« 【国民栄誉賞】受賞して当然なのに出来なかった人々/手塚、藤子F、三船、裕次郎… ドリフとクレージーは? | トップページ | 新宿でフラとタヒチアンダンスのトロピカルな夜 TIKITIKI新宿店 »

2013年4月 5日 (金)

【美術】4/6『美の巨人たち』はモネ『サン・ラザール駅』/4/7『日曜美術館』はミュシャ

土曜の夜10時はテレビ東京系『KIRIN~美の巨人たち~』、
日曜朝9時はNHK Eテレ『日曜美術館』
週末の美術番組の定番です。

今週4月6日の『美の巨人たち』のテーマ作「今週の一枚」は、
クロード・モネ『サン・ラザール駅』。
http://www.tv-tokyo.co.jp/kyojin/

Monet_20130406


一方、4月7日の『日曜美術館』は「パリをとりこにした女神の微笑(ほほえ)み」
というタイトルで、アルフォンス・ミュシャの登場です。
http://www.nhk.or.jp/nichibi/weekly/2013/0407/index.html

Nichibi_20130407


西洋絵画巨匠の競演。意外とレアです。
『美の巨人たち』も西洋絵画は久しぶりですし、
『日曜美術館』は最近、西洋の画家の登場が結構珍しいですから。


『美の巨人たち』のモネ『サン・ラザール駅』は、
先日スペシャルとして放送された、パリ探訪編の続編みたいに思えてしまいます。

次回予告より。
☆☆☆
4月6日はクロード・モネの「サン・ラザール駅」。冬の駅舎の喧騒が光の中に溶け込んでいる。モネがこの連作で描こうとしたものとは?答えは機関車が知っている。この黒い車体が。
★★★


『日曜美術館』のミュシャは、
森アーツセンターギャラリー(東京・六本木)で開催中の、
「ミュシャ財団秘蔵 ミュシャ展 パリの夢 モラヴィアの祈り」
との関連ですね。

番組公式サイトより。
☆☆☆
出演 箭内道彦さん(クリエイティブ・ディレクター)
「100年前なのに今見ても新しい!」。19世紀末のパリ、斬新なデザインでポスターに革命をもたらしたアルフォンス・ミュシャの魅力を、広告界のトップクリエイター、箭内道彦さんが語り尽くす。
ミュシャの伝説、それはたった一枚のポスターから始まった。ある時、ミュシャは、ひょんなことから、当時のフランスを代表する女優サラ・ベルナールの舞台公演のポスターを制作することになった。それまで、全く無名の挿絵画家に過ぎなかったミュシャ。しかしそのポスターは、貼り出されるやパリ中の話題をさらい公演は大成功。一夜にして、ミュシャは時代のちょうじと呼ばれるようになり、自転車やビール、タバコなど、さまざまな商品の広告ポスターを手がけていった。箭内さんは、ミュシャのポスターには、現代の広告にも通じる巧みな戦略とセンスが隠されているという。
しかし衝撃のデビューから10年、ミュシャはすべての名声を捨ててパリを去り、アメリカ、そして祖国チェコへと向かう。そうした中で描かれた知られざる油絵の数々が物語る、ミュシャの真実とは。
★★★

『日曜美術館』は番組もリニューアル、出演者も替わるようですね。
さて、とんな感じになりますか?


Old Fashioned Club  月野景史

« 【国民栄誉賞】受賞して当然なのに出来なかった人々/手塚、藤子F、三船、裕次郎… ドリフとクレージーは? | トップページ | 新宿でフラとタヒチアンダンスのトロピカルな夜 TIKITIKI新宿店 »

03.美の巨人たち (TV東京系)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562700/57116295

この記事へのトラックバック一覧です: 【美術】4/6『美の巨人たち』はモネ『サン・ラザール駅』/4/7『日曜美術館』はミュシャ :

« 【国民栄誉賞】受賞して当然なのに出来なかった人々/手塚、藤子F、三船、裕次郎… ドリフとクレージーは? | トップページ | 新宿でフラとタヒチアンダンスのトロピカルな夜 TIKITIKI新宿店 »

フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ