« 天皇皇后両陛下が舞踏会でダンスを披露/ 4月12日東京都内 | トップページ | 【Bar】東京ステーションホテルのBar Ork/カウンター内に見覚えある顔が… »

2013年4月19日 (金)

【美術】4月20日の『美の巨人たち』はラ・トゥール 『灯火の前のマグダラのマリア』

テレビ東京系『KIRIN~美の巨人たち~』
明日4月20日放送予定のテーマ作品「今週の一枚」は、
ジョルジュ・ド・ラ・トゥール 『灯火の前のマグダラのマリア』

Georges_de_la_tour_002

番組予告編より
☆☆☆
4月20日はジョルジュ・ド・ラ・トゥール作「灯火の前のマグダラのマリア」。おそらく世界で一番静かな絵です。その深い闇の中で画家が描いたのは、ひとすじの炎。果して、その神秘の光をどうやって描いたのか?お楽しみに
http://www.tv-tokyo.co.jp/kyojin/
★★★


ジョルジュ・ド・ラ・トゥール
(Georges de La Tour,1593年3月19日 - 1652年1月30日)
バロックの時代のフランスの画家。
謎多き、一度は忘却された幻の画家。

しかし、その深淵なる魅力は、再び見出され、
21世紀の現在、美術史上に燦然と輝く大画家として存在しています。
彼の絵に描かれた、深い闇の中で輝き、人々を惹きつける光のように。

2009年に国立西洋美術館開館50周年記念事業として開催された、
「ルーヴル美術館展 17世紀ヨーロッパ絵画」(2009年2月28日~6月14日)に、
彼の代表作『大工の聖ヨセフ』が来日した時は大きな話題を呼びました。
Georges_de_la_tour_001


今週の一枚『灯火の前のマグダラのマリア』 も聖書を描いた作品。
「マグダラのマリア」は多くの画家がテーマとして描いており、
実はラ・トゥールも複数描いています。

今回の番組では『マグダラのマリア」をどう説明するか、
また、ラ・トゥールの複数の「マグダラのマリア」の中で、
なぜこの作品なのか?
このあたりも注目ポイントです。


Old Fashioned Club  月野景史

« 天皇皇后両陛下が舞踏会でダンスを披露/ 4月12日東京都内 | トップページ | 【Bar】東京ステーションホテルのBar Ork/カウンター内に見覚えある顔が… »

03.美の巨人たち (TV東京系)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562700/57209741

この記事へのトラックバック一覧です: 【美術】4月20日の『美の巨人たち』はラ・トゥール 『灯火の前のマグダラのマリア』 :

« 天皇皇后両陛下が舞踏会でダンスを披露/ 4月12日東京都内 | トップページ | 【Bar】東京ステーションホテルのBar Ork/カウンター内に見覚えある顔が… »

フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ