« 【美術展】ベルリン国立美術館展 学べるヨーロッパ美術の400年」国立西洋美術館/6月13日に開幕 | トップページ | 【音楽】尾崎紀世彦さん死去/『また逢う日まで』『ウルトラセブン』も!? とにかく歌の上手い人 »

2012年5月29日 (火)

【カメラ】ペンタックスデジタル一眼レフ「PENTAX K-30」発表/カラーオーダー出来るミドル機

5月29日、ペンタックスリコーイメージング株式会社は、
デジタル一眼レフカメラ「PENTAX K-30」を発表しました。

K30
発売日は「近日」ということで詳細未定、価格はオープンです。
既に海外では先週発表されていました。
http://www.pentax.jp/japan/news/2012/20120529_01.html


そして、K-30は15種類から選べる「オーダーカラー受注サービス」の実施も発表されました。
通常販売のレギュラーカラー3種類に加え、15種類のカラーバリエーション(カラバリ)が
受注販売方式で用意されています。

このオーダーカラ―はかつて同じペンタックス製デジタル一眼レフの
「K-x」、「K-r」にも採用されており、同社の一眼レフではおなじみのサービスです。

04dsc03927

Dsc03926
*参考写真:カメラのイベント「CP+2011」でのPENTAXのブース。
  K-rのカラーバリエーションがフィーチャーされています。(K-30とは関係ありません)

カラーオーダーは特に初心者・初級者向けにカメラ選びの楽しさを提供してきました。

さて、K-30が今までのカラーオーダー対応機種と違うのは、
これまでのK-xとK-rは初心者用入門機、いわゆるエントリー機だったのに対し、
K-30はひとつ上のクラスのミドル機(中級機)に分類されることです。

このカメラの持つ、アウトドア撮影に適した防塵・防滴構造や、
視野率100%のペンタプリズムの光学ファインダー、
前後の2ダイヤルなどはミドル機のスペックなのです。

大きさ・重量もエントリー機よりは上、ただ一般的なミドル機よりは小型軽量です。
価格はまだよくわかりませんが、価格.comで見たところ、
新発売のデジタル一眼レフミドル機としてはリーズナブルに感じます。

なかなか魅力的なカメラだと思いますが、
PENTAXは2010年発売のミドル機「K-5」の評判もよくまだ現役で、
しかも現在は価格がだいぶこなれています。
K-30はK-5よりは下位ということになると思うので、住み分けはどうでしょうか。


さて、カラ―バリエーションです
果たして、ミドル機を買う層がオーダーカラ―にこだわるのでしょうか。
そこがちょっと微妙に思うのですが、オーダーカラーで購入したK-xやK-rユーザーの
ステップアップを見込んでいるのかも知れません。

そして、↓このページでカラ―表を見ると、割りと渋めの色が多いですね。
http://www.pentax.jp/japan/products/k-30/color/index.html

ピンクが見当たりません。水色やキミドリと呼べるカラーも。
パステルやビビッドが少なく、総じて渋めの色揃えです。
実機を並べたとしても、上に写真を載せたK-rのカラパリとはだいぶ印象が違うでしょう。
ミドル機仕様、あるいはアウトドア仕様の、少し大人向け本格指向のカラ―設定ということでしょうか。

そもそも、デジタル一眼レフにおけるエントリー機、ミドル機という区分けも
適当でなくなっていくのかも知れません。

従来、エントリー機を購入していた層はミラーレス一眼を、
一眼レフがほしい人はある程度本格的なミドル機を、
というようになってもおかしくはないです。
といっても、PENTAXが今後エントリー一眼レフを発売しないとは、まだいえませんが。

しかし、機能性も備えたなかなか面白いカメラだと思います。

« 【美術展】ベルリン国立美術館展 学べるヨーロッパ美術の400年」国立西洋美術館/6月13日に開幕 | トップページ | 【音楽】尾崎紀世彦さん死去/『また逢う日まで』『ウルトラセブン』も!? とにかく歌の上手い人 »

52.写真 カメラ」カテゴリの記事

フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ