« 【美術展】『ゴッホとゴーギャン』東京都美術館/因縁深き二人W主役の展覧会 | トップページ | 【恐竜】“雷竜”ブロントサウルスはなぜ消えた?/20世紀の人気恐竜をめぐる様々な奇譚 »

2016年11月23日 (水)

【美術展】『拝啓 ルノワール先生 ―梅原龍三郎に息づく師の教え』三菱一号館美術館/国と年齢を越えた師弟関係

東京丸の内の三菱一号館美術館で12月18日まで、
『拝啓 ルノワール先生 ―梅原龍三郎に息づく師の教え』が開催中です。


Photo


拝啓 ルノワール先生 ―梅原龍三郎に息づく師の教え
Bonjour, Monsieur Renoir; Renoir et Umehara –Joie de peindre 
10月19日(水)〜 2017年1月9日(月・祝)

主催 三菱一号館美術館、朝日新聞社
http://mimt.jp/renoirumehara/
※本展終了後は大坂・あべのハルカス美術館に巡回 2017年 1月24日(火)~ 3月26日(日)

日本の近代洋画界を代表する画家、
梅原龍三郎(1888年3月9日 - 1986年1月16日)
彼は1908年、二十歳の時に渡仏し、翌年、ルノワールに出会います。

ピエール=オーギュスト・ルノワール
(Pierre-Auguste Renoir 1841年2月25日 - 1919年12月3日)

フランスの印象派絵画の巨匠。
日本でもその人気は高く、今年も国立新美術館で大規模な回顧展が開催されました。
http://oldfashioned.cocolog-nifty.com/blog/2016/07/post-8a85.html

梅原と会った時のルノワールは67歳。
既に大御所で晩年にさしかかっており、リューマチ性の疾患に苦しんでいたのですが、
旺盛な制作意欲は衰えていませんでした。

本展はルノワールと梅原の師弟関係を軸に、その画業を追った展覧会です。
ルノワールの他にもルオーやピカソなど、
梅原が出会い収集した西洋美術コレクションも紹介されています。
梅原の優れた蒐集家としての面に接する機会でもあります。


Old Fashioned Club  月野景史

« 【美術展】『ゴッホとゴーギャン』東京都美術館/因縁深き二人W主役の展覧会 | トップページ | 【恐竜】“雷竜”ブロントサウルスはなぜ消えた?/20世紀の人気恐竜をめぐる様々な奇譚 »

01.Art 美術 (展覧会)」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562700/64537544

この記事へのトラックバック一覧です: 【美術展】『拝啓 ルノワール先生 ―梅原龍三郎に息づく師の教え』三菱一号館美術館/国と年齢を越えた師弟関係:

« 【美術展】『ゴッホとゴーギャン』東京都美術館/因縁深き二人W主役の展覧会 | トップページ | 【恐竜】“雷竜”ブロントサウルスはなぜ消えた?/20世紀の人気恐竜をめぐる様々な奇譚 »

フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ