« プロレス記者・評論家 菊池孝氏死去/昭和のプロレス中継の名解説者 | トップページ | 幻の女子更衣室 »

2012年9月 5日 (水)

【美術】『民衆を導く自由の女神』9/1放送『美の巨人たち』/革命画に託した芸術の革命

前回、2012年9月1日放送のテレビ東京系『美の巨人たち』テーマ作品「今週の一枚」は
ウジェーヌ・ドラクロワ『民衆を導く自由の女神』(1830年)でした。
http://www.tv-tokyo.co.jp/kyojin/backnumber/120901/index.html

Delacroix_001
この番組としては少し久しぶりに西洋絵画がテーマ、それも超大作が登場しました。
19世紀前半のフランス画壇、ロマン派を代表するドラクロワの代表作として、
誰でも一度は目にしたことがある、といっていい有名作でしょう。
しかし、革命がテーマであることは想像できますが、よく解らない点もある絵です。


その革命ですが、あまり西洋史に詳しくない人間としては、
当然フランス革命(1789年~)がテーマだと誤解してしまうのですが、
そあではなく、1830年のフランス7月革命が題材です。
歴史画のような雰囲気がありますが、リアルタイムの出来事がテーマなのですね。

そして、フランス革命からさほど経っていないのに、また革命?
などとも思ってしまいます。
西洋史に詳しくないと、解り難いです。
フランス7月革命は、1815年に復活した王制が、圧政に怒る市民により再び打倒された革命なのです。


ウジェーヌ・ドラクロワ
(Eugène Delacroix、1798年4月26日 - 1863年8月13日)

フランスの19世紀ロマン主義を代表する画家。

次回予告からある程度予想できましたが、
今回の番組の視点は、ドラクロワが描いた7月革命と、
ドラクロワ自身による絵画界の革命を重ね合わせるものでした。

夭折したテオドール・ジェリコーの影響を受け、ロマン主義を継承したドラクロワ。

The_raft_of_the_medusa
ドラクロワが感銘を受けたという、
ジェリコーの『メデューズ号の筏』(1818年-19年)


ドラクロワの描く絵が持つ劇的な画面構成や華麗な色彩表現は、
当時のフランス絵画の主流であった新古典主義、アカデミズム絵画からは受け入れ難いものでした。
しかし、ドラクロワはひるむことなく、自ら信じる道を邁進、
ついには画壇の権威、アカデミー・デ・ボザールの会員として認められます。


『民衆を導く自由の女神』
導くとはありますが、多くの民衆はこの圧倒的な存在感の女神を見ていません。
そう、彼女は革命の象徴であり、人々の目に見える存在ではないのです。

その中で、ただ一人女神を見ているように思える人間。
彼女の足元にひざまづく青い服の男。
この男が、画家が自分自身を託した姿である、というのが番組の解釈でした。
(この説には異論もあります。)


Old Fashioned Club  月野景史

« プロレス記者・評論家 菊池孝氏死去/昭和のプロレス中継の名解説者 | トップページ | 幻の女子更衣室 »

03.美の巨人たち (TV東京系)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562700/55590558

この記事へのトラックバック一覧です: 【美術】『民衆を導く自由の女神』9/1放送『美の巨人たち』/革命画に託した芸術の革命:

« プロレス記者・評論家 菊池孝氏死去/昭和のプロレス中継の名解説者 | トップページ | 幻の女子更衣室 »

フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ