勝久さんもクセが強すぎず、でもかなりの弾けっぷりで、バランスは悪くない。
つまり、さすが豪華キャストを揃えただけあって、個々の俳優で見た場合はそれなりに良い人もいる、
ただ肝心の主役に魅力がないのと、ミステリドラマとしては、ちょっと外してしまってますね。
まだわかりませんが、苦戦が続くようにも思えます。

Old Fashioned Club  月野景史

2017年4月 5日 (水)

【ドラマ】渡瀬恒彦なき『警視庁捜査一課9係 12』 4月12日スタート

主演の渡瀬恒彦さんの死去で動向が注目される『警視庁捜査一課9係』シーズン12ですが、
予定通り4月12日(水)21時より放送開始です。
http://www.tv-asahi.co.jp/9gakari_12/

912top

このブログでも何度も書いてきましたが、
胆嚢がんで闘病していた渡瀬さんは今年になって仕事復帰し、
ドラマスペシャル『そして誰もいなくなった』の収録に参加しました。

次いで『9係』シーズン12の制作も発表されたのですが、
渡瀬さんはクランクインを待たず、体調を崩して入院してしまいました。
それでも、渡瀬さんの今むシーズン中の復帰を前提として、
第1話・2話は主役不在で撮影を終えたのですが、
このタイミングで渡瀬さんは亡くなってしまったようです。

この経緯ですので、残念ながら渡瀬さんはシーズン12の撮影にはまったく参加していないと思われます。
実際の仕事としては、『そして誰もいなくなった』が遺作という事になります。


そうなると気になるのは、今シーズンの9係劇中での渡瀬さんの扱いです。
公式サイトのストーリー紹介を読むと、渡瀬さんが演じてきた加納倫太郎は
神田川警視総監(里見浩太朗)の命令で、内閣テロ対策室を改造するための
準備委員会のアドバイザーを兼務することになり、
よって9係は不意に係長不在となったとのことです。

この設定は、もしかしたら渡瀬さんの亡くなる前、
入院のためにひとまず初回からのクランクインを回避した段階で考え出されたものかも知れません。
「兼務」ということなので、係長の立場自体はそのままなのでしょう。
この設定のまま、渡瀬さん不在で最後まで押し通すのか、
だとしても過去の映像を現在のシーンとして流用するようなやり方をするのか、
注目されるところです。


これからの『9係』
『警視庁捜査一課9係』は9係のメンバー全員が主演といえる群像ドラマです。
昔の刑事ドラマではこのタイプが主流でしたが、現在では稀少です。
その意味では、渡瀬さん不在でも一視聴者としてあまり不安は感じていません。
レギュラー陣は実力のあるベテランが揃っており、手堅くやってくれるでしょう。

ただ、渡瀬さんはかつて、メンバーか一人でも欠けたら終了と言っていたと聞きます。
それば自分が欠けることを想定しての発言ではなかったかも知れませんが、
それもあって、今シーズンが最後になるだろうとの見方が多いようです。

私は続けてほしいとも思っているのですが、
(ただ、ネットにある渡瀬さんに代わる係長役のベテランを入れてというのは反対です。
入れるとしたら井ノ原快彦さんの相棒となる若手(女性刑事もあり)、
係長は羽田美智子さんが昇格でいいでしょう。)
可能性は高くはないでしょう。

それよりもまずは今シーズンですね。

Old Fashioned Club  月野景史

« 2017年3月 | トップページ

フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ