« 【ダンス】 2016アジアオープン選手権 日本ダンサーフォトグラフ ラテン編 | トップページ | 【科捜研の女】と【新・科捜研の女】はどう違う?/答=5作目から「新」を付けて、9作目でまた外した »

2016年2月23日 (火)

【美術展】「レオナルド・ダ・ヴィンチ 天才の挑戦」近年公開された『糸巻きの聖母』が初来日/江戸東京美術館

東京両国の江戸東京博物館で4月10日まで、
「特別展 レオナルド・ダ・ヴィンチ 天才の挑戦」が開催中です。

Photo

特別展 レオナルド・ダ・ヴィンチ 天才の挑戦
2016年1月16日(土)―4月10日(日)
江戸東京博物館 1階特別展示室

主催:公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都江戸東京博物館、毎日新聞社、NHK、NHKプロモーション
特別協力:レオナルド・ダ・ヴィンチ理想博物館
http://www.davinci2016.jp/

数多い西洋美術の著名画家、芸術家の中でも、日本で最も有名なのは
『モナ・リザ」のレオナルド・ダ・ヴィンチでしょう。

レオナルド・ダ・ヴィンチ
( Leonardo da Vinci)1452年4月15日 - 1519年5月2日

ルネサンス絵画の巨匠、
そして、絵画・美術のみんらず、万能の天才レオナルド・ダ・ヴィンチ 
本展にはそのダ・ヴィンチのよる油彩画、本邦初公開となる『糸巻きの聖母』が来日・展示されているのです。


Photo_3
『糸巻きの聖母』(または糸車の聖母) 1501年頃


しかし、レオナルドといえば、多くの手稿などは残っているものの、
絵画については超ビッグネームの『モナ・リザ』や『最後の晩餐』などを含め、
世界に10数点しか残っていないとされます。

そのうちの1点が来日したにしては、あまり騒がれてないですね。
失礼ながら、展覧会場も江戸東京博物館とは、ちょっと微妙です。
なぜ、国立西洋美術館、国立新美術館などではないのでしょう。

実はこの作品は長くスコットランドのバクルー公爵家の所像されており、
一般公開されたのはつい最近、2009年からなのです。
ですので、一般的にはまだあまり知られていないわけです。

この絵について、公式サイトに掲載されている
監修者のアレッサンドロ・ヴェッツォージ氏(レオナルド・ダ・ヴィンチ理想博物館館長)による説明を引用します。


☆☆☆
◆《糸巻きの聖母》の美術史的な価値
第一次ミラノ時代が終わり、第二次フィレンツェ時代に入ったレオナルド円熟期の作品です。《糸巻きの聖母》は、《岩窟の聖母》、《最後の晩餐》、《聖母子と聖アンナ》、《モナ・リザ》に並び、高く評価され模写されてきたレオナルド5大テーマの1つで、イタリアだけでなく、フランス、スペイン、ネーデルラントにも普及し、多くのバリエーションが現存しています。

◆作品の来歴
「糸巻きの聖母」という主題は、1501年に修道士ピエトロ・ダ・ノヴェッラーラがマントヴァ侯妃イザベッラ・デステに宛てた手紙の中で、レオナルドがフランス国王ルイ12世の外交官フロリモン・ロベルテのために取り組んでいた作品として言及されています。その手紙にある作品の描写と本作の構図が完全には一致しないため、研究者の中で議論が続いています。しかしながら、現在の研究では、背景は後世に加筆されたが、構図の中心である聖母子および前景の岩の描写は、レオナルド本人の手になるという意見が多数になっています。
今回、来日する《糸巻きの聖母》は、1752年にはフランスにあり、1756年に競売にかけられ、その後1771年にバクルー公爵家の所蔵になりました。その後は2009年にエディンバラのスコットランド・ナショナル・ギャラリーに寄託されるまで、ほとんど一般公開されていませんでした。

◆作品の意味
この作品の主役は、幼子イエスの持つ糸巻きです。幼子イエスは、ダイナミックな動きで糸巻きのほうに身体をひねり、糸巻きを手に取り、もう一方の手で上方を指しているので、糸巻きを十字架と解釈する考えもあります。しかし、私は、古代ローマの人間の運命を紡ぐ三女神(通称パルカ)に通じる「人間と世界の運命を織る」道具として描かれていると解釈しています。一方、聖母は、人類の救済だけでなく本人の犠牲を要求する過酷な運命に子どもが向かわないように、その身体を押さえています。そして右手は母なる大地のエネルギーを表しています。それらの手は、《岩窟の聖母》や《最後の晩餐》の登場人物の手の動き同様、目に見えない魂の動きを、絵画 の中のジェスチャーで表現しようとしたレオナルドの研究の成果と言えるでしょう。

◆作品の魅力
前景の岩は、レオナルドにしかなしえない高度な技術で描かれています。時間の経過とともに変化する地質学の研究成果が表現されており、科学者、自然の観察者としてのレオナルドを思い起こさせます。また、遠近法を応用した歪み像のような聖母の顔、幼子イエスの、斜めの軸を中心に回転しているかのような体の描写に卓越したものを感じます。
つまり画面前景の、作品にとって大切な要素である構図の中心部分はレオナルドの真筆です。ただし背景は、後世の加筆であることがわかっています。
★★★


つまり、背景等に後世の加筆があることは明らかだが、
聖母子や前景などの主要部分はレオナルドによるものと評価されているとのことです。
それならば、レオナルドの真筆作品と呼んで差し支えないでしょう。
やはり貴重な機会です。


本展にはこの作品以外にも、レオナルドの“万能の天才”ぶりを示す手稿や素描、
また、レオナルドがミラノ滞在期に、共同制作に携わったり、レオナルドの工房に入門した画家、
作品を実見して大きな影響を受け、その後ミラノの画壇を牽引したレオナルド派(レオナルデスキ)たち。
ルイーニ、ジャンピエトリーノなどの絵画約10点が日本で初めて紹介されています。

Old Fashioned Club  月野景史

« 【ダンス】 2016アジアオープン選手権 日本ダンサーフォトグラフ ラテン編 | トップページ | 【科捜研の女】と【新・科捜研の女】はどう違う?/答=5作目から「新」を付けて、9作目でまた外した »

01.Art 美術 (展覧会)」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562700/63253679

この記事へのトラックバック一覧です: 【美術展】「レオナルド・ダ・ヴィンチ 天才の挑戦」近年公開された『糸巻きの聖母』が初来日/江戸東京美術館:

« 【ダンス】 2016アジアオープン選手権 日本ダンサーフォトグラフ ラテン編 | トップページ | 【科捜研の女】と【新・科捜研の女】はどう違う?/答=5作目から「新」を付けて、9作目でまた外した »

フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ