« 【ビール 祭り】オクトーバーフェスト2012 東京周辺 8月後半以降の開催情報 | トップページ | 【プロ野球】西武×楽天/外野フライでトリプルプレイ(三重殺) これは珍しい »

2012年8月17日 (金)

【美術】カラヴァッジョ『勝ち誇るアモル』/無頼なる大画家の愛らしき傑作

このブログを始めて以来、プロフィール用に使わせてもらっている画像。

Amore_vittorioso_003
元絵はカラヴァッジョの『勝ち誇るアモル』です。

この絵についても、カラヴァッジョについても、まだ書いたことがありませんでした。
もちろん、好きな画家ですが、書くのが難しく感じるのです。

ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョ
(Michelangelo Merisi da Caravaggio、1571年9月28日 - 1610年7月18日)

16世紀末から17世紀初頭、ナポリやローマなどで活躍したイタリアの画家。
いわゆるバロック絵画の時代を切り開いた、革命的な天才。
その革新性故に忌避されることもありましたが、
それでもその才能は認められ、若くして名声を得ていました。

しかし、その美しい絵からは信じられないことですが、
私生活は暴虐・無頼、喧嘩に明け暮れる日々。
拘置所送りを繰り返した後、遂に決闘で相手を殺してしまい、
1606年にローマを離れ、逃亡の果てに熱病で亡くなりました。
1610年没。38歳。

西洋美術史上でも、超大物に属する画家の中では、屈指の無頼漢だったのです。



Amore_vittorioso_2

『勝ち誇るアモル』(Amor Vincit Omnia)1601年-1602年
『アモルの勝利』『愛の勝利』とも

これが全体像です。

アモル=クピド(キューピット)はローマ神話の愛の神。
ヴィーナスと軍神マルスの息子で、弓矢で男女を結びつける神として知られています。
もう少し幼い天使のような姿を、イメージする人が多いかも知れません。
ギリシア神話でいうと、エロスにあたりますが、このあたりはややこしいですね。

この絵のアモルは、愛らしくも蠱惑的です。
少年や青年を艶めかい肢体で描くのも、カラヴァッジョの特徴です。


さて、「アモルの勝利」…彼は何に勝ち誇っているのでしょう。
アモルの足元に何やら色々散らばっていますね。
鎧、王冠、直角定規とコンパス、バイオリンとリュート、ペンと楽譜…。

これらは武力、学術、音楽、文学などを象徴しています。
広義でいうところの、人間の創造した文化ですね。
それらを足元に配し、勝ち誇るアモル。
愛(アモル)はすべてに勝る。

「愛は勝つ」
やや短絡的にまとめれば、そういうことでしょう。

しかし、このような愛らしく美しい絵を描いた画家が、そんなにも無頼の男だったとは。
レオナルドやフェルメールに劣らず、カラヴァッジョの謎も深いのです。


Old Fashioned Club  月野景史

« 【ビール 祭り】オクトーバーフェスト2012 東京周辺 8月後半以降の開催情報 | トップページ | 【プロ野球】西武×楽天/外野フライでトリプルプレイ(三重殺) これは珍しい »

02.Art 美術 (雑学 コラム)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 【ビール 祭り】オクトーバーフェスト2012 東京周辺 8月後半以降の開催情報 | トップページ | 【プロ野球】西武×楽天/外野フライでトリプルプレイ(三重殺) これは珍しい »

フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ