« 【芸能】林家木久扇『笑点』復帰/50周年に向け健在示す | トップページ | 【訃報】オックス・ベーカー死去/昭和プロレス伝説の悪役レスラー逝く »

2014年10月20日 (月)

※推奨【美術展】「夢見るフランス絵画」Bunkamuraザ・ミュージアム/至高の国内コレクション ヴラマンク、ユトリロ、キスリングが秀逸

渋谷文化村のBunkamuraザ・ミュージアムにて12月14日まで、
「夢見るフランス絵画 印象派からエコール・ド・パリへ」展が開催中です。
この展覧会は良かったです。会期も始まったばかり、お薦めします。


Photo

夢見るフランス絵画 印象派からエコール・ド・パリへ
2014年10月18(土)-12月14日(日)
Bunkamuraザ・ミュージアム

主催:Bunkamura、毎日新聞社
http://yumemiru2014.jp/
※巡回展
【兵庫展】兵庫県立美術館 2014/4/12(土)-6/1(日)[終了]
【北海道展】北海道立近代美術館 2015/6/27(土)-8/23(日)


日本の個人蒐集家のコレクション
本展出品作の時代・地域構成は、タイトルにもあるように、印象派からエコール・ド・パリへの時代、
つまり19世紀終盤から、20世紀前半のフランス絵画です。
エコール・ド・パリ画家達の後年の作品も含まれるので、一部20世紀後半の作品もあります。

それよりも、今回の展示作はどこのコレクションなのか?
その説明が大変乏しいのですが、以下のような記載があります。

「日本の個人コレクションで構成される本展」

“日本人”とは書いてないので断言しませんが、
日本国内の個人コレクションからの出品なのです。
蒐集者の詳細等は明らかにされていません。


展示構成
第1章 印象派とその周辺の画家たち
第2章 革新的で伝統的な画家たち
第3章 エコール・ド・パリの画家たち


サブタイトルからもまず「印象派」の文字が目立ちますし、
人気があるから謳い文句にしたいのでしょうが、印象派絵画の展示はさほど多くはありません。

チラシや公式サイトを見ても、印象派のモネとルノワールが二枚看板で、
他もセザンヌ、印象派以降だとシャガ―ルや最近注目度の高いデュフィら、
知名度の高い画家の作品がアピールされています。

たしかに、モネやルノワールの素晴らしい作品も展示されていますが、
それ以上によかったのが、知名度ではやや劣る、ヴラマンク、ユトリロ、キスリングらでした。
とりあえず、彼らの作品画像が公開されてないので紹介できませんが、
是非推奨したい展覧会です。

しかし、宣伝の仕方があまり良くない。
コレクションの持ち主について、言及できないのでしょうけど、
もっと有名画家により描かれた、展覧機会のなかった至高の作品群だとアピールできないものでしょうか?

「夢見るフランス絵画」というタイトルも、
大した展示作がないのを誤魔化しているような印象を与えてしまい、
あまり感心しません。


ヴラマンクの迫力溢れる青、
ユトリロのイメージとはやや異なる明るい街並、
そして、少女マンガのような瞳の女性像でしられるキスリングの圧倒的な美の静物画。

個人コレクションですから、当然蒐集者の好みが作品に反映される筈です。
個人コレクション展を鑑賞する場合、蒐集者と嗜好が合えば、楽しい展覧会になるのですが、
今回は私にとって、ピッタリはまったようです。

会期もたっぷりありますし、是非鑑賞をお薦めします。
Old Fashioned Club  月野景史

« 【芸能】林家木久扇『笑点』復帰/50周年に向け健在示す | トップページ | 【訃報】オックス・ベーカー死去/昭和プロレス伝説の悪役レスラー逝く »

01.Art 美術 (展覧会)」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562700/60515982

この記事へのトラックバック一覧です: ※推奨【美術展】「夢見るフランス絵画」Bunkamuraザ・ミュージアム/至高の国内コレクション ヴラマンク、ユトリロ、キスリングが秀逸:

« 【芸能】林家木久扇『笑点』復帰/50周年に向け健在示す | トップページ | 【訃報】オックス・ベーカー死去/昭和プロレス伝説の悪役レスラー逝く »

フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ