« 新宿ワインバーMARUGO Ⅴ/思わぬ3周年でオーパスワン | トップページ | 【ドラマ】7月10日スタート『ショムニ2013』 第1話に旧メンバーが出演 »

2013年6月30日 (日)

NHK大河ドラマ『八重の桜』/6月30日でまだ会津戦争真っ最中 戊辰戦争中心のドラマだったのか!

6月30日放送のNHK大河ドラマ『八重の桜』は第26回「八重、決戦のとき」
八重が銃を取り、ジャンヌ・ダルクのように戦う、クライマックスともいえる回でした。

・・・と、毎回観てきたかのように書いてますが、
実は初回だけ見た後、改めて見出したのはつい最近で、その展開に少し驚いています。


というのは、「同志社を創設した新島襄の妻、八重の生涯を描いた作品」
といった紹介をされていたこともあり、
私は明治を生きた女性の物語で、
戊辰戦争まではプロローグ的に描かれるのだと思っていたのです。
どんなに長くても5月くらいまでかと。

しかし、ちょうど折り返し地点の6月末の26回まできて、
まだ戊辰戦争・・・というか、会津戦争をやっているのですね。


放送予定で今後のタイトルを追ってみると、

第二十七回 7月7日 包囲網を突破せよ   
第二十八回 7月14日 自慢の娘   
第二十九回 7月21日 鶴ヶ城開城   
第三十回    7月28日 再起への道

これをみると更に後3回、会津戦争をじっくり描き、やっと戦争終結。
7月28日の第30回から戦後のスタート、
たぶん8月からが本格的な明治編という感じでしょうか。


さて、この物語展開はどうなのでしょう?
たしかに、今年の大河はまず「福島を舞台に」という思惑があるのでしょう。
明治になってしまったら、福島は主舞台ではなくなってしまうので、
会津戦争終結までを長くした面はあるのかも知れません。

また、大河ドラマでは、やはり戦争を描く部分が人気があります。
その意味では、戊辰戦争がじっくり描かれる機会は少ないので、
貴重かも知れません。

ただ、戊辰戦争を会津側から描くと、どうしても悲惨になります。
今回の話も充分そうでしたが、更に後三回続くのかと思うと、
憂鬱になってきます。

視聴率も昨年の『平清盛』ほど悪くはないものの、
今ひとつ、ふたつくらいのようですね。
同じ幕末もので女性主役の『篤姫』には、だいぶ及ばないようです。
八重役の綾瀬はるかさんの闘う女性ぶりは魅力あると思いますが。

といっても、八重は政治家でも、その妻でもないし、
明治以降の八重をあまり時間をかけて描くのも難しいかもしれませんね。


Old Fashioned Club  月野景史

« 新宿ワインバーMARUGO Ⅴ/思わぬ3周年でオーパスワン | トップページ | 【ドラマ】7月10日スタート『ショムニ2013』 第1話に旧メンバーが出演 »

21.俳優 映画 演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562700/57709902

この記事へのトラックバック一覧です: NHK大河ドラマ『八重の桜』/6月30日でまだ会津戦争真っ最中 戊辰戦争中心のドラマだったのか!:

« 新宿ワインバーMARUGO Ⅴ/思わぬ3周年でオーパスワン | トップページ | 【ドラマ】7月10日スタート『ショムニ2013』 第1話に旧メンバーが出演 »

フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ