« 【政治】消費増税 参院でも可決/野田総理3年前の選挙演説を聴く | トップページ | 【昭和プロレス】レッド・バスチェン死去/本当に“巧い”レスラー »

2012年8月11日 (土)

【美術展】「ドビュッシー、音楽と美術 」ブリヂストン美術館 余談

Debussy_001

一昨日、 「ドビュッシー 、音楽と美術 ー印象派と象徴派のあいだで」(ブリヂストン美術館)
についてのブログを書きました。
http://oldfashioned.cocolog-nifty.com/blog/2012/08/post-ddc1.html

こちらへのアクセスはまだ大したことはありませんが、
mixi日記に転載したところ、多くのリアクションがありました。
なかなか関心の高い催しのようです。


しかし、この展覧会のこと、実は書き難かったです。

音楽と美術のコラボイベントと聞いて、
私は当然、館内に音楽が流れているものと思いました。
それも、それぞれの展示室ごとに、展示内容に合わせた音楽が。

この美術館の構造については多少は程度知っています。
もちろん、音響設備については知る由もないですが、
スペース面だけでいえば、ある程度は可能だと思ったのです。
もしかしたら、時間によっては生演奏などもありかな、などとも想像しました。

ところが、先に観賞された方々のブログ等を読むと、
BGMはまったく無しとのこと、結構驚きました。

ただ、前回のブログに書いた通り、私が行った時は一部でピアノ曲が流れていた、
と記憶していますが。

私は元々ドビュッシーについてはよく知りませんので、
ブリジストン美術館所蔵作+オルセー美術館、オランジェリー美術館からの、
来日作品を楽しんで過ごせ、よかったです。

しかし、音楽家の名を冠した美術展とはいかなるものたるべきか。
ちょっと考えさせられました。

音楽、特にドビュッシーに詳しい方がこの催しを観賞してどう感じるか、
興味があるところです。


Old Fashioned Club  月野景史

« 【政治】消費増税 参院でも可決/野田総理3年前の選挙演説を聴く | トップページ | 【昭和プロレス】レッド・バスチェン死去/本当に“巧い”レスラー »

01.Art 美術 (展覧会)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562700/55402526

この記事へのトラックバック一覧です: 【美術展】「ドビュッシー、音楽と美術 」ブリヂストン美術館 余談:

« 【政治】消費増税 参院でも可決/野田総理3年前の選挙演説を聴く | トップページ | 【昭和プロレス】レッド・バスチェン死去/本当に“巧い”レスラー »

フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ