« 【美術】カラヴァッジョ『勝ち誇るアモル』/無頼なる大画家の愛らしき傑作 | トップページ | 【美術展】「輝ける皇妃 エリザベート展」岡山で4/7まで開催中/究極の美と波乱の女性 »

2012年8月18日 (土)

【プロ野球】西武×楽天/外野フライでトリプルプレイ(三重殺) これは珍しい

昨日、8月17日に西武ドームで行われた
埼玉西武ライオンズ対東北楽天ゴールデンイーグルスの試合で、
三重殺(トリプル・プレー)があったと、ネットニュースで流れました。
そうそうないことですが、ネットニュースで流すほどか、と思ったのですが。
外野フライでの三重殺だそうです。これはたしかに珍しい。

場面は、ライオンズ2点リードで迎えたイーグルスの攻撃、6回無死一、二塁。
野上投手の投球をバッターのフェルナンデスがライト側へ痛烈な大飛球。
それを、ライオンズの熊代聖人外野手がスーパー好捕し、ボールは二塁、一塁と転送、
抜けると信じて走り出していた二人の走者は戻れず、三重殺が完成しました。

映像があったので紹介します。





抜けると思ったとはいえ、ノーアウトだし、無理せずしっかり打球の行方を見極めるべきところでした。

ところで、ニュースで「理解不能な二塁へのスライディング」と書かれたのが、
一塁ランナーだった楽天の銀次選手。
二塁を大きくオーバーランしており、
返球とほぼ同時のタイミングで、二塁にスライディングで戻りました。
銀次選手は一塁ランナーなのだから、一塁に戻らねばならず、
二塁にスライディングしても意味ないのです。

ただ、「理解不能」は少しかわいそうにも思いますね。
とりあえず必死に帰塁しようとした気持ちはわかりますから。


以下、スポニチ Sponichi Annexより引用。
☆☆☆
銀次 理解不能な二塁へのスライディング 星野監督 あきれる「頭のミスだ」
パ・リーグ  西武4-1楽天 (8月17日  西武D)

西武は17日、楽天戦で2点リードの6回無死一、二塁で、熊代聖人外野手(23)が右翼への大飛球をスーパー好捕。ボールは二塁、一塁と転送され、今季チーム2度目の三重殺が完成した。
先発・野上は「(熊代が)神様に見えた」とおどけたが、逆に「悪魔」に見えたのが楽天ベンチだろう。
楽天・星野監督「フライで三重殺食らうプロ野球選手は珍しいんじゃないの。頭のミスだろう」
指揮官があきれ顔で話す一方で、捕球されて気が動転したのか。二塁を大きくオーバーランしていた銀次はなぜか一塁に帰塁しようともせず、二塁に猛然とスライディング。「抜けると決めつけてしまった」と銀次はうなだれたが、この光景には西武ナインもあ然とした表情を浮かべた。
中島「誰かが二塁に突っ込んできて、誰や?と。あとで銀次って知った」
中村「理解不能。でも、まぁ難しいプレーだよね」
[ 2012年8月18日 07:20 ]
★★★


Old Fashioned Club  月野景史

« 【美術】カラヴァッジョ『勝ち誇るアモル』/無頼なる大画家の愛らしき傑作 | トップページ | 【美術展】「輝ける皇妃 エリザベート展」岡山で4/7まで開催中/究極の美と波乱の女性 »

25.スポーツ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562700/55450251

この記事へのトラックバック一覧です: 【プロ野球】西武×楽天/外野フライでトリプルプレイ(三重殺) これは珍しい:

« 【美術】カラヴァッジョ『勝ち誇るアモル』/無頼なる大画家の愛らしき傑作 | トップページ | 【美術展】「輝ける皇妃 エリザベート展」岡山で4/7まで開催中/究極の美と波乱の女性 »

フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ