« 【昭和プロレス】ビル・ドロモ死去/馬場に嫌われた男 | トップページ | 参加型web座談会『2013展覧会を語る』体験記 »

2013年1月14日 (月)

【美術展】「森と湖の国 フィンランド・デザイン」展 サントリー美術館/ムーミンの国のガラス展

東京六本木のサントリー美術館で1月20日まで、
「森と湖の国 フィンランド・デザイン」展が開催中です。
会期も後一週間ほどとなりました。

Suntory_glass
森と湖の国 フィンランド・デザイン 展
2012年11月21日(水)-2013年1月20日(日)
サントリー美術館

主催 : サントリー美術館、朝日新聞社
特別協賛 : イッタラ、スキャンデックス、フィンエアー(フィンランド航空)
後援 : フィンランド大使館、フィンランドセンター、日本硝子製品工業会、日本ガラス工芸学会
特別協力 : フィンランド国立ガラス美術館
http://www.suntory.co.jp/sma/exhibit/2012_06/


遥か北欧の国、フィンランド。
森と湖、そしてムーミン・トロールが暮らす国…、
少し私のイメージはファンタジック過ぎるでしょうか?

そのフィンランドのガラスや陶磁器、家具の数々は、
機能性を重視しつつ、美しさをも兼ね備えています。
本展では、こうしたフィンランド・デザインの魅力を、
18世紀初頭から現代に至るガラス作品を中心に紹介されています。

古典的なガラス芸術ではなく、近現代的なガラス作品といった印象ですね。

Suntory_glass_001


Suntory_glass_002


20世紀前半から台頭したフィンランドのデザインは、
アルヴァル&アイノ・アールト夫妻、カイ・フランク、タピオ・ヴィルッカラ、
ティモ・サルパネヴァら優れたデザイナーを輩出し、特に1950年代からは国際的な評価を得てきました。
フィンランドを代表するガラスメーカー「イッタラ」は
“Lasting design against throwawayism(使い捨て主義に反する永遠のデザイン)”というメッセージを掲げています。
その姿勢は常に地球にやさしく、自然とともにあり続けています。

Suntory_glass_003


展示構成
プロローグ: 18世紀初頭~1920年代 フィンランド・ガラスの黎明期
第I章: 1930年代 躍進期 ― アルヴァル&アイノ・アールト
第II章: 1950年代 黄金期 ― カイ・フランク、タピオ・ヴィルッカラ
第III章: 1960・70年代 転換期 ― ティモ・サルパネヴァ、オイヴァ・トイッカ
第IV章: フィンランド・ガラスの今 Art&Life


本展は部分的にですが、写真撮影ができます。

20130113011



20130113027



20130113003



鑑賞後は東京ミッドタウン内のカフェ「A971」で一息。

20130113045



20130113053



20130113055


Old Fashioned Club  月野景史

« 【昭和プロレス】ビル・ドロモ死去/馬場に嫌われた男 | トップページ | 参加型web座談会『2013展覧会を語る』体験記 »

01.Art 美術 (展覧会)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562700/56537048

この記事へのトラックバック一覧です: 【美術展】「森と湖の国 フィンランド・デザイン」展 サントリー美術館/ムーミンの国のガラス展:

« 【昭和プロレス】ビル・ドロモ死去/馬場に嫌われた男 | トップページ | 参加型web座談会『2013展覧会を語る』体験記 »

フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ