« 【美術展】「フェルディナント・ホドラー展」国立西洋美術館/スイス世紀末異才の“リズム”にふれる | トップページ | 【相棒13】2015元日スペシャル「ストレイシープ」/冒頭からの展開は良かったが…。 »

2014年11月29日 (土)

【人形劇】『シャーロックホームズ』三谷幸喜脚本/なかなか面白い学園ホームズ

NHK Eテレで放送中の人形劇『シャーロックホームズ』。
これがなかなかおもしろいです
http://www.nhk.or.jp/sh15/

Photo

「Eテレ」といわれても解り難いですが、つまりNHK教育テレビのことです。
NHKの人形劇ドラマといえば、古くは『ひょっこりひょうたん島』から、
『新八犬伝』『プリンプリン物語』など、数多くの名作を生み出してきました。
個人的には『ネコジャラ市の11人』の名も挙げておきます。

本作もその系譜にあたると言っていいでしょうが、
まずなんといっても題材を世界的人気キャラクターである
シャーロック・ホームズとジョン・H・ワトソンに求めたことが特筆されています。

そして、人形劇化にあたり、脚本がかの三谷幸喜氏。
超有名脚本家! NHKでは2016年の大河ドラマ『真田丸(堺雅人主演)の脚本も決定しています。


19世紀末、サー・アーサー・コナン・ドイルが生み出した世界一有名な私立探偵シャーロック・ホームズと、
その友人で助手、そしてホームズの活躍の記録係も務めるジョン・H・ワトスン医師。
生誕から100年以上を経過してもテレビに映画なと活躍を続ける二人。

その二人と三谷氏とのコラボとは、話題性が強すぎて鼻につくくらいですが、
これが三谷氏の強い個性を感じさせ過ぎず、良い感じに出来上がっているのです。


設定(公式サイトより)
舞台はロンドン郊外にある全寮制の名門校・ビートン校。
この学校にオーストラリアから一人の少年が転校してくる。
彼の名はジョン・H・ワトソン。正義感が強く心優しい少年だ。

ワトソンは寮の221Bの部屋で、問題児と呼ばれる少年と同室になる。
彼の名はシャーロック・ホームズ。クールで人を寄せ付けない雰囲気を持つ少年だが、
ワトソンを一目見るなり、彼の経歴を言い当てるなど卓越した観察眼と洞察力の持ち主だった。

やがて二人は学校内で起こる「奇妙な事件」に巻き込まれていく。
ホームズは持ち前の推理力を発揮し、事件の背後にある謎を解き明かしていく・・・。


つまり、この人形劇ドラマではホームズとワトソンを寄宿学校生にして、
その他、原作に登場する人物もすべて学校関係者として描いていくのです。
当然ながら、殺人事件は起こりません。
大幅な脚色がなされているのですが、うまい感じにいってると思います。
クラシカルの雰囲気、画家井上文太氏デザインのパペットも魅力的。
タイトルは「シャーロック」と「ホームズ」の間に「・」(ナカグロ)がないのが特徴です。

既に、今年の3月と8月に試験的に放送がされているのですが、
この10月から本格放送が始まりました。
来年の2月まで全18話が放送予定。
是非一度、視聴を薦めます。

Old Fashioned Club  月野景史


放送予定・概要は以下の通り。

シャーロックホームズ
2014年10月12日~2015年2月15日
毎週日曜日 17:30 Eテレ   
再放送 毎週金曜日 0:00(木曜深夜) Eテレ

第1回  10月12日最初の冒険 前編
第2回  10月19日最初の冒険 後編
第3回  10月26日困った校長先生の冒険
第4回  11月2日消えたボーイフレンドの冒険
第5回  11月9日赤毛クラブの冒険
第6回  11月16日生真面目な証人の冒険
第7回  11月23日イヌ語通訳の冒険
第8回  11月30日愉快な四人組の冒険 前編
第9回  12月7日愉快な四人組の冒険 後編
第10回 12月14日失礼な似顔絵の冒険
第11回 12月21日まだらの紐の冒険
第12回 1月4日バスカーヴィル君と犬の冒険 前編
第13回 1月11日バスカーヴィル君と犬の冒険 後編
第14回 1月18日百匹のおたまじゃくしの冒険
第15回 1月25日青いシロクマの冒険
第16回 2月1日ダグラスさんのお屋敷の冒険
第17回 2月8日本当に困った校長先生の冒険
第18回 2月15日最後の冒険

シャーロック ホームズ
人並みはずれた観察眼と洞察力をもつ15歳。ナイーブな性格。友達は少なく、学校では変わり者として知られる。持ち前の推理力を生かし、ワトソンとともに校内で起こる奇妙な事件を次々に解決していく。
声:山寺宏一

ジョン・H・ワトソン
ビートン校の転入生。ベイカー寮の221Bでホームズと同室になる。心優しく献身的な性格の15歳。元ラグビー部だったが怪我のために引退。ホームズと出会い、彼が解決した事件の記事を学校新聞に執筆することになる。
声:高木渉

ハドソン夫人
ベイカー寮の寮母さん。気のいい世話好きな女性。歌とともに登場し、いつも自慢のお手製クッキーを生徒たちに配っている。ホームズのことを特に可愛がっており、学園内で唯一、彼のことを「シャーロック」と呼んでいる。
声:堀内敬子

« 【美術展】「フェルディナント・ホドラー展」国立西洋美術館/スイス世紀末異才の“リズム”にふれる | トップページ | 【相棒13】2015元日スペシャル「ストレイシープ」/冒頭からの展開は良かったが…。 »

21.俳優 映画 演劇」カテゴリの記事

33.ミステリ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562700/60739484

この記事へのトラックバック一覧です: 【人形劇】『シャーロックホームズ』三谷幸喜脚本/なかなか面白い学園ホームズ:

« 【美術展】「フェルディナント・ホドラー展」国立西洋美術館/スイス世紀末異才の“リズム”にふれる | トップページ | 【相棒13】2015元日スペシャル「ストレイシープ」/冒頭からの展開は良かったが…。 »

フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ