« 【訃報】元千代の富士の九重親方死去/不撓不屈 大相撲史に輝く昭和の大横綱 | トップページ | 【ドラマ】『刑事7人2』永沢刑事(鈴木浩介)重厚な殉職回で次回へ続く/警察関係者が犯行関与か? »

2016年8月 1日 (月)

【ドラマ】藤原竜也主演『そして、誰もいなくなった』/難解過ぎて視聴率苦戦も仕方なし

日本テレビ日曜22:30放送の7月クールの連続ドラマ
藤原竜也主演『そして、誰もいなくなった』。第3話まで終了しました。
http://www.ntv.co.jp/soshitedaremo/

Photo_9

視聴率は以下の通り。
第1話 7月17日  10.7%
第2話 7月24日   8.6%
第3話 7月31日   7.2%

初回こそ二桁スタートでしたがジリ貧状態で苦戦中です。
それも仕方ないかも知れません。
とにかく、解り難すぎます。


そして、誰もいなくなった
タイトルはミステリの女王アガサ・クリスティの有名作から頂戴しています。
もちろんあの小説の翻案というわけではなく、オリジナル作です。
一般にクリスティ作品の邦題は「そして」の後に「、」は付かないので、そこは変えていますね。


大手コンピュータシステム会社に務める開発研究員役の藤原さん。
仕事もプライベートも順調な彼が突如巻き込まれた異常事態。
いったい、誰が敵で誰が味方か?
究極のサスペンスというところですが、ちょっとややこし過ぎ。
とても追い切れません。
離脱する人が多いのも仕方ないかも知れません。

ストーリー展開ですが、初回冒頭シーンでかなり藤原さんが追い詰められており、
そこから10日前に遡って事件の発端から描かれています。
初回冒頭の部分がそのまま全体のラストのクライマックスになるのか、
そこから更に続くのかはまだわかりません。

しかし、公式サイトで「ジェットコースターのような展開」を謳いながら、
第2話、3話と話の進みが遅く、冗長になっています。
難解の上に話が先に進まないから、余計まどろっこしく感じてしまいます。

藤原さん演ずる藤堂新一は周囲の人間から、大変優秀な研究員だが、
自己中で人の気持ちが分からない、いわゆるKYのように言われます。
だけど藤堂はそんな風に見えない。
平凡で、KYどころか人に気遣いしすぎるタイプのように思えます。
その人間かあれだけ追いつめられているのに、親しい筈の人間に責められて・・・
まぁその人間もみな本心がわからないのですが。


いったい何が真相なのか?
そこで引っ張るドラマでしょうが、難解過ぎて脱落者の方が多くなるでしょう。
残るのはよほどこういうのが好きな人でしょうね。
私も、とにかくどうまとめるかが気になるので、視聴は継続します。録画ですが。

正直をいうと、これだけの伏線を回収して、
誰もが納得するよう綺麗にまとめられるとは到底思えません。
それが出来たら奇跡だと思います。
もちろん、その奇跡を期待していますが、
仮に最後にそれが出来たとしても、その前に数字を落としてしまうでしょうが。


Old Fashioned Club  月野景史

« 【訃報】元千代の富士の九重親方死去/不撓不屈 大相撲史に輝く昭和の大横綱 | トップページ | 【ドラマ】『刑事7人2』永沢刑事(鈴木浩介)重厚な殉職回で次回へ続く/警察関係者が犯行関与か? »

13.【特集】テレビドラマ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562700/64007623

この記事へのトラックバック一覧です: 【ドラマ】藤原竜也主演『そして、誰もいなくなった』/難解過ぎて視聴率苦戦も仕方なし:

« 【訃報】元千代の富士の九重親方死去/不撓不屈 大相撲史に輝く昭和の大横綱 | トップページ | 【ドラマ】『刑事7人2』永沢刑事(鈴木浩介)重厚な殉職回で次回へ続く/警察関係者が犯行関与か? »

フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ