« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月24日 (土)

【ビール 祭り】スーパーオクトーバーフェストin 東京ドーム2012/11/30-12/2 今年最後のビッグフェスト

20120804002

今年もこのブログでは、各地で行われるオクトーバーフェストを紹介してきました。
11月30日-12月2日、今年最後のビッグフェストが東京ドームで開催されます。
ドームでの開催は初めてです。

★開幕しました!

スーパーオクトーバーフェストin 東京ドーム2012 SUPER OKTOBERFEST 2012
11月30日(金)-12月2日(日) 10:00-23:00 
東京ドーム

主催 スーパーオクトーバーフェスト in 東京ドーム 2012実行委員会(ザート商会・東京ドーム)
後援 ドイツ連邦共和国大使館 ドイツ観光局 バイエルン州駐日代表部 Goethe-Institut 東京ドイツ文化センター
http://www.super-oktoberfest.jp/


オクトーバーフェストって…、もう何月だよ?
などとは今更いいっこなしです。
日本各地で、10月以外のフェスト開催が当たり前になっているのですから。

とはいっても基本は屋外イベント、冬場の開催はあまりないでしょう。
今回は屋内、といっても超ビッグな東京ドームで三日間限定初開催です。
ドームのフロア全部を使うとしたら、会場規模としては過去最大級でしょう。

ブースレイアウトなどはまだ発表されておらず、
イメージがまだつかみ難い面もあります。

公式サイトによると、基本的にはアリーナに設置した席での飲食ですが、
状況によっては観覧席を解放する、としています。
つまり、混み合ってアリーナが一杯になれば観覧席も、ということでしょう。
さて、どんな盛り上げりを見せるでしょうか。

Old Fashioned Club  月野景史

2012年11月22日 (木)

【政治】鳩山由紀夫氏引退/「排除の論理」 16年後の因果応報

鳩山由紀夫元総理大臣が政界引退を表明しました。
消費税増税、TPP参加についての踏み絵を迫られた末の苦渋の決断でした。
自ら作った民主党から排除されてしまったような印象は拭えませんね。

この問題、あるいは政治家鳩山氏の功罪について論ずる気はありません。
ひとつだけ、このニュースを聞いて真っ先に思い浮かんだ言葉があります。
それについてのみ書きます。


「排除の論理」

憶えていますか?
今から16年前、1996年度の新語・流行語大賞です。
受賞者は鳩山由紀夫氏その人。

もちろん、私だけが気付いたわけでもなく、ニュースでも色々流れています。


鳩山由紀夫氏は1993年、政治改革を巡り自由民主党を離党し、武村正義氏らと新党さきがけを結成、
同年誕生した細川連立政権では内閣官房副長官に就任します。

翌1994年、細川内閣崩壊後、さきがけは自社さ連立を組み村山富市内閣を誕生させます。
その村山政権も1996年に終焉を迎え、さきがけの代表幹事だった鳩山氏は、
自ら中心になり、弟の鳩山邦夫氏、管直人氏らと旧民主党を結成しました。
この時、鳩山氏らは民主党への合流を希望した武村氏らの入党を拒絶します。
これが「排除の論理」と呼ばれるものです。

当時から、「論理」と名が付く割には事情が解り難かったですね。
社民党との合流をめぐる対立などあったともされますが、
旧体制である「自社さ」のイメージ払拭の為に、武村氏らを切ったような印象を受けました。
論理より、むしろイメージを優先させたような。

政策論に大きな違いがあるとも思えないし、
どうせ数も人材も不足するのだから入れればいいのに、と感じたものです。


本来、この排除を強く主張したのは、由紀夫氏の弟の鳩山邦夫氏だったといいます。
ただ、年末の流行語大賞授賞式には由紀夫氏が出席していました。
実は、この受賞は「排除の論理」だけでなく、「友愛」とのセットでした。
「友愛」は由紀夫氏のキャッチフレーズでしょうが、
「友愛/排除」のセットで受賞って、タチの悪い冗談にしか思えません。

動画か画像が残っているかと探してみましたが、見つかりませんでしたが、
この授賞式での由紀夫氏、随分派手で奇抜な恰好していたように憶えています。
この人、どうなのだろう…? 疑問に思ったものでした。

因果応報…。


MSN産経ニュースより
☆☆☆
鳩山氏引退 「排除の論理」に排除された鳩山氏 非自民の民主党史に区切り

民主党の鳩山由紀夫元首相が政界引退に追い込まれるきっかけとなったのは、平成8年に旧民主党を結成した当時に自らが振りかざした「排除の論理」だった。野田佳彦首相から消費税増税、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)で踏み絵を迫られた揚げ句、事実上衆院選から排除されるという皮肉な結果となった。鳩山氏の引退は「非自民」で結束してきた民主党の歴史に一区切り付いたことを物語っている。

首相「結党以来、党勢拡大に努め、政権交代実現の先頭に立った多大な貢献に感謝する」
鳩山氏「古い政治に戻さず、政権交代でやろうとしたことをしっかりと前に進めてほしい」
鳩山氏はこう言い残すと静かに党本部を去った。

自民、新進の二大政党に対する「第三極」として、菅直人前首相らとともに8年に旧民主党を結党した際、鳩山氏は自民、社民、さきがけ連立政権の色がつくのを嫌い、弟の邦夫氏とともにさきがけの武村正義元蔵相らの入党を拒否。「排除の論理」はその年の新語・流行語大賞に選ばれた。
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121121/plc12112123530013-n1.htm
★★★


Old Fashioned Club  月野景史

2012年11月21日 (水)

喪中はがきが届いたらどうします? 年賀状か寒中見舞か、何もしないか

喪中はがき(年賀欠礼の挨拶)がちらほら届く時期となりました。

一昔前は友人・知人・同僚・取引先の人の親御さんが亡くなると、
通夜・告別式に出向くことが多かったですが、
この10年ほどでしょうか、葬儀を本当の身内だけで済ます傾向が進んだようで、
喪中はがきを受け取って初めて、不幸を知ることが増えたように思います。

さて、その喪中はがきについてです。
喪中はがきが届いた場合、こちらからも年賀状は送らないもの。
それが当たり前だと思っていました。

しかし、そうではないとの説がネットにありました。
以下、サイト「発言小町」から引用させてもらいます。

☆☆☆
喪中はがきというのは、「喪中だから年賀状を送ってこないでください」という意味で出すと
思っている人が多いように思います。が、それは間違いです。

喪中はがきとは、
「本来であれば、あなたに新年のお祝いを申し上げるところですが、
 当方喪中につき、お祝いを申し上げられません。失礼をお許しください」
という意味で出すもの。あくまで出す側の意志を伝えるはがきなのです。

ですから、喪中の人に年賀状を出すのはまったく問題ありません。

http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2011/1126/463758.htm
★★★

なるほど!
これは知らなかった、驚いた、勉強になりました。
では、喪中葉書をいただいても、こちらから年賀状を出していいのか!
…と思ったのですが、
やはりもう少し確認せねばと、この説の真偽をネットで調べてみましたが、
これは必ずしも断定はできなさそうです。

今は便利な時代で、こういう難問もネットで調べれば、
「本来はこうだ。」
「今は一般的にこうなっている。」
といった状況がだいたい判るものです。
しかし、この件はハッキリしたアンサーがどうもよくみえてきません。


改めて、発言小町から引用した説についてですが、冷静に考えると二つ問題があります。


①本来の意と一般の理解

仮にこの説が、本来の喪中はがきのあり方としては正しかったとしましょう。
だとして、世の中には私と同じように認識している人も多いように思います。
そして、送り主自身も「年賀状を送らないでください」という挨拶の気持ちで、
喪中はがきを送っている場合も多いと思うのです。

それなのに、「なんだ、送ってもいいのか」と送ってしまったら、非礼・非常識な人間と思われ、
余計な軋轢を生んでしまう可能性もあるかと思います。
そして、そのような誤解が生じてしまったとして、それを解くのもまた難しそうです。
年賀状を受け取った方も、非礼だと思っても、あえて指摘まではしない事も多そうですし。

本来はどうであれ、一般にどう認識されているかはまた別。
引用文にある「まったく問題ありません」では済まされません。

さてこの点は、本来はどうで、一般にどう認識されているか、ということなのですが、
もっと根本的な疑問もあります。


②「不幸がありました」と言ってきた相手に「おめでとう」と返すか?
年賀状にはほぼ例外なく、
「あけましておめでとうございます。」
「謹んで新年のお祝いを申し上げます。」
といったお祝いの言葉が入りますね…というか、それがメインですよね。
それが“年賀状”というものでしょう。

しかし、「私は喪中なので(=身内が亡くなったので)、お祝いの挨拶が出来ません。」
と宣言してきた相手に対して、「おめでとうございます」とお祝いの言葉を送るのが、問題ないことなのでしょうか?
どうもしっくりきません。


寒中見舞
ネット上では、喪中はがきをいただいたら、寒中見舞いを返すもの、との説もあります。
上に挙げた②の問題点は、これなら解決します。

ただ、喪中はがきには寒中見舞いを返すのが礼儀として決まり事になっているのでしょうか?
だとすれば、何も返さない=年賀状を出さないでは非礼ということになりますよね。
これは習慣化して、皆必ずしているのでしょうか?
必ずしも、そこまで定着してはいないようにも思えます。

調べてみても、「喪中はがきには寒中見舞いを返す」というルールは決まり事にはなっていないようです。
そもそも本来、寒中見舞いはそのような用途の為にあるものではなく、
二十四節気の小寒(1月5日頃)から立春(2月4日頃)までの寒中に行う見舞いです。
夏の暑中見舞い、残暑見舞いと同様の主旨です。

寒中見舞いは、喪中はがきを送らなかった相手から年賀状が届いてしまった場合、
その返礼として送る用途の方が、比較的古くからあったようにも思います。


さて、今や何か調べようと思えばまずWikipedia。
参考にWikiから引用しておきます。
☆☆☆
喪中欠礼
喪に服している人(1年以内に身内を亡くした人)からは年賀状を出さない風習があり、その場合に年内に「喪中であるので年賀のご挨拶を遠慮する」旨の葉書を出すことが多い。元々は、明治・大正期に皇室の大喪に対し年賀欠礼を行っていた習慣が、昭和期に年賀状の普及に伴い、一般家庭の喪中でも年賀欠礼の挨拶状を出すように風習として定着し、現在に至っている。 喪中欠礼の挨拶状は、郵便はがきではなく私製葉書に切手(弔事用、花輪やアシの模様など)を貼って出すことが多かったが最近ではパソコンや家庭用プリンターの普及により、郵便ハガキを用いることも多い。また、一般的には印刷業者などに発注する場合も多い。

喪中の葉書を送ってきた人の家には年賀状を出さない方が良いとされているが、実際には年賀状を送っても失礼には当たらない。これは、喪中「欠礼」という言葉の示すとおり、「年賀の挨拶をお断りします」というよりは、「自分の家は今年は忌中なので年賀のあいさつができなくて申し訳ありません」という意味、すなわち年賀状は新年をめでたく迎えたことを祝うための手紙であり、前年に身内が亡くなった=めでたく新年を迎えられなかったからである。(昨今では喪中の家に年賀状を出すのは失礼という人もいる。一般的には寒中御見舞いのはがきを出すことが多い。最近は家族葬が一般化し、親しい間柄にも拘わらず故人の死を年末になって知るケースが増え、遅い香典を送るより贈答用線香などを送り、弔意を表す人も増加傾向にある。)

とは言え、喪中欠礼を完全に周知させることは難しく、年賀状が少なからず届くことがある。この場合は「寒中見舞い」として返事を出すことになる。

★★★

Wikipediaの記述もややこしいです。
しかし、本来喪中はがきをいただいた相手に年賀状を送っても良いものではあるようです。

つまりこの問題は、
一般に本来の意味とは違う理解がされてしまっている、事象なのでしょう。

本項での結論としては、喪中はがきをもらった相手に年賀状を送るのは、
たとえ本来間違いではないとしても、誤解を招く恐れがあり、避けた方がいいように思えます。
しかし、ただ出さないだけでは一方通行で終わってしまう。
そうなってしまいたくない相手には、寒中見舞いを活用し、正月明けに送る。
これが無難な選択のように思えます。


Old Fashioned Club  月野景史



Old Fashioned Club  月野景史

2012年11月14日 (水)

【食】銀座アスター松屋店/これは懐石かフレンチか?

子どもの頃、数少ない外食の機会に何度か、北千住の銀座アスターに行った憶えがあります。
当時は古い感じの店でした。今はきれいになっています。

先日の銀座松屋のアスターに入りました。
すぐ近くにはまさに銀座本店があるのですが、そちらは一番安いコースで8400円。
一方、松屋店の方は半額の4200円。
これだって充分高級ですが、本店に比べれば半額。
中身はどれだけ違うのでしょうね?

と、そんなことはどうでもよくて、
写真は5250円のコース。


20121027001
前菜…ではなくて、先付けですかね。


20121027003
こちらが前菜。

なんというか、中華料理というと大皿でどーん! というイメージが強いのですが、
これは懐石料理か、フランス料理か、という趣きですね。

もちろん、今はそういう中華店もあるのは知っていますが、
昔から知っているアスターもこういうスタイルとは、不思議に感じます。


20121027006
北京ダックもこんな風です。


20121027009
色合いも鮮やか


銀座アスター 銀座松屋店
ttp://www.ginza-aster.co.jp/store/ginzamatuya/index.php

Old Fashioned Club 月野景史

2012年11月12日 (月)

【Bar】カクテルセミナー 新宿 BAR LUMINO/飲むのと作るのでは大違い

少し前ですが、なじみのバーで開催されたカクテルセミナーに参加しました。
知識だけでなく、実際に4種類のカクテルを作ってみようという催しです。

2012年9月30日 新宿 バー ルミーノ

講師はオーナーバーテンダーの木村氏。
生徒は女性4人、男性2人

20120930020

さて、最近はすっかり減りましたが、バ―には比較的よく行く方だったと思います。
ですが、自分でカクテルを作るわけではありません。
(シェーカーぐらいは持ってますが)

課題のカクテルは以下4種です。

マティーニ(ステア)
マルガリータ(シェーク)
サイドカー(シェーク)
モスコーミュール(ビルド)

括弧内は作り方です。セミナーだからこれが大事なのです。

マティーニ(ステア)

カクテルの王様と呼ばれます。
ステアという作り方は、大きなグラスに材料と氷を入れ、
長いパースプーンでかき回し、カクテルグラスに注ぎます。

20120930059

20120930061


大変なこともないようですが、かき回し方が難しい。
まぁ、私はそれ以前に手先がおぼつかず、ベルモットを大量に入れてしまい、
かなり“非ドライ”なマティーニになってしまいました。
私のは酷過ぎでした。論評に値しません。


マルガリータ(シェーク)
大好きなカクテルなので気を取り直して。

シェークとは、材料と氷をシェーカーに入れて振る作り方。
これは誰でもイメージできますね。

20120930039

マルガリータはスノースタイルといって、グラスのフチを塩で飾ります。
シェークはとにかく気持ちを込めて…。

20120930027
こんな感じにできました。

ド素人にしては、味はまぁまぁでした…自分で飲む分には。
時分の好みに甘みなどを調整できるからでもありますが。


サイドカー(シェーク)

これは私にはちょっと難しかったです。
サイドカータイプなどと呼ばれる仲間のカクテルがいくつかあって、
実はマルガリータもそうなのですが、私も好きなカクテルが多いのです。
しかし、このサイドカーはあまり飲まないので、理想のサイドカーがイメージできないのです。
イメージできないのに…気持ちを込めてシェーク。味も悪くはなかった。

20120930067


モスコーミュール(ビルド)

ビルドとは、ロンググラスに氷と材料をそのまま注いでいく作り方。
炭酸飲料を使うことが多いので、ほとんどかき回しません。

ジンジャーエールを使った人気カクテル。
ですが、実は私はジンジャ―エールがあまり好きではありません。
そんなですので、できあがったのも普通にジンジャ―のソーダ割りでした。
こういうシンプルなカクテルこそ難しいかも知れませんが。


さて、セミナー終わっての感想。
私はパーであまり偉そうなことを言う方でもないと思いますが、
それにしても自分で、人前で作ったらこんなにグダグダとは…、
やはりプロのバーテンダーは凄い!
という感じで締めます。


20120930068
BAR LUMINO


Old Fashioned Club 月野景史

2012年11月11日 (日)

有楽町に魔人ドラキュラ現る/ユニバーサル映画100周年の壁画

有楽町にドラキュラあらわる!

20121027026

これはビックカメラ有楽町店のガード側に描かれた壁画で、
アメリカのユニバーサル映画100周年の広告です。
二週間ほど前に撮ったので、今もあるかはわからないのですが。

このビジュアルは映画『魔人ドラキュラ』(1931年)。
演じたのは伝説の怪奇俳優ベラ・ルゴシ。
トーキーによるホラー映画の原点ともいえる名作です。

20121027020

「NOW ON SALE」とあるので、100周年記念DVDの広告かとも思うのですが、
詳しくは書かれていません。
『魔人ドラキュラ』を筆頭に、現代にいたるユニバーサル・ピクチャーズの代表作11本が並んでいます。
作品名を追ってみます。


『魔人ドラキュラ』(1931年)
『サイコ』(1960年)
『ジョーズ』(1975年)
『ブルースブラザーズ』(1980年)
『E.T.』(1982年)
『バック・トゥ・ザ・フューチャー』(1985年)
『ジェラシック・パーク』(1993年)
『ヴァン・ヘルシング』(2004年)
『キング・コング』(2005年)
『マンマ・ミーア』(2008年)
『ワイルド・スピード』(2011年)

20121027036


20121027033


エンターティメント系というか、ファンタジーやホラーなどアメージング系が多いですね。
『キング・コング』は2005年のリメイク作品。
1933年のオリジナルの方が映画史的にも大きな存在ではないかと思うのですが、
実はそちらはユニバーサルの制作ではないのです。


『魔人ドラキュラ』(原題 Dracula  1931年)
怪奇映画、クラシックホラーファンとしては、
この作品がユニバーサルの原点とされたのは嬉しいことです。

原作小説は1897年にイギリスで書かれました。
1920年代に英国、そしてアメリカのブロードウェイで舞台が大ヒット。
1931年にユニバーサルが、新しい技術であったトーキー作品として映画化したのです。

Bela_lugosi_001

ドラキュラを演じたのはハンガリー出身の俳優ベラ・ルゴシ。
実は別の有名俳優がやる予定でしたが、その俳優が急死したため、
舞台でドラキュラを演じたルゴシに配役されたのです。

ルゴシはハンガリー系米国人ではなく移民で、英語が苦手でした。
それではなかなか役に恵まれなかったのですが、
東欧の住人であるドラキュラ伯爵は適役でした。
映画は世界的に大ヒット、ルゴシも伝説の怪奇スターとなったのです。

ユニバーサルは同じ年に続いて『フランケンシュタイン』もヒットさせました。
こちらにはルゴシは出ていません。
大スターとなったルゴシですが、その後半生も更に波乱に満ちたものでした。

Wikipediaの
「ベラ・ルゴシ」
「魔人ドラキュラ」
「フランケンシュタイン (1931年の映画)」
以上の項目の経歴・解説部分の7~8割は私が書いてますので、
興味のある方はご覧ください。

Old Fashioned Club  月野景史

2012年11月10日 (土)

【ワイン】ボジョレー・ヌーボー超入門/おなじみのイベント。でもボジョレー・ヌーボーとはなに?

今年もボジョレー・ヌーボーの季節が近づいてきました。
今年の解禁日は11月15日、いつもより少し早めに感じますね。
ボジョレー・ヌーボーの解禁日は「11月の第三木曜日」と決まっています。
今年の11月は1日が木曜なので、最も早いパターンなのです。

Beaujolais_nouveau_2011

ボジョレー・ヌーボー解禁はイベントとして日本でも定着して長いですね。
12月はクリスマス、10月は近年ハロウィンがすっかり定着、
ボジョレーと合わせ、晩秋から暮れにかけて、西洋由来のイベントが続くようになりました。

ところで、ボジョレー・ヌーボーとはそもそも何なのか?
些事は省き、極力簡単にまとめてみました。超概略・入門編です。


ボジョレー・ヌーボー(Beaujolais Nouveau)
日本でもだいぶ前から定着しているのに、表記がバラバラですね。
「ボジョレー」「ボージョレ」「ボージョレー」
「ヌーボー」「ヌーヴォ」「ヌーヴォー」「ヌヴォー」
とりあえず、耳馴染みがあって簡潔な「ボジョレー・ヌーボー」を使います。


ボジョレーとは?
「ボジョレー・ヌーボー」というワインの産地の名称です。
フランスのブルゴーニュ地方のボジョレー地区、というような言い方をします。
ブルゴーニュといえば、同じフランスのボルドーと並ぶ、有名産地ですね。
そのブルゴーニュ地方の一部という認識でいいかと思います。

地域の名称なのだから、その中には多くの蔵元=ワイナリーがあります。
多数のワイナリーが「ボジョレー・ヌーボー」を作るので、
「ボジョレー・ヌーボー」にも多数の種類があります。


ヌーボーとは?
新酒のことです。
つまり、その年に収穫された葡萄で作られたワインです。

これで概要はわかりましたね。
ボジョレー・ヌーボーとは、フランスのボジョレー地区で作られる新酒の赤ワインのことなのです。


新しいのはいいこと?
しかし、ワインというと何十年も前に作られたものがすごく高価だったりするけど、
そんなに早く飲むのがいいことなのでしょうか?

そうですね、古ければいいというものではないし、
種類にもよりますが、やはりじっくり熟成させて…というイメージはあります。

ボジョレー・ヌーボーは本来、その年のぶどうの出来具合を確認する試飲酒として作られました。
早く仕上げるため、通常とは違う工程で作られます。
そう聞くと、そんなにありがたがるものなのか? とも感じますね。

しかし、その年に摘まれた葡萄で作られたワインですから、
それを初めて飲むことは、収穫のお祝い・感謝といった意味合いも含まれます。
そのお祝いの日がイベントとして広まっていったのですね。

このような経緯があるので、「ボジョレーで大騒ぎするのはナンセンス」との言い方もされます。
しかし、ボジョレーに限らず、ワインは赤、白、ロゼ、スパークリング、
軽いものから重いもの、ドライなものから甘いものまで多種多様です。
フレッシュなボジョレー・ヌーボーもそのひとつと考えればいいと思います。
ただ、ボジョレーだけでは寂しいでしょうけど。


葡萄品種
ボジョレー・ヌーボーに使うブドウはガメイ種(ガメ)100%と決まっています。
これは例外はありません。
ガメイはボジョレー以外ではあまり作られてないし、
作られていたとしても、日本で口にする機会は少ない品種です。


飲み口・味
赤ワインというと、重厚な渋みのあるものがありますね。
あの渋みの成分をタンニンといいます。
だいたい、渋みの強いワインは色も濃いですね。

ボジョレー・ヌーボーは熟成をあまりしないのだから、重くはありません。
フレッシュで軽やか、そこが魅力です。
酸味・果実味が豊かで、色は透明感があって美しいですね。

ただし、あまり軽いと感じない人もいるかも知れません。
若いワインならではの酸味を、重さと感じる場合があるのです。

ワインを複数種飲む場合、軽いワイン→重いワインと飲み進むのが一般的です。
普通だと白→赤と進むのですが、ボジョレーの時期は最初はボジョレーで乾杯し、
次にもう少ししっかりした赤ワインをという飲み方がいいかも知れません。
もちろん決まっているわけではないので、一度白ワインに戻ってもいいです。


歴史
ボジョレー・ヌーボーは元々地元住民を中心に楽しまれていました。いわば「地酒」です。
それが1951年、フランス政府によって公式に解禁日が認められ(この時点では11月15日)、
パリを中心にブームとなりました。
更に1970年代、輸送手段の発達により世界中に広まっていったのです。

11月の第3木曜が解禁日となったのは1984年です。
これは、日にちで固定してしまうと、土日とぶつかってしまう年があり、
レストランが休みで売れ行きに影響してしまうから、という事情があったようです。

Beaujolais_nouveau_2011_2

日本でのボジョレー・ヌーボー

日本では1970年代から輸入が始まり、
輸入数量でいえばバブル期の1980年代後半が最初のピークとなりました。
これはよくいわれますね。「ボジョレー=バブルの遺物」みたいに。

その後、1990年代前半は低迷しますが、後半から再び上昇に転じ、
90年代末にはバブル絶頂期を上回り、2004年に過去最高を記録します。
そして、その後は再度減少しています。

90年代以降の事情はちょっとわかり難いですが、
ワイン文化の一般への浸透と比例してボジョレーも伸びていったが、
やがて、みんなの目が他のワインに行くようになって減少に転じた…、
短絡的すぎるかもしれませんが、そう考えるといいかも知れません。


ワインバー 飲食店にて
近年は日本でも気軽に多種のワインを飲める店が本当に増えました。
新宿ですと、このブログでも紹介したマルゴグループなどがあります。
特に、グラスで多くの種類を飲めるようになったのがいいですね。
競ってより美味しく、リーズナブルなボジョレーを振舞ってくれれば、お客としては嬉しいですね。

解禁にあたって、深夜まで営業している店では、
水曜の24時=木曜の0時な合わせてのカウントダウンも恒例になりました。

特にイベントとしてのボジョレー・ヌーボーを煽る気はないのですが、
普段ワインを飲まれない方も、この機会に一杯、二杯目・三杯目は別のワイン、
といった感じでの楽しみ方をしてもらえればいいのではないかと思います。


家庭にて
酒屋さんのみならず、スーパーやコンビニでも簡単に手に入りますね。
重くないので、料理には合わせ易いと思いますが、
せっかくだから、本やネットで合う料理を研究してみてください。
別に大袈裟なことをする必要もありませんが。


ボジョレー以外のヌーボー
ヌーボー(新酒)というと、ボジョレーが圧倒的に有名ですが、他にもあります。
比較的知られているのだと、ボジョレーに隣接するマコン。
こちらは白ワインです。
ワインバーなどではこの時期、他のヌーボーを置いている場合もあります。


Old Fashioned Club  月野景史

大人になっても苦手な食べ物トップ5/苦手な食材から辿る食文化論(?)

☆☆☆
大人になっても苦手な食べ物 - 1位は好きな人も多いあの海の幸!
大人になれば、たいていのものは食べることができるようになるものだが、どうしても好きになれないものといったら何が思い浮かぶだろうか。
マイナビニュース会員の男女1,000名に聞いてみた。
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=95&from=diary&id=2216991

★★★

というアンケート結果についての話です。

私は食べ物の好き嫌いがほとんどない人間ですが、
子どもの頃は結構苦手がありました。
そして今でも少しは残っています。

なかでも特に苦手な食材が二つあります。
ただ、それは個性の強いものなので、好き嫌いが分かれるのは仕方ないし、
同様の人も多いだろうと思っています。
さて、今回の調査で選ばれたトップ5に、その二種類は入っているのでしょうか?


Q.大人になっても苦手な食べ物はどれですか?(複数回答)
1位 うに 21.0%
2位 レバー 15.5%
3位 ドリアン 14.4%
4位 セロリ 14.0%
5位 牡蠣 13.2%



ということです。
とりあえず、私の苦手な二つはしっかりランクインしていました。
2位のレバーと、4位のセロリなのです。

個性の強い味と香りがどうにもなじめません。
レバは食感が嫌なのか? と訊かれることがありますが、そうではないです。

先ごろ、レバ刺しが食べられなくなり、残念がる人が周囲にもいました。
「残念だよね!」と同意を求められることもありましたが、
「えっ、あー、うーん、そうだね…。」という感じでした。
その少し前に、ユッケ…よりも牛刺しが食べれなくなったのはちょっと残念でしたが。


ところで、3位のドリアンって、並べて論じるほど日本では一般的でないような…
まぁランクインしてしまったものは仕方ないのでしょうけど。

1位のうには人気食材ですが、苦手な人も多いのですね
たしかに味も見たもクセがあります。

ただ、ドリアンはもちろん、うにも牡蠣も、
嫌ならそれだけを回避し易い食材かと思います。

レバーやセロリは炒め物、セロリはサラダなどにも紛れて入っており、
そのような遭遇が苦手意識を高めてきたのではないでしょうか。

私など今でも気付かずに惣菜を買ったらセロリが沢山だったり、
バーで野菜スティック頼んだら、半分くらいセロリだったりとかあります。

Old Fashioned Club  月野景史

2012年11月 9日 (金)

【美術】ドガ『ダンス教室』11/3『美の巨人たち』/陽光を好まずバレエに拘った印象派の巨匠

2012年11月3日放送のテレビ東京系『美の巨人たち』、
テーマ作品「今日の一枚」はエドガー・ドガ 『ダンス教室』(1873-1876年)でした。
http://www.tv-tokyo.co.jp/kyojin/backnumber/121103/index.html


Classe_de_danse

エドガー(エドガール)・ドガ
(Edgar Degas 1834年7月19日 - 1917年9月27日)

フランスの印象派の画家。
モネ、ルノワールらと並ぶビッグネームです。
もちろん、印象派展にも出品しています。

しかし、ドガは印象派といわれても、ちょっと違うようにも思えます。
そう、印象派特有の明るく、こぼれるような陽光のイメージがないのです。

実際、印象派の画家たちは野外にイーゼルを立て、
一瞬の光をキャンバスに捉えようと様々な表現を試みましたが、
ドガは彼らのように屋外での写生は行わず、
またキャンバスに直接描くということをしませんでした。
気に入ったモチーフが見つかると、とにかくデッサンを重ねたのです。

今回の番組は、そんな印象派からすれば異端児であるドガを、
印象派の象徴ともいえるモネ、ルノワール、シスレーが色々と批評するという流れで展開しました。
モネらにドガを批判的に語らせることにより、彼らとは異なるドガの個性を浮き彫りにしたのですね。


エドガー・ドガ作『ダンス教室』』(1873-1876年)
パリ、オペラ座の華やかな舞台ではなく、バレエの練習風景を描いた作品です。
画面中央の初老のバレエ教師は、実は大御所の名ダンサーです。

ところが、その指導を熱心に聞いている踊り子は、ごくわずか。
少女たちは勝手気ままな仕草で、いかにもリラックスした様子をしているのです。
そして、本当にそれぞれ様々な表情、様々な仕草をしています。
どう考えても、同じ場所、同じ時間でレッスンを受けているにしては、バラバラすぎます。

そう、ひとつのレッスンの場を舞台にしてはいますが、
この絵はドガが「踊り子」をテーマとした描いた様々な光景の集成なのです。
…というのが、番組の解釈でした。

もうひとつ興味深いのが「バレエ」の位置づけです。
日本人からすると、「良家の子女のお稽古事」というイメージがあると思いますが、
当時のフランスではバレリーナ達は下層の出、蔑まれていたといいます。
これは今回の番組に限らず、ドガを語る際によくいわれますね。


Old Fashioned Club  月野景史

2012年11月 8日 (木)

銀座の寿司屋見聞記

地元になじみの鮨屋があったのですが、
知らない間に店長がやめており、店も居酒屋風に変わってしまいました。

全然行ってない間のことで…だから「なじみの店」とは言い難いのですが、
一応、その店長とは顔馴染みではありました。

ここまでは少し前の話なのですが、
最近、あの店長はどうしているだろう…、ふと気になって、
ネットで適当にワード入れて検索したところ、あっさりヒットしました。
銀座の鮨店で店長しているようです。
http://r.gnavi.co.jp/g929200/


行ってみたいが、銀座の鮨屋は敷居が高い…と思ったけど、
ぐるなび見ると結構リーズナブル、
というわけで先日、18時過ぎくらいに行ってみました。
考えてみると、銀座の鮨店に入るのは初めてです。

感動の再会…というほどでもないけど、1年ちょっとぶりくらい、
懐かしい顔はいいものです。
10年以上経つ店ですが、最近大型の二号店が出来て、親方がそちらに移り、
本店の店長をまかされたのこと。

さて、銀座の鮨屋とは。
意外だったのは、18時過ぎはまだ早いので、空いてるかと思ったのですが、
結構賑わっていました。完全に目算違いです。
20時に予約が入っている席を時間限定で空けてもらいました。

だいたい、20時半過ぎくらいで一段落するそうです。
銀座らしく、いわゆる「同伴」らしきお客さんも多いですね。
もちろんそう予想してましたが、19時過ぎくらいからかなと思ってました。

料金も、銀座の…いや銀座でなくても鮨屋としてはリーズナブルかと思います。
たなぼたで銀座に「なじみの鮨屋」ができました(笑)


Old Fashioned Club  月野景史

2012年11月 7日 (水)

【Bar】Shot Bar Ribbon/新宿歌舞伎町の路地裏に佇む隠れ家バー

新宿歌舞伎町にある隠れ家Bar
「ShotBarRibbon ショットバー リボン」
http://ameblo.jp/shotbar-ribbon/

Dsc00627

「隠れ家」といっても、新宿のBarにしては稀少な路面店で、
外から僅かながら店内をうかがうこともできます。
それで隠れ家というのもおかしいかもしれませんが、
その路地自体がコアな通りなのです。
といっても、洒落た感じのイタリアンの店などもできており、
徐々に歌舞伎町も変わりつつあることも感じさせてくれます。


さて、このバーはちょうど3周年を迎えたばかりです。
週末の早い時間に現役大学生のバイトの女子がいるのですが、
彼女が私と同じ大学、同じ学科の後輩なのです。

昔も今も、私の出た学科は一学年50人ほどで、絶対数が少なく、
学校関連のイベントなどならともかく、
普通に生活していてOBに遭遇することは本当に稀です。
まして現役生とは。

そんなこともあり、スポーツクラブの帰りなどに時々寄ってました。


先日、久しぶりにのぞいてみましたが、
その彼女、ようやく一通りカクテルを作らせてもらえるようになってました。
では、彼女がシェークしたカクテルを紹介します。

Dsc00624
ギムレット

とにかく照明の暗い店で、色味がわからないのはご容赦ください。
この店のギムレットはフレッシュライムジュースに加えて、
甘みにコーディアルライム(甘いライムジュース)を使うので、
少し黄緑がかった色です。

細かな氷の破片をなかなか綺麗に浮かせられない、と言っていたのですが、
この日は上手にできていました。
これで新宿にまた一人、立派な女性バーテンダー誕生?


Old Fashioned Club  月野景史

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ