« 【ドラマ】木村拓哉主演『A LIFE〜愛しき人〜』は『ドクターX』に勝てるのか?/厳しいスタート | トップページ | 【俳優】闘病中の渡瀬恒彦が新作スペシャルドラマ撮影中/『警視庁捜査一課9係』は? »

2017年1月16日 (月)

【昭和プロレス】“スーパーフライ” ジミー・スヌーカ死去

訃報 元プロレスラーのジミー・スヌーカが1月15日に亡くなりました。73歳。

ジミー・スヌーカ
(Jimmy Snuka、本名:James Reiher、1943年5月18日 - 2017年1月15日)


私がプロレスに熱中していた1980年頃、不思議に感じている事がありました。
当時はプロレス専門誌が月刊誌として4誌発行されていました。
その時代の読者は海外、特にアメリカマット界への関心が高く、
毎回アメリカからのレポートが多く掲載されていました。

中でも米国で活躍しているのに未来日のレスラー、または来日経験はあるけど間隔が空いているレスラーは、
プロレスファンなら当然来日を心待ちにしますし、マスコミも更に詳しい情報を掲載します。

その中で、レポートに名前だけはよく出てきて、かなり活躍しているようなのに、
なぜか来日待望論がさっぱり盛り上がらない選手がいました。
ジミー・スヌーカです。

スヌーカはそれよりかなり前に2度来日しており、つまりその時に良い印象を残していなかったのでしょう。
1971年の初来日時はアメリカインディアンスタイルのグレート・スヌーカとしてでした。
その後、南海の野生派スタイルのヒールにギミックをチェンジしたのです。
といっても、スヌーカはフィジー出身なので、本来の姿になったといえるのですが。


リッキーの相手役として
その1980年当時、アメリカでの活躍が頻繁に紹介され、日本に呼びたい“未知の強豪”として、
来日待望レスラーNo.1だったのがリッキー・スティムボートでした。
リッキーは80年暮れの全日本プロレス・世界最強タッグリーグ戦に初来日しました。
この時はそこそこの人気を呼びましたが、他の外国人レスラーも豪華過ぎて、
単独で主役の座を勝ち取るまではいきませんでした。

当時の全日本はファンクスやミル・マスカラスなどベビーフェイスの人気レスラーは
日本陣営に入れて外国人ヒールと戦わせるスタイルを取っていました。
リッキーも1981年5月に2度目の来日が決定し、日本側に付くことになりました。
そうなると、リッキーに相応しい相手役が必要です。
そこで白羽の矢を立てられたのが、リッキーの本拠地であるアメリカのミッドアトランティック地区で、
当時リッキーのライバルだったスヌーカでした。

リッキーとスヌーカのアメリカから直輸入された対決は話題を呼びましたが、
特に悪役であるスヌーカの人気がリッキー以上に高まりました。
鍛え上げられ肉体、スタイリッシュでかっこいい悪役、
「スーパーフライ(Superfly)」と呼ばれた思い切った空中殺法は
新しい時代、ニューウェイブのプロレスとしてもてはやされました。
当時のスヌーカは既に38歳で、それほど若くはなかったのですが。


ブルーザー・ブロディと
次の81年秋の来日ではブルーザー・プロディとの出会いがありました。
同年暮れの最強タッグはプロディと組んで初出場、そしていきなりの優勝。
翌1982年春にはそのプロディとも仲間割れ、ブロディとスタン・ハンセンとチームの抗争開始、
そして超大物ハーリー・レイスとタッグ結成と、スヌーカの周囲は目まぐるしく展開するのですが、
スヌーカのWWF(現WWE)本格進出で、全日本への登場は82年を最後に一旦途切れます。

この1981年~82年がスヌーカの日本での全盛期といえるでしょう。


WWFのスーパースターに
日本を離れている間、スヌーカは昇り調子だったWWFでも絶大な人気を得ました。
最初はヒールでしたが、ヘビーフェイスに転向してブームを巻き起こしたようです。

その後、1985年には新日本プロレスに登場。
こちらも新日に移籍したプロディとのタッグも再結成しましたが、
これはプロディと新日とのトラブルに巻き込まれ、尻すぼみになりました。
1987年にはプロディと共に全日本に復帰。

この頃になると年齢も40代半ばで、さすがに往時のようにはいきませんでしたが、
その後も米日で活躍を続け、1996年には早くWWE殿堂入りを果たしました。
プロレスラーとしては、大きな成功を成し得たレジェンドと呼んでいいでしょう。


しかし、晩年には過去のは忌わしい事件による逮捕などもあったようです。
詳しい事情はわかりませんが、残念なことでした。

Old Fashioned Club  月野景史


以下、日刊スポーツのサイトより引用
http://www.nikkansports.com/battle/news/1766325.html
☆☆☆
ジミー・スヌーカ氏が死去 ブロディ氏と最強タッグ
全日本、新日本に参戦したWWE殿堂入りの元プロレスラー、ジミー・スヌーカ氏が15日(日本時間16日)に米フロリダ州の親族宅で73歳で亡くなった。WWEに参戦する娘のタミーナが公表した。胃がんを患っていたという。

フィジー出身で69年にハワイでデビュー。「スーパーフライ」の異名を持つ空中殺法で一世を風靡(ふうび)した。71年に初来日して日本プロレスに参戦。81年より全日本の主力外国人となり、故ブロディ氏とのタッグで最強タッグ戦優勝も果たした。82年からWWF(現WWE)に定着し、王者バックランドとの抗争で爆発的な人気を得てスーパースターに君臨。85年には新日本にも参戦した。

83年に当時交際していた女性が死亡した件を巡って殺人罪などで15年に訴追されたが、裁判に耐えられない状態として今月3日に裁判が打ち切られていた。(デーブ・レイブル通信員)
★★★

« 【ドラマ】木村拓哉主演『A LIFE〜愛しき人〜』は『ドクターX』に勝てるのか?/厳しいスタート | トップページ | 【俳優】闘病中の渡瀬恒彦が新作スペシャルドラマ撮影中/『警視庁捜査一課9係』は? »

35.昭和プロレス」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562700/64775631

この記事へのトラックバック一覧です: 【昭和プロレス】“スーパーフライ” ジミー・スヌーカ死去:

« 【ドラマ】木村拓哉主演『A LIFE〜愛しき人〜』は『ドクターX』に勝てるのか?/厳しいスタート | トップページ | 【俳優】闘病中の渡瀬恒彦が新作スペシャルドラマ撮影中/『警視庁捜査一課9係』は? »

フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ