« 【美術】7/28放送『美の巨人たち』小磯良平作『斉唱』/開戦前夜の美しき歌声 | トップページ | ロンドン五輪開会式 日本選手団途中退場問題検証/JOCは公式見解を »

2012年7月31日 (火)

【芸能】1970年代 男性アイドル歌手 女性アイドル歌手 各ベスト5

以前、某掲示板に1970年代アイドル歌手の男女各トップ5を選んで書き込んだことがあります。
5組の中では順番は付けず羅列しただけですが、意外と好評でした。

アイドルのベストを選ぶのは難しい面があります。
数字だけなら、レコード売上げ枚数を見ればいいのですが、
アイドルとなると、
「アイドルか否か」
「よりアイドル的か」
「いつまでアイドルだったといえるのか」
という要素が絡み、それに数字を自分の匙加減で加味して、選ぶことになります。

ですので、基本的に選者の主観になるのですね。
だから、万人に受け入れられるベストは難しいのですが、
私が選んだトップファイブは納まりがいいと、結構好評でした。
それは以下の通りです。


◇1970年代(1970年-79年) 男性アイドル ベストファイブ (デビュー順)
フォーリーブス
野口五郎
西城英樹
郷ひろみ
フィンガー5



◇1970年代(1970年-79年) 女性アイドル ベストファイブ (デビュー順)
天地真理
桜田淳子
山口百恵
キャンディーズ
ピンク・レディー


男女共、ソロ3人にグループ2組。
なかなか、まとまりが良くはないですか。

フィンガー5は5人の内1人は女性ですが、
女性ファンからの人気が圧倒的でしたし、男性アイドルに入れました。

ではそれぞれについて、もう少し詳しく見ていきます。


◇1970年代 男性アイド ルベスト5 (括弧内はレコードデビュー日)
フォーリーブス (1968年9月5日)
野口五郎 (1971年5月1日)
西城英樹 (1972年3月25日)
郷ひろみ (1972年8月1日)
フィンガー5 (1972年8月25日)


この選択の前提として、沢田研二さんはアイドルに含めていません。
沢田さんは70年代もアイドル的な人気は高かったですが、
一応60年代のアイドル、70年代は実力派歌手という認識で外しました。

70年代の男性アイドルといえば、ひろみ、秀樹、五郎の「新御三家」が圧倒的でした。
ハイレベルな人気を長期に渡って保ち、この3人には文句のつけようがありません。

後は大ヒットはないが活躍期間の長かったフォーリーブスと、
短期間ながら爆発的人気だったフィンガー5という好対照のグループ。

フィンガー5は短期爆発型といっても「一発屋」ではなく、
記憶にも記録にも残る、大ヒットした名曲が複数あります。

異論があるとすればフォーリーブスでしょうか。
今回選んだ10組のうち、フォーリーブス以外の9組はすべてオリコン1位を獲得していますが、
彼らの歌は最高10位。数字の面ではかなり劣ります。


Fl001
しかし、特に“1970年代”という点では、その幕開けとほぼ同時にトップに立ったこと、
そして彼らのスタイルが、「美少年たちが歌って踊って」という、
男性アイドルのイメージを具現化したようなものであること…、
というよりは、そのスタイルが彼らによって定着した面も大きく、外せないと考えました。
それに、彼らを押しのけて、入れなければならないような人達もいないでしょう。


◇1970年代 女性アイドル ベスト5 (デビュー順)
天地真理 (1971年10月1日)
桜田淳子 (1973年2月25日)
山口百恵 (1973年5月21日)
キャンディーズ (1973年9月1日)
ピンク・レディー (1976年8月25日


1970年代初頭のトップアイドルは天地真理さん。これは文句ないと思います。
彼女と並んで三人娘といわれたのが、小柳ルミ子さんと南沙織さん。
特に小柳さんの70年代通してのレコードセールスは立派なのですが、
早い段階で大人の実力派に転身していると思うので、アイドルのトップ5からは外しました。

70年代の男性アイドルが新御三家ならば、女性は百恵・淳子でしょう。
長期に渡って高い人気を保ちました。
特に80年の引退までトップを譲らなかった山口百恵さんは文句なし。
桜田淳子さんは70年代末にはやや失速しますが、
「アイドル」という点では百恵さんより淳子さんの方よりアイドル的でした。
(上に書いた通り、この点は私の主観です)

この二人と並んで中三トリオなどと呼ばれた森昌子さんは、
早い段階で実力派演歌歌手のイメージが強くなったと思います。
もう一人挙げるなら、優れた歌唱力でヒット曲を連発した岩崎宏美さんがいますが、
アイドルという点では、淳子さんでしょう。


Can_002
そしてテレビの寵児として数々のヒットを生み、
78年の解散フィーバーも凄まじかったキャンディーズ


Pin_0001
70年代後半に日本中を巻き込んで爆発的ブームを起こした、
生ける伝説、ピンク・レディー

この2組には異論はないと思います。

この5組より後のデビューとなると、榊原郁恵さん、石野真子さんなどでしょうが、
5組に割り込むのは難しいでしょう。


以上、1970年代アイドル歌手男女各ベスト5、いかがでしたか。
70年代は新御三家と百恵・淳子の時代が長く、後半~終盤に強力なアイドルが生まれませんでした。
1980年代を迎えて早々に、たのきんトリオと松田聖子さんがブレイクし、一気に代替わりしました。
ですので、70年代から80年代にまたがる強力なアイドルが少なく、選び易い面もありました。

さて、その1980年代となるとどうでしょうか?
この時代の芸能界は女性アイドル全盛時代と呼ばれます。
女性については、ベスト5などとても絞り切れないかと思ったのですが、
考えてみると、5組だとまたちょうどうまい具合ら絞れるようにも感じます。

男性の方はえげつない結果になりそうですが、こちらも5組でピッタリか。

80年代についてはまた改めて。


Old Fashioned Club  月野景史

« 【美術】7/28放送『美の巨人たち』小磯良平作『斉唱』/開戦前夜の美しき歌声 | トップページ | ロンドン五輪開会式 日本選手団途中退場問題検証/JOCは公式見解を »

38.アイドル」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562700/55327470

この記事へのトラックバック一覧です: 【芸能】1970年代 男性アイドル歌手 女性アイドル歌手 各ベスト5:

« 【美術】7/28放送『美の巨人たち』小磯良平作『斉唱』/開戦前夜の美しき歌声 | トップページ | ロンドン五輪開会式 日本選手団途中退場問題検証/JOCは公式見解を »

フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ