« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月29日 (水)

【訃報】声優永井一郎氏死去/『サザエさん』波平役45年目 生涯現役を貫く

『サザエさん』の磯野波平役で知られる声優、永井一郎さんが1月27日に死去しました。82歳

Photo
所属プロのプロフィールより


『サザエさん』 『ドラえもん』 『ルパン三世』
漫画・アニメ大国日本を代表する長寿アニメ。

「アニメの主人公は年を取らないからいいですね。」
これ、はるか昔のサザエさんのセリフなのですが、
30年、40年続くと、声優さんの年齢問題も避けて通れません。
このブログでも何度か取り上げてきました。

実際、『ドラえもん』と『ルパン』は今世紀に入り、大幅な交代がありました。
http://oldfashioned.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/post-ec90.html

しかし、最古参の『サザエさん』は1969年のスタート以来今年で45年目、
磯野家・フグ田家の主要レギュラー7人のうち、4人が変更なしという驚異の状況を守っていたのです。
http://oldfashioned.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/1970-6c5d.html

ですが、残念ながら今回、その一角が崩れてしまいました。

『サザエさん』では、過去に長く二代目カツオ役を務めた高橋和枝さんが亡くなっています。
ただ、高橋さんは既に病気で降板した後のことでした。
現役のまま亡くなるのは、『サザエさん』の主要レギュラーでは初めてです。

スタート以来のレギュラー他の3人はサザエ役の加藤みどりさん、
フネ役の麻生美代子さん、タラちゃん役の貴家堂子さん。
他の3人と比べても、永井さんは最近もテレビ番組のナレーションなどで
声を聴くことが多かったように思います。
実際、亡くなったのも仕事で行った広島のホテルでとのこと。
素顔も若々しくてダンディでした。
まさに生涯現役を貫いた形となりました。

しかし、番組は大変です。
2月9放送分までは収録済みとのことですが、悲しむ間もなく後任を決めねばなりません。
ここは拙速にならず、当面は波平抜きで番組作りも不可能ではないのだから、
じっくり決めてほしいと思います。


永井 一郎
(ながい いちろう、1931年5月10日 - 2014年1月27日)

改めて思うと、『ザザエさん』スタート時、永井さんはは38歳。
50歳年配の波平の声役としては、かなり若かったのですね。

ほぼ同時代のに演じた『ど根性ガエル』町田先生も50代半ばの役柄。
若い頃から、初老以上の男性役を得意としていたのでしょう。

そして、波平や町田先生ではわかりませんが、
この人は大阪出身で、コテコテの関西弁も得意でした。
『さるとびエッちゃん』のブク(犬)などが思い浮かびます。

されにしても、永井さん以外の声優・俳優による波平・・・、
ちょっと想像がつきません。

しかし、アニメ大国日本は声優さんの層も厚い。
永井さんを引き継ぐ立派な後任もきっと決まるでしょう。
しかし、永井さんの波平はあまりに永く、なじみになり過ぎました。
しばらくは、喪失感を抑えきれないでしょう。

改めて、謹んで哀悼の意を表します。


Old Fashioned Club  月野景史


以下、毎日新聞ニュースより引用
☆☆☆
訃報:永井一郎さん82歳=声優、サザエさんの波平の声も
毎日新聞 2014年01月27日 19時21分(最終更新 01月28日 00時31分)

アニメ「サザエさん」の磯野波平の声などで知られる声優の永井一郎(ながい・いちろう)さんが27日、広島市のホテルで倒れているのが見つかり、同日死去した。82歳だった。
広島県警によると、27日正午過ぎ、広島市中区のホテルで、従業員が浴室内に倒れている永井さんを見つけ、119番通報した。永井さんは病院に搬送されたが、死亡が確認された。26日に中国放送での仕事を終え、チェックイン。27日に帰宅のため、チェックアウトする予定だった。目立った外傷はない。永井さんの所属事務所によると、死因は心不全。葬儀の日程などは未定。

永井さんは大阪府出身で、京大文学部卒。「ゲゲゲの鬼太郎」の子泣き爺(じじい)、「じゃりン子チエ」の小鉄、「YAWARA!」の猪熊滋悟郎(いのくま・じごろう)、「うる星やつら」の錯乱坊(さくらんぼう)役のほか、「機動戦士ガンダム」のナレーションなど数多くの人気アニメを担当した。また、「スター・ウォーズ」シリーズのヨーダ役など洋画の吹き替えやテレビ番組のナレーションも務め、幅広い年代のファンに親しまれた。著書に「バカモン!波平、ニッポンを叱る」などがある。
★★★

2014年1月10日 (金)

細川氏が都知事選に!? 何を今さら! ・・・・でも、舛添氏よりはまぁ・・

細川さんが東京都知事選に?
何を今さら!

脱原発?
それはいいけど、都知事選でそれを言われてもなぁ・・・・

でも・・、舛添さんに入れるよりはいいかなぁ・・・。


こんなふうに考える人は、意外と多いかも知れません。


細川護煕元首相、日本国内閣総理大臣・・・。
1993年、国民の大きな期待を集めて発足した細川連立政権は僅か九ヶ月ほどで崩壊。
その後の政治家人生は尻すぼみ、1998年に60歳で政界引退。

以来足かけ16年、まもなく76歳になる現在まで表舞台から退いていた爺さんが、
今さら首都東京の知事選に出馬。
しかも唯一の主張は脱原発?
東京に原子力発電所があるか? 建設計画はあるのか?

が、しかし、意中の候補者がいない選挙は消去法。
棄権が嫌なら、誰かを選ばねばならない。

原発なにがなんでも推進派、なんていう人は少数派だろう。
積極的にしろ消極的にしろ、大多数の都民も国民も、
生活に大きな支障でもない限り、できれば脱原発が望ましいと思っている。
「脱原発絶対反対」などという人間は少ない。
つまりは、脱原発派の知事など絶対阻止! などという人は少ないということ。

もちろん、都知事選で脱原発だけいわれても困るが、
考えてみれば細川氏は元熊本県知事(1983年-91年 2期)
行政経験の乏しい、あるいは皆無の元学者・弁護士・自衛官・発明家等の方々と比べれば、
少なくとも経験値では図抜けている。

対抗は舛添要一氏だろうが、
この方は自由民主党が野党時代に離脱し、除名処分になっている。
そして、新党で党首となるも何もできず、議員引退。
リーダーとしての資質をまったく示せなかった人。
まぁ、その人を推薦しようとする自民党も自民党だが。

もうひとつ、今の安部政権は明確な保守志向で、それは国民も概ね支持している。
だが・・・、支持はしているが、どこかに不安に感じている面もある。
外交に関係ない都知事なら、リベラル寄りの人間を選ぶのもバランスがよいかも知れない。

テレビで見る細川さん、年をとったな。当然だけど。
本当は、誰か他の人がいないものかと思う。
でも、今挙がっている顔ぶれだと、細川さん、強いかも。

---------------------------------
しかし、自民党も勝ちたいなら小泉氏でも出せばいいのに。
純一郎氏ではないよ。
息子の小泉進次郎氏ね。
絶対勝てるのに。

それで東京オリンピックまでやって、国政に戻るればいい。
原発へのスタンスで父親との距離感が微妙だが、実際は関係ない。
東京に原発はないのだから。


以下、MSN産経ニュースより引用
☆☆☆
細川元首相、出馬へ 来週、正式表明、小泉氏とも会談
2014.1.10 11:12

東京都の猪瀬直樹前知事の辞職に伴う都知事選(23日告示、2月9日投開票)で、細川護煕元首相(75)が立候補を決断したことが10日午前、複数の関係者への取材で分かった。来週、正式表明する。「脱原発」を主張する小泉純一郎元首相と週明けに会談し、支援を取り付けたい意向だ。

細川氏は10日、周辺に「出馬を決断する状況になった」と語り、都知事選出馬に向けた準備作業を本格化させる決意を明らかにした。細川氏は「脱原発」を争点に、幅広い支持を得たい意向とみられる。このため特定政党の推薦や支持を得ず、無所属で選挙戦を戦う方針だ。公約では「脱原発」や財政改革などを柱に訴える。細川氏は東日本大震災以降、脱原発の立場から発言を繰り返しており、年明けには、周辺に「東京都は東電の株式を多数保有している大株主だ。影響力は大きい」と話していた。

細川氏は昨年、小泉氏と会食し、エネルギー問題で意見交換、脱原発で一致した。都知事選でも、有権者の注目度が高く、脱原発の立場を取る小泉氏の協力を得たい考えで、来週にも小泉氏と会談し、支援を要請する。細川氏は熊本県知事を2期務めた後、日本新党を結成。平成5年8月から6年4月まで首相として非自民8党派による連立内閣を率いた。10年に還暦を区切りに政界を引退し、陶芸家として活動していた。

都知事選にはこれまでに、舛添要一元厚生労働相(65)や日弁連会前会長の宇都宮健児氏(67)、元航空幕僚長の田母神(たもがみ)俊雄氏(65)らが立候補の意思を表明している。
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140110/elc14011011150000-n1.htm
★★★

2014年1月 6日 (月)

【Bar】ピンク・レディーという名のカクテル

この美しい色のショートカクテルの名は「ピンク・レディー」といいます。

Dsc04432
渋谷 BAR AdoniS(バーアドニス)にて

ある年代以上の人が「ピンク・レディー」と聞けば、
誰もが1970年代後半に一大ブームを巻き起こし、
大袈裟ではなく時代を席巻した、あの超人気デュオを思い出すでしょう。
その彼女らと同名のカクテルです。
Photo

ところでこの名前、カクテルが先か、それとも歌手が先なのか?
これはカクテルの方が先です。
歌手のピンク・レディーのデビュー当時、
この名はカクテルからの命名だと聞いていましたから。

つまり、古くからあるスタンダードカクテルなのですが、
それにしては、今はあまり飲まれているようには思えません。
その理由はレシピ、というか材料にあります。

ドライ・ジン - 45 ml
グレナデン・シロップ - 20ml
(レモン・ジュース - 1tsp)
卵白(鶏卵) - 1個分

レモン・ジュースは本来は使わないものなのですが、
(使った場合は「クローバー・クラブ」という別のカクテルになる)
今はピンク・レディーをオーダーしても、レモンを使うことが多いようです。

しかし、問題はそこではなく、卵白の方です。
卵を使ったスタンダードカクテルもいくつかあるのですが、
総じて今は好まれません。
そもそも、卵を置いてないバーも多いのです。

加えて、グレナデン・シロップが、人工的な甘味・着色料なので、
今はあまり受けないという面もあるかも知れません。

実は、私も長年気になるカクテルだったのですが、今回初めて飲みました。
レモンを使わない、本来のピンク・レディーです。
不人気になってしまったカクテルだから、飲み難いかと思ったら、
意外なほど美味でした。
まぁ、このバーだからというのもあるのですが、
色も綺麗だし、もっと人気があってもいいように思いました、


歌手のピンク・レディー

ところで、「ピンク・レディー」と聞けば、
あのピンク・レディーを思い出して当たり前というのは、
ある年齢以上に限っての話ですね。
何歳くらいまででしょう?

歌手ピンク・レディーの活動期間は1976年-1981年。
ただ、全盛期は1977年-78年で、その後は残念ながら急激に人気は下降しました。。
全盛期はもう36-7年前。
ピンク・レディーは子どもにも人気がありましたが、
当時10歳前後だった子たちが、既に40代後半に差し掛かっています。
今のアラフォー以下の人たちは、ほとんど記憶はないでしょう。

もちろんピンク・レディーは今世紀になってからも復活し、
年齢を超越した驚異のパフォーマンスを魅せています。
ただ、それに感嘆するのは、リアルタイムを知っている世代でしょう。

ですから、アラフォー以下のバーテンダー氏と話して、
「あのピンク・レディーと同じ名前なんだよ!」と力説しても
知識として知っていても、実感は伝わりません。
残念ながら当り前ですね。

でも、甘くて、思ったほどクセのない、良いカクテルでしたよ。


Old Fashioned Club  月野景史

2014年1月 2日 (木)

【ドラマ】『相棒12』 2014元日スペシャル「ボマー 」/刑事部長は無事 おもしかったが課題も…。

テレビ朝日開局55周年記念として放送された『相棒12』 元日スペシャル
第10話「ボマー ~ 狙撃容疑者特命係・甲斐享を射殺せよ!」
前回のブログで予測したように、内村刑事部長(片桐竜次)の殉職は杞憂に終わりました。
これはさすがに今回はないだろうと思っていましたが。
http://www.tv-asahi.co.jp/aibou/story/0010/

視聴率は元日スぺシャルとしては過去最高の19.6%とのこと。
内容は賛否両論ですが、今回だけを見ればまずまずおもしろかったです。
一方で、今の『相棒』の課題を象徴するような面もありました。

しかし、それとは別に驚いたことがあります。
翌日の1月2日13時から「相棒祭り!新春5時間」として、過去の元日スペシャル2本が放送されました。
『相棒5』11話「バベルの塔~史上最悪のカウントダウン!爆破予告ホテルの罠」(2007年)
『相棒10』10話「ピエロ~オペラ公演中にバスジャック誘拐 道化師が微笑む夜に最悪の事件が始まる」(2012年)

実は今回の「ボマー」はこの2本を合わせたような内容なのです。
特に、「バベルの塔」とは、人質を取られて犯人からの指示により行動するという、
基本プロットが同じといっていいくらいですし、(今回は“人質”の形は変則でしたが)
「ピエロ」とは、当時の相棒役の神戸尊(及川光博)、
今回は甲斐亨(成宮寛貴)が冒頭から事件に巻き込まれ、
最後まで杉下右京(水谷豊)達警視庁側と別行動を取るという展開が同じです。

もちろん、長く続いているドラマですから、同じような話ができるのは仕方ない面もあります。
他にも、爆弾を体に巻き付けられて犯行を強要する、という手口も過去にありました。

しかし、元日スペシャルの翌日に、わざわざネタばらしのように
過去の元日スペシャルを放送するというのは・・・、ちょっと不思議でした。
なぜ・・・と考えても答えが出る筈もないし、この件はここまで。


今回のストーリーについて
大物ゲストの中村橋之助さん演じる公安部長が事件の黒幕という展開。
どうも、その下の公安部課長が盛んに右京や甲斐を敵視したような発言をするので、
その課長が黒幕だとミスリードしようとする制作側の意図が見え、
かえって橋之助さんが黒幕であることがわかり易かったです。

ただ、もしかしたらそうではなく、橋之助さんは右京の理解者として
今後セミレギュラー入りするのか? というようなことも一瞬考えましたが、
それにしては右京とのやりとりにメリハリがなかったですね。
その場合ならば最初はもっと強めに衝突して、
その後に理解を示す転換点が、もっとハッキリと描かれたでしょうから。

今回は脇役の刑事達にも短いながら見せ場が与えられましたね。
ひとつだけ、ネットでは勘違いしている人もいるようなので指摘しておきますが、
大木刑事(志水正義)が甲斐に投げられて拳銃奪われるのも、右京の筋書き通りの演技です。


課題
さて、視聴率も良かったことだし、万々歳のところでしょうが、
一方で現在の『相棒』の課題を象徴するような面がありました。

2012年から登場している三代目“相棒”の甲斐亨、通称カイト(成宮寛貴)について、
一部のファンからは、右京とのコンビに魅力が乏しいこと、
また、他のレギュラー陣とのやりとりがおもしろくない事が指摘されています。

この件については、実は私も同感です。
右京との関係については、チームワークは過去の“相棒”よりも良好なくらいです。
それ故に、おもしろくないとの見方がされる面もあります。
右京が、以前の二人に対してのような、シニカルな言い方をあまりしないのです。

また、相棒コンビと他のレギュラーとのやりとりの妙も『相棒』の大きな魅力なのですが。
今はそこが少し薄れているようにも感じます。

これは仕方ない面もあります。
第一に成宮さんと、水谷さんを含む他のレギュラーとの年齢が離れ過ぎていること。
出演の俳優の年齢については、このブログでも考察しています。(こちら
加えて、成宮さんは実年齢以上に若く見え過ぎですしね。

そして、カイトの設定にも無理があるように思えます。
(この件はまた改めて。)

つまり、現在の『相棒』シリーズにとって、カイトと右京や他の刑事・警官達との絡みを
いかにおもしろく魅せるかが課題だと思うのですが、
今回のスペシャルではそこを完全に避けてしまいました。

冒頭から事件に巻き込まれ、最後まで右京や他の刑事達とは別行動で、
自分より遥かに若い、高校生を“相棒”にして動いていたのですから。

もちろん、このような展開も過去にありますし、「逃げた」などとはいえません。
前述の「ピエロ」の神戸だって同じです。
ただ、この時はまだ公表こそされてなかったかと思いますが、神戸役の及川さんの降板直前で、
名コンビぶりをアピールする必要もなかった時期なのですが。


とりとめもなく感想を記しましたが、見所の多いスペシャルでした。
もちろん、無理・矛盾、引っかかる点も多々ありましたが、
『相棒』ではそれも珍しいことではないので。
シーズン12の残り三ヶ月、及び4月公開予定の『劇場版Ⅲ』にも期待しましょう。


Old Fashioned Club  月野景史

2014年1月 1日 (水)

【美術展】「三菱一号館美術館名品選2013―近代への眼差し 印象派と世紀末美術」/本格的の所蔵作品展

東京丸の内の三菱一号館美術館では1月5日まで、
「三菱一号館美術館名品選2013―近代への眼差し 印象派と世紀末美術―」展が開催中です。
元旦は休館なので、会期も2日から5日までの四日間です。

Photo
三菱一号館美術館名品選2013―近代への眼差し 印象派と世紀末美術―
2013年10月5日(土) - 2014年1月5日(日)
会場 三菱一号館美術館(東京・丸の内)
主催 三菱一号館美術館、テレビ朝日


2010年4月に開館した三菱一号館美術館。
その後は毎年3回あまりのペースで展覧会を開催されてきました。
都心の美術館として、新しいけれど伝統を感じさせるスペースとして、
美術ファンには人気も定着しています。

同館では今まで、展覧会のテーマに合わせて、所蔵作品の展示も試みられてきました。
今回は「三菱一号館美術館名品選2013」のタイトルからもわかる通り、
初めてといっていい、本格的な所蔵作品展です。

本展の主旨を公式サイトより引用して紹介します。

☆☆☆
ルノワール、モネら印象派。そしてルドン、トゥールーズ=ロートレック、ヴァロットン。19世紀から20世紀初頭にかけて、フランス・パリを中心に、互いに刺激し合い、影響し合った画家たち――。
この時代は、ヨーロッパの美術家たちが新しい表現を模索し、生み出していった、美術史上もっとも豊穣な時代のひとつであり、大きな変革期でもあります。 本展では、当館のコレクションの中から、その後の芸術に大きな影響を与えた29人の美術家たちが紡ぎ出した、夢と理想、自由の輝きに満ち溢れた作品群を展示します。収蔵後初公開を含む149点の選りすぐりの名品をご堪能ください。
★★★

タイトルには「印象派と世紀末美術」とあります。
ここでいう「世紀末」とは、もちろん19世紀末のこと。
「印象派」という言葉が生まれたのも、19世紀も終盤に差し掛かった1870年代なので、
「印象派」と「世紀末美術」はほぼ同時代と言っていいでしょう。

ただ、世紀末美術を作品のタイプとして定義するのは難しい面もあります。
イメージとしては、象徴性、耽美・退廃といったところでしょうか。
印象派とはイメージが違います。

美術・絵画の分野も変革の時代、混沌の中で様々な作品が生まれました。
未見の方は、2014年の展覧会初めとして、チェックしてみてください。


Old Fashioned Club  月野景史

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ