« 【ドラマ】『相棒12』元旦スペシャルで内村刑事部長(片桐竜次)殉職!?/今回での降板はないと思うが | トップページ | 【ドラマ】『相棒12』 2014元日スペシャル「ボマー 」/刑事部長は無事 おもしかったが課題も…。 »

2014年1月 1日 (水)

【美術展】「三菱一号館美術館名品選2013―近代への眼差し 印象派と世紀末美術」/本格的の所蔵作品展

東京丸の内の三菱一号館美術館では1月5日まで、
「三菱一号館美術館名品選2013―近代への眼差し 印象派と世紀末美術―」展が開催中です。
元旦は休館なので、会期も2日から5日までの四日間です。

Photo
三菱一号館美術館名品選2013―近代への眼差し 印象派と世紀末美術―
2013年10月5日(土) - 2014年1月5日(日)
会場 三菱一号館美術館(東京・丸の内)
主催 三菱一号館美術館、テレビ朝日


2010年4月に開館した三菱一号館美術館。
その後は毎年3回あまりのペースで展覧会を開催されてきました。
都心の美術館として、新しいけれど伝統を感じさせるスペースとして、
美術ファンには人気も定着しています。

同館では今まで、展覧会のテーマに合わせて、所蔵作品の展示も試みられてきました。
今回は「三菱一号館美術館名品選2013」のタイトルからもわかる通り、
初めてといっていい、本格的な所蔵作品展です。

本展の主旨を公式サイトより引用して紹介します。

☆☆☆
ルノワール、モネら印象派。そしてルドン、トゥールーズ=ロートレック、ヴァロットン。19世紀から20世紀初頭にかけて、フランス・パリを中心に、互いに刺激し合い、影響し合った画家たち――。
この時代は、ヨーロッパの美術家たちが新しい表現を模索し、生み出していった、美術史上もっとも豊穣な時代のひとつであり、大きな変革期でもあります。 本展では、当館のコレクションの中から、その後の芸術に大きな影響を与えた29人の美術家たちが紡ぎ出した、夢と理想、自由の輝きに満ち溢れた作品群を展示します。収蔵後初公開を含む149点の選りすぐりの名品をご堪能ください。
★★★

タイトルには「印象派と世紀末美術」とあります。
ここでいう「世紀末」とは、もちろん19世紀末のこと。
「印象派」という言葉が生まれたのも、19世紀も終盤に差し掛かった1870年代なので、
「印象派」と「世紀末美術」はほぼ同時代と言っていいでしょう。

ただ、世紀末美術を作品のタイプとして定義するのは難しい面もあります。
イメージとしては、象徴性、耽美・退廃といったところでしょうか。
印象派とはイメージが違います。

美術・絵画の分野も変革の時代、混沌の中で様々な作品が生まれました。
未見の方は、2014年の展覧会初めとして、チェックしてみてください。


Old Fashioned Club  月野景史

« 【ドラマ】『相棒12』元旦スペシャルで内村刑事部長(片桐竜次)殉職!?/今回での降板はないと思うが | トップページ | 【ドラマ】『相棒12』 2014元日スペシャル「ボマー 」/刑事部長は無事 おもしかったが課題も…。 »

01.Art 美術 (展覧会)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562700/58853028

この記事へのトラックバック一覧です: 【美術展】「三菱一号館美術館名品選2013―近代への眼差し 印象派と世紀末美術」/本格的の所蔵作品展:

« 【ドラマ】『相棒12』元旦スペシャルで内村刑事部長(片桐竜次)殉職!?/今回での降板はないと思うが | トップページ | 【ドラマ】『相棒12』 2014元日スペシャル「ボマー 」/刑事部長は無事 おもしかったが課題も…。 »

フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ