« 【芸能】『笑点』新司会者は春風亭昇太/若手(?)がベテランを仕切る大喜利の先例と比較すると | トップページ | 【ドラマ】福山雅治『ラヴソング』月9史上最低不可避か/迷走は放映開始前から始まっていたのでは? »

2016年5月29日 (日)

【芸能】『笑点』新メンバーは林家三平/知名度優先のテレビ局らしい選択

注目の日本テレビ『笑点』の大喜利新レギュラーが本日5月29日の生放送で
二代目林家三平さんと発表されました。

Photo_2

この起用について、ネットでは色々な憶測も出ていますが、
一般的認知度を優先したテレビ局らしい選択だと思います。

常識的に考えて新メンバーは50歳未満の落語家さんでしょう。
その中で、今回のように名前を呼ばれずに登場して、
視聴者の誰もが「ああ」とわかるような人は、まぁ三平さんしかいないでしょう。

でありながら、一方で可能性は高くないとも思っていました。
従来からのメンバーである林家たい平さんと同じ、林家こん平一門だからです。
元々、こん平さんは三平さんの父である初代三平さんの弟子でしたが、
1980年に初代が若くして亡くなったので、弟子の一番手であったこん平さんが一門を引き継いだのです。
既に入門していた先代の長男であるこぶ平さんはこん平さんの“預かり弟子”ということになりました。
たい平さんと三平さんは、こん平さんが一門を引き継いでからの入門です。

昔は同じ一門の兄弟弟子が並んでというのもありましたが、
今は協会すら4つに分裂している状態で、同じ一門から二人は避けるかと思ったのです。
(好楽さんと円楽さんも同じ一門の兄弟弟子といえばそうですが、
こちらは一門=協会とのようなものなので、ちょっと違います。)

今回は、落語界のバランス云々よりも、まずテレビとしての事情を優先したのでしょう。
当然といえば当然のことです。


10~15年前、実はこぶ平さんを入れたかったのでは?
前から思っていたのですが、日本テレビとしては21世紀を迎えたあたりの段階で
三平さんのお兄さんである林家こぶ平(現正蔵)さんを入れたかったのではないでしょうか?
当時の知名度は若手では断トツ、その時点での笑点メンバーより明らかに上だったと思います。
師匠であるこん平さんの後任としてが理想的だったでしょう。

ところが、そのこん平さんが病気の為に番組を休養してしまいます。
こぶ平さんを休養中の代理というわけにもいかず、その役はたい平さんが務めました。
そのままたい平さんは2006年に正式メンバーとなり、こぶ平さんの目はなくなりました。

それから10年を経て、弟の三平さんが新メンバーとして加わりました。
三平さんは若手大喜利にもたぶん出たことはなく、大喜利は未知数かと思います。
まずはこれからですね。

Old Fashioned Club  月野景史

« 【芸能】『笑点』新司会者は春風亭昇太/若手(?)がベテランを仕切る大喜利の先例と比較すると | トップページ | 【ドラマ】福山雅治『ラヴソング』月9史上最低不可避か/迷走は放映開始前から始まっていたのでは? »

37.芸能 テレビ バラエティ」カテゴリの記事

トラックバック

« 【芸能】『笑点』新司会者は春風亭昇太/若手(?)がベテランを仕切る大喜利の先例と比較すると | トップページ | 【ドラマ】福山雅治『ラヴソング』月9史上最低不可避か/迷走は放映開始前から始まっていたのでは? »

フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ