« 【アニメ】『キングコング』(1967)/珍しい日米合作の連続TVアニメ | トップページ | 【ドラマ】内藤剛志主演『警視庁捜査一課長』 4月から連ドラ化決定 »

2016年2月16日 (火)

日テレドラマ『ヒガンバナ』『怪盗 山猫』『臨床犯罪学者 火村英生の推理』がコラボ

放送中の日本テレビの1月期3本のドラマ、いずれも警察、探偵、怪盗らが登場する捜査物系。
『ヒガンバナ』(毎週水曜、よる10:00)
『怪盗 山猫』(毎週土曜、よる9:00)
『臨床犯罪学者 火村英生の推理』(毎週日曜、よる10:30)
その主演クラスの俳優によるコラボレーションが今週実現します。
http://mdpr.jp/news/detail/1563033


Photo
2月7日に行われて記者会見に登場した、コラボに参加する俳優陣、
左から『ヒガンバナ』の堀北真希さん、『山猫』の成宮寛貴さんと菜々緒さん、『火村』の斎藤工さんと窪田正孝さん

3作の主要キャスト。なかなか豪華な顔ぶれが揃いましたが、
このメンバーでのコラボとは、どのような形で実現するのでしょうか?
それは以下の通りです。

17日(水)の『ヒガンバナ』には、『火村』の火村英生(斎藤)&有栖川有栖(窪田)、
20日(土)の『怪盗山猫」』には、『ヒガンバナ』の来宮渚(堀北)が、
そして21日(日)の『臨床犯罪学者 火村英生の推理』には、『山猫』の勝村英男(成宮寛貴)&霧島さくら(菜々緒)が登場します。
3番組あるので、主要キャストが交互にではなく、順繰りにゲスト出演、カメオ出演していくのですね。

上の写真で気になるのは、他の人は劇中そのままのスタイルのようですが、菜々緒さんだけ違うように感じます。
『山猫』での菜々緒さんは女刑事なので、だいたいいつもパンツスーツ姿、髪もまとめて眼鏡をかけています。
ですが、この写真のは幼稚園の保母さんみたいです。
菜々緒さんが衣装を用意してくるのを忘れた?
いや、衣装ならば自分で持ってくるものでもないでしょう。
ということは、今回のコラボではこの格好で『火村』に出演するのでしょうか?
実は、初回での成宮さんとのデートシーンではカジュアルな装いで眼鏡もかけず、髪も下ろしていました。
今回も成宮さんとのペアでの出演なので、デートのシーンなのかも知れません。
それにしても、『火村』は京都が舞台なので、どういう設定にするのでしょう?


コラボは起爆剤となるか
この2016年1月期、連続ドラマは全般に不振です。
その中で、日テレの3作品はいずれも視聴率二桁、それも11%以上でスタートしましたが、
各ドラマとも第5話まで終わって、その後は必ずしも順調とはいえません。

『臨床犯罪学者 火村英生の推理』は初回こそ11.1%でしたが、その後9%台が続き、5話は8.8%まで落としました。
昨年7月期の同枠で平均11.6%を獲得した『デスノート』で主演だった窪田正孝さんを
脇役(ワトソンポジション)に配してのドラマにしては、寂しい状況といわざるを得ません。

11.1%でスタートした『ヒガンバナ』はなんとか二桁をキープして、最新回はギリギリ10%ちょうど。

深刻なのは『怪盗 山猫』で、初回14.3%と、今期の他のドラマとも、過去の同枠の作品と比べても
なかなかの好スタートを切ったにも関わらず、毎回着実に(?)数字を落とし、最新回は7.9%でした。
『山猫』についてはこのブログで初回放送の後に少し書きましたが、
http://oldfashioned.cocolog-nifty.com/blog/2016/01/post-e5ea.html
どうも私が心配した通りになっているようです。

それにしても、このようなコラボはあまり聞いたことがありませんね。
数字面でも良い効果があるといいのですが。


『山猫』だけ・・・?
ちょっと気になるのは、『ヒガンバナ』からは主演の堀北さん、
『火村』からも主役コンビの斎藤さんと窪田さんが出るのに、
『山猫』だけは主演の亀梨和也さんが出ません。
やはりジャニーズ事務所所属だと、このような企画には参加しないのでしょうか?
亀梨さん演じる山猫のキャラはエキセントリック過ぎて、他のドラマとのコラボは難しそうではありますが。

もちろん、成宮さんと菜々緒さんでも充分立派で、遜色はないと思います。
この二人については、以前のブログでダークナイトと橘カラの最凶ペアとして取り上げましたが、
『山猫』の勝村とさくらだと、お人好しのコメディリリーフコンビです。(今のところ)
しかも、さくらが一方的に勝村に恋焦がれている関係。
『火村』にどんな出演の仕方をするのでしょう。

Old Fashioned Club  月野景史

※追記
2月17日 コラボ第1弾、『ヒガンバナ』への火村(斉藤)&有栖川(窪田)の出演が終わりました。
ほんの一瞬、二人が病院の廊下を歩いて互いに一言ずつ交わすだけの僅か数秒の出演。
しかも、『ヒガンバナ』のキャストとの絡みはなし。すれ違いもせず。京都在住の二人がなせ東京にいたかも不明でした。
コラボというよりはエキストラでは?
これは、さすがにちょっと酷いですね。コラボ詐欺と言われても仕方ないでしょう。

2月20日 コラボ第2弾終了。『怪盗 山猫』への来宮(堀北)の出演。
冒頭近くで亀梨さんと堀北さんがすれ違い、かつて二人が共演した人気ドラマ『野ブタをプロデュース』に
引っ掛けたやりとりがありました。
一瞬ではありましたが、主役同士が絡んだので、『ヒガンバナ』と比べればだいぶ良いともいえます。

2月21日 コラボ第3弾、『臨床犯罪学者 火村英生の推理』への勝村(成宮)とさくら(菜々緒)の登場も終了。
二人は通行人としての登場で、 『火村』コンビの『ヒガンバナ』への登場と同じような感じ。
その時より若干長めでしたが。
なぜ京都に来ていたのかは不明でしたが、会話からするとプライベートなようで、菜々緒さんは上の写真と同じスタイルでした。
同じ場面に『火村』のレギュラーの山本美月さんが映り込んでいましたが、火村と有栖川とは入れ違いで絡みはなし。

色々難しいとは思いますが、やるのならもう少しちゃんとやれないものですかね。
視聴率でいうと、『ヒガンバナ』はダウン、『山猫』はアップ、『火村』もダウン。
一番ちゃんとコラボをやった『山猫』だけが上げるという順当な数字でした。結果的には。

« 【アニメ】『キングコング』(1967)/珍しい日米合作の連続TVアニメ | トップページ | 【ドラマ】内藤剛志主演『警視庁捜査一課長』 4月から連ドラ化決定 »

13.【特集】テレビドラマ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562700/63224767

この記事へのトラックバック一覧です: 日テレドラマ『ヒガンバナ』『怪盗 山猫』『臨床犯罪学者 火村英生の推理』がコラボ:

« 【アニメ】『キングコング』(1967)/珍しい日米合作の連続TVアニメ | トップページ | 【ドラマ】内藤剛志主演『警視庁捜査一課長』 4月から連ドラ化決定 »

フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ