« 【相棒15】前半終了/米沢なき『相棒』 右京臨場せず 淡々と進むも異色回多し | トップページ | 『相棒15』2017年元日スペシャル「帰還」展望/右京と冠城が郊外の駐在所に異動!? »

2016年12月25日 (日)

【相棒】“片棒時代” 異色の傑作 season7第11話「越境捜査」/右京と角田の好連携が冴える

あまり一般的ではないと思いますが、『相棒』シリーズ16年の歴史の中で、
ファンの間で俗に“片棒時代”などと呼ばれている時期があります。
どういう意味か?

これは、杉下右京(水谷豊)の相棒役が不在で、特命係が右京1人だった時期のことです。
“時期”と言ってしまうと、設定上、そういう時期は放送開始前も含めて何度もあるのですが、
実際に右京1人の回が放送されていたのは、ある一時期だけです。

それは、初代相棒・亀山薫(寺脇康文)の退場(シーズン7第9話)から、
2代目相棒・神戸尊(及川光博)の登場(シーズン7第19話)の間。
つまり、シーズン7の第10話から第18話までの9本が「片棒時代」です。

この時期はなかなか面白い話も多く、視聴率も良かったのです。
その中でも、異色の話であり、傑作といわれるのが第11話「越境捜査」です。


相棒season7 第11話「越境捜査」 (本放送:2009年1月14日)

この回、片棒時代の杉下右京は冒頭から角田課長(山西惇)率いる警視庁組対5課の応援で、
銃器不法所持犯の摘発の為に町田市にいます。


0711_700x467_2


特命係が組対5課の応援で、銃器や麻薬等、組織暴力関係の摘発・・・というと、
似たような展開はこの後には何度かありますが、この時が最初だったと思います。

珍しく組対5課とがっちり絡む話なので、伊丹刑事ら“トリオ・ザ・捜一”は登場しません。
その分、角田はもちろん、組対5課の小柄の大木長十郎(志水正義)と大きい小松真琴(久保田龍吉)、
いわゆる“大小コンビ”が活躍します。
おなじみの特命係の部屋も登場しません。

さて、5課と右京らはかなりの人員で臨んだにも関わらず犯人を逮捕しそこね、
県境を越えて神奈川に逃げられてしまいます。
そこで、タイトル通り“越境捜査”となり、神奈川県警と連携することになるのです。

そうなると、警視庁勢と県警側で軋轢が生まれるだろうと思いきや、
意外にも連携はうまくいき、銃器所持の犯人は比較的早く捕まります。

しかし、その一方で何か別の、どうやら誘拐事件が進行しているようです。
視聴者からすると、何が起こっているのか、銃器犯と誘拐事件は絡んでいるのか、
そして、そもそも何がこの回の主題なのか?
あえて解り難くく進めるトリッキーな展開、そして緊迫感のある見せ方が魅力です。

ゲストの俳優陣もなかなか個性的で、楽しめます。
メインゲストは益岡徹さん。
『相棒』と同じテレビ朝日・東映制作の『京都地検の女』で池内刑事役を務めてきた人で、
当時も出演中でしたが、 この役はまた独特でした。
また、銃器不法所持犯の土平ドンペイさん、その人質になる野口かおるさんも
前半だけの登場ですが、強烈なキャラで印象的です。
特に、ストーリーに大きくは絡まない、不運にも人質になってしまうだけの女性にあのキャラを持ってくるセンスは面白い。


そしてラスト

右京と角田の、シリーズ屈指の鮮やかな連携による事件解決が見どころ。
ここに至ってようやく視聴者にも起こっていた出来事の全貌が、
そして、右京が何を考え、何をやっていたかが明らかになるという、なかなか上手い見せ方です。

このユニークな回の脚本担当はハセベバクシンオーさん。
1960年代から映画やテレビドラマで活躍し、2009年に亡くなるまで『相棒』でも多くの作品を手掛けた長谷部安春監督の子息。
おとうさんは監督、息子は脚本です。
バンクシンオー氏はこの回が『相棒』初執筆で、現在まで『相棒』は僅か5本しか手掛けておらず、この点もレアです。

Old Fashioned Club  月野景史

« 【相棒15】前半終了/米沢なき『相棒』 右京臨場せず 淡々と進むも異色回多し | トップページ | 『相棒15』2017年元日スペシャル「帰還」展望/右京と冠城が郊外の駐在所に異動!? »

11.【特集】『相棒』」カテゴリの記事

« 【相棒15】前半終了/米沢なき『相棒』 右京臨場せず 淡々と進むも異色回多し | トップページ | 『相棒15』2017年元日スペシャル「帰還」展望/右京と冠城が郊外の駐在所に異動!? »

フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ