« 【昭和プロレス】『Gスピリッツ Vol.31』は旗揚げ60周年記念 日本プロレス特集 | トップページ | 上智の桜 2014 »

2014年3月31日 (月)

【ドラマ】『相棒12』終了 視聴率は前期より1%UPの17.4% /4月には劇場版Ⅲ公開

テレビ朝日系人気ドラマシリーズの第12シーズンとなる『相棒12』。
3月19日放送の第19話「プロテクト」をもって終了しました。
しかし、今期は4月に映画版第三弾となる
『相棒 -劇場版III- 巨大密室! 特命係 絶海の孤島へ』の公開を控えており、
まだ完全に終わったという気はしません。


さて、“三代目相棒”甲斐享役の成宮寛貴さん就任二期目となる、
「シーズン12」の平均視聴率は17.4%
今期は「シーズン6」以来の一度も20%越えなしとなりましたが、
最終話を含む三度の長時間スペシャルがいずれも19%台後半を記録、
前期の17.3%を僅かながら上回り、
過去12シーズン中でも第4位の、充分合格点といえる数字でした。

平均20.4%を記録した「シーズン9」にはだいぶ及びませんが、
この期は前後のシーズンに比べても比べても図抜けており、例外的で、
今期も国民的ドラマの面目をしっかり保ったというところでしょう。


「シーズン12」も全19話を12人の脚本家が執筆しており、
バラエティに富んだ内容でした。
総じて、水谷豊さん演じる杉下右京と、カイトこと甲斐亨の親密ぶりが目立ったように思います。
過去の相棒、初代の亀山薫(寺脇康文)、二代目の神戸尊(及川光博)と比べて、
右京はカイトに対しては、あまりシニカルな物言いをしないからでしょう。

これは、基本的に左遷の形で特命係に来た亀山や神戸と違い、
カイトは右京自身がスカウトしたという設定の違いがあるので、当然といえば当然です。
右京とカイトの意見や見解がぴったり合うようなシーンも、
過去の相棒達の時と比べると、多いようにも感じました。

そんな右京とカイトを、シャーロック・ホームズとワトソン(ワトスン)医師に
例えたエピソードもありましたね。

ただ、ホームズとワトソンの関係は、
ホームズの常人離れした洞察力や発想を、
常識人のワトソンとの対比で引き立たせる、という面があるので、
その点では、カイトよりも亀山や神戸との方が、ホームズ&ワトソンに近いのですが。
また、右京とカイトが別行動を取る展開も多かったですね。


さて「シーズン13」は・・・、
その前に劇場版3ですね。

実は、広義における『相棒』シリーズの劇場版は過去に4本あるのですが、
そのうちの2本はスピンオフ作品なので、正編としての劇場版は3本目です。
公開は4月26日の予定。


Photo_4
相棒 -劇場版III- 巨大密室! 特命係 絶海の孤島へ
公開 2014年4月26日
出演者 水谷豊 成宮寛貴 伊原剛志 釈由美子 及川光博 石坂浩二
監督 和泉聖治
脚本 輿水泰弘
音楽 池頼広
配給 東映
製作 相棒-劇場版III-」パートナーズ(テレビ朝日、東映、トライサム、小学館、朝日放送、メ~テレ、木下グループ、北海道テレビ放送、広島ホームテレビ、九州朝日放送、トップコート)
http://www.aibou-movie.jp/


Old Fashioned Club  月野景史

« 【昭和プロレス】『Gスピリッツ Vol.31』は旗揚げ60周年記念 日本プロレス特集 | トップページ | 上智の桜 2014 »

11.【特集】『相棒』」カテゴリの記事

21.俳優 映画 演劇」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562700/59388045

この記事へのトラックバック一覧です: 【ドラマ】『相棒12』終了 視聴率は前期より1%UPの17.4% /4月には劇場版Ⅲ公開:

« 【昭和プロレス】『Gスピリッツ Vol.31』は旗揚げ60周年記念 日本プロレス特集 | トップページ | 上智の桜 2014 »

フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ