« 【昭和プロレス】ビル・ロビンソン死去/国際、新日、全日。日本で大きな足跡を残した英国人レスラー | トップページ | ミュージックステーション 春の名曲ランキング60/『春一番』が入ってないとは・・・。 »

2014年3月17日 (月)

【訃報】宇津井健氏死去/『ザ・ガードマン』映画スターからTVドラマの大スターへ

俳優の宇津井健さんが、3月14日に死去しました。82歳。
また昭和の名優が亡くなりました。
http://mainichi.jp/select/news/20140315k0000m040105000c.html

_002
宇津井 健
(うつい けん、1931年10月24日 - 2014年3月14日)

東京府東京市深川区(現在の東京都江東区)出身。

宇津井さんは、戦後の日本映画黄金期の主演スターであり、
その後、テレビドラマの時代になり、映画時代以上の大スターとなった人です。
これは、宇津井さんの年代で、特に現代劇中心の俳優としては、比較的珍しい例です。


新東宝の映画スター

大学在学中の1952年(昭和27年)に俳優座養成所に第4期生として入団。
1953年に新東宝映画『思春の泉』で映画初主演を飾り、
翌1954年に新東宝に入社、若手主演スターとして活躍します。

ただ、この昭和20年代半ばから30年代後半までの日本映画黄金期には
各社が大量の劇場用映画を制作していました。
その中で、宇津井さんは大スターといえるかまでは、やや微妙なポジションでした。

それは宇津井氏が所属していた新東宝映画の事情にもよります。
戦後発足したこの会社は、当初はともかく、次第にエログロのB級路線を強めていきました。
そして、映画人気にも陰りが見え出した1961年、
まだ各社は多くの映画を作っていましたが、新東宝は倒産してしまいます。

所属俳優達は各社に分散します。
丹波哲郎、天知茂、菅原文太、若山富三郎、高島忠夫、
倒産より前に他社に移籍していた人もいますが、
結構ビッグネームが所属していたのです。

宇津井さんは大映に移籍します。
主役から脇役までこなす中、映画はいよいよ斜陽を迎え、
テレビドラマの時代がせまってきました。


テレビドラマの大スターへ
昭和40年代、いよいよ本格的なテレビドラマの時代を迎えます。
新しいメディアには新しいスター達が登場する中、
昭和30年代の映画スター達は、無論TVでも主役を張る人もいましたが、
多くは脇役に回り、消えていった人達も少なくはありません。
その昭和40年(1965年)、宇津井さんはこのドラマに出会います。

Photo_2

『ザ・ガードマン』
(初期のみ『東京警備指令 ザ・ガードマン』)
1965年4月9日 - 1971年12月24日(全350回)
制作 大映テレビ室、TBS


延べ6年9ヶ月に渡り放送され、最高視聴率40.5%。
日本テレビ史を代表する人気ドラマ。

「ザ・カードマンとは、警備と保障を業務にし、大都会に渦巻く犯罪に敢然と立ち向かう、勇敢な男たちの物語である」
「昼は人々の生活を守り、夜は人々の眠りを安らぐ。自由と責任の名において、日夜活躍する名もなき男たち…。
それは、ザ・ガードマン」
(オープニングナレーションより)


勇壮なテーマ曲のオープニングも人気でした。

事件捜査物ドラマですが、主人公達は民間の警備業「東京パトロール」の社員。
ですから、刑事ドラマとも、探偵ドラマとも言い難いですね。

宇津井さんはこのドラマで、個性溢れるメンバー達を統率し、
自らも果敢に行動するポジティブなリーダー、
高倉隊長(キャップ)を演じ、いわば「お茶の間の顔」となりました。
温厚で優しく、頼りがいがあり、根は熱血漢、そんなイメージが定着しました。

私はこの『ザ・カードマン』と、後発の以下2本、
『キイハンター』(1968年-1973年 東映 TBS)、
『プレイガール』(1969年-1974年 東映 東京12チャンネル)

昭和40年代の非刑事物の捜査ドラマベスト3と位置付けています。
『キイハンター』は国際警察なので、民間ではないですが。
高度成長期のパワーと、70年安保後の混迷、冷戦時代の世界情勢、
時代を色濃く反映したドラマ達でした。


『ザ・ガードマン』以降
その後の宇津井さんは、山口百恵さんと主に父親役で共演した「赤い」シリーズや
1988年から1995年まで7シリーズ制作された『さすらい刑事 旅情編』などにも出演、
やはり、テレビを中心に安定した活動を続け、
老境に差し掛かった2000年以降も、よく顔を見かけました。


ちょっと珍しい映像です。


番組終了から20年近く経った1990年、メンバーが再結集した
サントリーウイスキーソーダのCMです。
もう1本あります。


どちらが先だったか、ちょっと定かではありません。

「ウイスキーソーダ」、今でいう「ハイボール」ですね。
といっても、「ハイボール」は古くからの呼び方で、この1990年当時は死語に近かったのですが。



宇津井さんは2006年4月より人気ドラマ『渡る世間は鬼ばかり』第8シリーズで、
藤岡琢也氏に代わり、岡倉大吉を演じました。

亡くなる間際まで現役でしたね。
謹んで哀悼の意を表します。


Old Fashioned Club  月野景史

« 【昭和プロレス】ビル・ロビンソン死去/国際、新日、全日。日本で大きな足跡を残した英国人レスラー | トップページ | ミュージックステーション 春の名曲ランキング60/『春一番』が入ってないとは・・・。 »

21.俳優 映画 演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562700/59335832

この記事へのトラックバック一覧です: 【訃報】宇津井健氏死去/『ザ・ガードマン』映画スターからTVドラマの大スターへ:

« 【昭和プロレス】ビル・ロビンソン死去/国際、新日、全日。日本で大きな足跡を残した英国人レスラー | トップページ | ミュージックステーション 春の名曲ランキング60/『春一番』が入ってないとは・・・。 »

フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ