« 【ドラマ】『池中玄太80キロ』第1シリーズ第9話/秀逸すぎるサイドストーリー | トップページ | 【国民栄誉賞】受賞して当然なのに出来なかった人々/手塚、藤子F、三船、裕次郎… ドリフとクレージーは? »

2013年4月 2日 (火)

【野球】長嶋茂雄氏、松井秀喜氏が国民栄誉賞同時受賞/唐突・強引感は拭えず

プロ野球の大スター、引退後は読売巨人軍を務めた監督長嶋茂雄氏(77歳)と
巨人や米大リーグのヤンキースで活躍した松井秀喜氏(38歳)両氏に、
プロ野球発展に貢献したなどとして、国民栄誉賞の授与が内定したようです。

ネット上でも議論百出のようですが、
それぞれの受賞についても、
共に日本のプロ球団としては読売ジャイアンツにしか在籍したことのない二人の
“同時受賞”についても、唐突な感じもするし、強引にも思えます。


長嶋茂雄氏
そもそも、国民栄誉賞受賞第一号として、創設のきっかけとなったのが、
長嶋氏の盟友であり、ライバルともいえた“ON”の片割れ、王貞治氏でした。

1977年、756号のホームラン世界記録達成に対しての授与でしたね。
この記録の時は世間的にも大きな話題になりましたし、
この新しい賞の受賞も違和感ありませんでした。
長嶋さんは既に引退しており、この時は巨人軍の監督を務めていました。

その後、野球界では連続出場世界記録の衣笠祥雄氏が受賞、
他に、盗塁世界記録達成の福本豊氏も内定したが、本人が拒否したといいます。
これをみると、こと日本球界については、記録重視、特に世界記録がキーワードになってきました。

長嶋さんは、もちろんすばらしい実績を残した選手でしたが、記録・数字という観点だと、
「上には上」の選手はいくらでもいる、ということになってしまいます。
世代の近い人だと、野村克也氏、張本勲氏、金田正一氏など。

しかし、戦後日本のヒーローとして、屈指の人であることはまちがいなく、
私は受賞そのものに異論はありません。
ただ、時期が…、もう少し説得力のあるタイミングならばよかったとは思います。

例えば、巨人監督勇退に合わせてとか、
戦後50年、60年の節目とか、本人の60歳、70歳の年とかに。

なんといっても、今回の松井氏の現役引退と同時の受賞は、
なにかバ―タ―のような印象もあり、しっくりきません。

今年、まさに同時代のスポーツ界のヒーローであった大鵬幸喜氏が亡くなり、
没後の受賞となったため、長嶋氏には元気なうちに、という意向が働いたのかも知れませんが。


松井秀喜氏
こちらは、まず当然誰もが思う通りで、
アメリカのメジャーリーグでの活躍という点だと、
イチロー選手の実績が上ということになってしまいます。

かつて、イチロー選手は現役であることを理由に拒否したといわれます。
それなら引退した松井氏が先になってもおかしくはないですが、
次に、比較対象として米大リーグに挑戦して成功したパイオニアである、
野茂英雄氏が受賞してないのに、おかしいという意見が出てきてしまいます。

この点については、私も松井氏は不利だと思います。
投手と野手なので、数字から実績を比較するのは難しいと思いますが、
やはり、その点でも野茂氏の方が上のように思いますし、
なにより、大リーグでの活躍が国民栄誉賞の受賞理由になる偉業なら、
野茂氏はそもそも、その大リーグへの挑戦、そしてを実現したことが大きいし、
当時の方が国民的関心も高かったと思います。登板の度に一喜一憂でしたよね。

また、の分野のスポーツで国際的に活躍している人との比較も難しいでしょう。

オリンピック招致に向けての盛り上げ、ともいわれますが、
野球から、それも同じ球団から同時に二人…微妙です。


再来年が戦後70年。
そのタイミングで長嶋氏に絞って、というのが理想だったかと思います。


以下、東京新聞のサイトより引用
☆☆☆
長嶋、松井両氏に国民栄誉賞 球界の2人同時授与へ
2013年4月1日 22時03分

政府は1日、プロ野球元巨人監督の長嶋茂雄(77)、巨人や米大リーグのヤンキースで活躍した松井秀喜(38)両氏に、プロ野球発展に貢献したなどとして国民栄誉賞を授与する方針を決めた。

長嶋氏は国民的スーパースターとして「ミスタープロ野球」と呼ばれた。菅官房長官は会見で「社会に夢と希望を与えた。野球界の発展に貢献した」と説明。団体受賞した「なでしこジャパン」の例を除き、初めて同じ分野の2人が「セット」の形で同時に授与される見通しだ。

安倍首相は長嶋氏について「戦後の最高のスーパースターだ。もっと早く決定すべきだった」と、松井氏は「日米で愛された」と述べた。(共同)
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2013040101001596.html?ref=rank
★★★


Old Fashioned Club  月野景史

« 【ドラマ】『池中玄太80キロ』第1シリーズ第9話/秀逸すぎるサイドストーリー | トップページ | 【国民栄誉賞】受賞して当然なのに出来なかった人々/手塚、藤子F、三船、裕次郎… ドリフとクレージーは? »

25.スポーツ」カテゴリの記事

61.社会 ニュース」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562700/57095881

この記事へのトラックバック一覧です: 【野球】長嶋茂雄氏、松井秀喜氏が国民栄誉賞同時受賞/唐突・強引感は拭えず:

« 【ドラマ】『池中玄太80キロ』第1シリーズ第9話/秀逸すぎるサイドストーリー | トップページ | 【国民栄誉賞】受賞して当然なのに出来なかった人々/手塚、藤子F、三船、裕次郎… ドリフとクレージーは? »

フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ