« 【ドラマ】藤原竜也主演『そして、誰もいなくなった』/難解過ぎて視聴率苦戦も仕方なし | トップページ | 【国際プロレス】北海道羅臼での最終興行(1981年8月9日)から今日で35年 »

2016年8月 3日 (水)

【ドラマ】『刑事7人2』永沢刑事(鈴木浩介)重厚な殉職回で次回へ続く/警察関係者が犯行関与か?

テレビ朝日水曜21時の警察ドラマ『刑事7人』第2シリーズ第4話
第1期からのレギュラーである捜査一課12係刑事の永沢圭太(鈴木浩介)の殉職回が本日放送されました。

Photo

このドラマについては過去2回、当ブログでは主に昨年の第1シリーズから今シリーズでの路線変更について、
どちらかといえば批判的な論調で記しましたが、
この第4話については重厚なストーリーで、“とりあえず”良かったです。

なぜ「とりあえず」かというと、事件の全容がまったく解決されない状態で、
次回に続くになってしまったからです。
前後編か、更に後に続くのか、おそらく次回第5話で一応の片は付けるかと思いますが、
さてどう展開するのでしょう?
http://www.tv-asahi.co.jp/keiji7_02/story/0005/

前後編の場合、前編はおもしろくて、後編を楽しみにしたのに期待外れ、
ということもありますので、まずは「とりあえず」ですが、
永沢の死を聞いた12係メンバーが取り乱すことなく、冷静に現場に集まって来て捜査に取り組む流れは
プロフェッショナルの刑事達である事を感じさせ、今期のシリアスなイメージに合っており、好印象でした。
その後の展開もやや無理はあるものの、重厚な中にも予想外の流れでテンポ良く続き、
惹きつけられました。


第4話の視聴率は11.1%と公表されました。
第1話10.8%→2話9.8%→3話11.8% ときていますので、
前回からは下げましたが、今どき充分立派な数字です。

単純に計算するとここまでの4回の平均値は10.9%ほどになりますので、
第1期の9.6%を上回り、全話平均での二桁超えの可能性も高くなってきました。
そうなると、さすがに気が早いですが、
『科捜研の女』、『相棒』、『警視庁捜査一課9係』に続く、長期シリーズ化もあり得るかも知れません。


警察内部の人間が関与?
今回、永沢らが所属する警視庁捜査一課12係の部屋に盗聴器が仕掛けられていました。
一般人が警視庁内部に盗聴器を仕掛けられるとは考え難く、
そうなると警察内部の人間が関わっている可能性が強いですね。

前回のブログ、このドラマと同じテレビ朝日・東映の10年以上続く三大長寿警察ドラマである
『相棒』、『科捜研の女』、『警視庁捜査一課9係』を合わせても、
2シリーズ以上にまたがってレギュラー出演した警察官の殉職は3人だけだと書きました。
実はその3例とも、警察内部の人間が関わっているのです。

今回もそうでしょうか?
内部どころか、主要レギュラーが関わっている可能性すら否定できません。
公式サイトにも「やがて“やりきれない真実”をあぶり出す――。」とあり、不穏です。

あんまりな展開にはしてほしくない気持ちもありますが、注目しましょう。

Old Fashioned Club  月野景史

« 【ドラマ】藤原竜也主演『そして、誰もいなくなった』/難解過ぎて視聴率苦戦も仕方なし | トップページ | 【国際プロレス】北海道羅臼での最終興行(1981年8月9日)から今日で35年 »

13.【特集】テレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562700/64010917

この記事へのトラックバック一覧です: 【ドラマ】『刑事7人2』永沢刑事(鈴木浩介)重厚な殉職回で次回へ続く/警察関係者が犯行関与か?:

« 【ドラマ】藤原竜也主演『そして、誰もいなくなった』/難解過ぎて視聴率苦戦も仕方なし | トップページ | 【国際プロレス】北海道羅臼での最終興行(1981年8月9日)から今日で35年 »

フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ