« 【美術展】「シスレー展」練馬区立美術館 9月20日開幕/印象派を代表する風景画家 | トップページ | 【ドラマ】 『相棒14』 『科捜研の女15』 共に正念場 まもなくスタート »

2015年9月25日 (金)

【訃報】川島なお美さん死去/女子大生タレント ミスDJ ヘアヌード 失楽園 ワイン 愛犬家 話題の先端を駆け抜けた女性

タレント・女優の川島なお美さんが9月24日、胆管がんのため亡くなりました。54歳。
思えば、常に話題の先端にいた人でした。


川島なお美
(かわしま なおみ、1960年11月10日 - 2015年9月24日)

Dj_2

女子大生タレントの先駆け
川島さんは青山学院大学在学中の1979年に歌手としてレコードデビュー、
テレビバラエティやラジオ番組のアシスタントなどもしていましたが、
注目されたのは1981年10月、文化放送の深夜番組『ミスDJ リクエストパレード』に出演してからです。

ミスDJ リクエストパレード
ラジオの深夜放送といえば、ニッポン放送『オールナイトニッポン』、TBS『パックインミュージック』
そして文化放送の『セイヤング』が長く三強でした。
しかし、80年代を迎え、時代の波に押されるようにして『セイヤング』が終了。
女子大生をDJに起用した『ミスDJ リクエストパレード』がスタートし、
初代パーソナリティーの1人に抜擢された川島さんが人気を集めたのです。
頭も良さ、おしゃべりの上手さに加え、その愛くるしい笑顔でテレビでの仕事も増えていきます。

やがて1983年にはフジテレビで『オールナイトフジ』がスタート。
川島さんは出演していませんが、この番組で女子大生ブームに拍車がかかったこともあり、
川島さんは女子大生タレントの元祖、先駆けなどと呼ばれるようになりました。

元々、大学に通っている俳優、タレントの人はたくさんいましたが、
川島さんの場合は、「女子大生がDJ、タレントをやっている」というイメージが新鮮だったのです。
ただ、「元祖」といっても「女子大生タレント」というような人達がその後も現れ続けたかというと、
あまり思い浮かびませんが。


お笑いマンガ道場
ミスDJ以降、80年代の川島さんの代表作といえばこの番組。
1982年から89年まで出演しました。

01


この番組は、回答者が漫画を描きながら進める大喜利のようなものです。
笑点でも回答者に絵を描かせる問題がありますが、この番組は常にそれがテーマでした。
だから、回答者は絵が上手く、またお笑いのセンスがないと務まらないのですが、
川島さんはこの両方が備わっていることを実証しました。

ただ、この時代の川島さんはこれ以外にさほど目立った活躍はありません。
元々女優志望だったことを後年明らかにしており、女優業も始めてはいました。
後のワイン好きのイメージからバブリーな印象もありますが、
実際のバブル時代の80年代後半から90年代初頭にかけては、トレンディドラマへの出演もなく、
時代劇や刑事ドラマのゲスト、2時間ドラマへの出演が散見される程度です。


ヘアヌード写真集『WOMAN』
1993年、33歳になる川島さんが次に注目を集めたのが、
大胆に裸身を披露した写真集『WOMAN』でした。

02_503_304_3


これは著名女性タレントによるヘアヌードの元祖とまではいえませんが、
話題になった先駆けの1人ではあるでしょう。
ただそれよりも、川島さんが目立ったのは積極的にメディアに出て写真集について語ったことにあります。
元々頭のよい人で、このセルフプロデュースに長けていたことがこの人の特徴といえるでしょう。

これによって川島さんは女子大生タレントのイメージを払拭し、
吹っ切れていて少し奔放な大人の女、セクシーな印象も加わりました。
女優としての仕事の幅も広がり、やがてヒットドラマ『失楽園』(1997年)のヒロインへと繋がっていきます。

Photo

原作者の渡辺淳一氏との不倫まで話題になりました。
ヌード写真集をキャリアアップに繋げた顕著な例といえるでしょう。


ワイン好きタレント
川島なお美さんといえばワイン。
一般的にはこのイメージが強いかも知れませんね。

01_2

ワイン人気の高まりに合わせて1990年代終盤から。
ワイン好きタレントとしては、まさに先駆け・元祖といえるでしょう。
もちろん、ワインが好きで詳しい芸能人・著名人はいくらでもいたでしょうが、
それを積極的にアピールした人という意味では。

「私の血はワインでできている」
この名台詞は、今となると少し痛々しい気もしますが。


そしてペット好きタレントの元祖といえるかも知れません。
愛犬「シナモン」の名前もよく知られていました。

Photo_2


近年はソムリエではなく、パティシエの男性と結婚して話題に。
一方でミュージカルなどの舞台にも精力的に出演していたのですが、
昨年から闘病も伝えられ、この9月にマスコミの前に登場した際も痩せ過ぎが心配されていました。


まさに駆け抜けた54年。
いつも話題の先端にいたような印象があります。
自己プロデュースに優れていたのは間違いありませんが、
例えばワインにしても、しっかり知識を身につけ、それを言葉で伝えられる強さがありました。

時流に媚びているように感じるかも知れません。
しかし、実は21歳の頃の映像に「私、ワインが大好きなんです。」との発言が残っています。
ワインタレントとして名を馳せる15年ほど前。バブル期にボジョレー・ヌーヴォーで輸入ワインが注目される更に前です。
流行り物に飛び付いたわけではなかったのですね。
ワインについては、時代が彼女に追いついたと言っていいでしょう。

謹んで哀悼の意を表し、追悼文を記させていただきました。
Old Fashioned Club  月野景史
 

以下、朝日新聞デジタルより引用
http://www.asahi.com/and_M/interest/entertainment/Cfettp01509240066.html
☆☆☆
女優川島なお美(かわしま・なおみ)さん(本名・鎧塚なお美)が24日、胆管がんのため、都内の病院で死去した。54歳だった。

所属の太田プロダクションがマスコミ各社に書面で発表し、「ここに川島なお美の生前に賜りましたファンの皆様からの励ましのご声援、関係各位のご厚情に対し深謝いたしますとともに、謹んでご通知申し上げます。通夜、告別式の日程に関しましては、おってお知らせさせていただきます」としている。

川島さんは青学大在学中に芸能界入りした。ラジオ番組のDJを務め、「女子大生DJ」として話題になった。82年、日本テレビ系「お笑いマンガ道場」のレギュラーに起用され、車だん吉との「だん吉・なお美のおまけコーナー」が人気になった。

93年にはヘアヌード写真集「WOMAN」が大きな話題に。テレビのバラエティー番組「お笑いマンガ道場」に出演したほか、97年には渡辺淳一さん原作のドラマ「失楽園」で不倫関係に陥るヒロインをヌードを辞さない体当たりで演じ、話題となった。他の出演作に映画「鍵」、ミュージカル「フットルース」など。

ワイン好きで知られ「私の血にはワインが流れている」などの発言で話題に。広島国際学院大客員教授も務めた。

私生活では、2009年にパティシエの鎧塚俊彦氏(49)と結婚した。10年に鎧塚氏が左目に網膜中心静脈閉塞症を患い、視力がほとんど失われていることを公表。川島さんは「私生活では私が彼の左目になります」と、献身的な愛を見せ、話題になった。
★★★

« 【美術展】「シスレー展」練馬区立美術館 9月20日開幕/印象派を代表する風景画家 | トップページ | 【ドラマ】 『相棒14』 『科捜研の女15』 共に正念場 まもなくスタート »

37.芸能 テレビ バラエティ 」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562700/62356122

この記事へのトラックバック一覧です: 【訃報】川島なお美さん死去/女子大生タレント ミスDJ ヘアヌード 失楽園 ワイン 愛犬家 話題の先端を駆け抜けた女性:

« 【美術展】「シスレー展」練馬区立美術館 9月20日開幕/印象派を代表する風景画家 | トップページ | 【ドラマ】 『相棒14』 『科捜研の女15』 共に正念場 まもなくスタート »

フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ