« 【美術展】2012年5月を楽しむ西洋絵画の展覧会を一挙紹介・東京編 | トップページ | 【プロレス】竹内宏介氏死去/ゴング誌編集長 名解説者 昭和プロレスの伝道師 »

2012年5月 3日 (木)

【美術】ムンク『叫び』96億円で落札/実は複数ある『叫び』 オリジナル油彩画との比較

あの有名な絵画、ムンクの『叫び』」が、
ニューヨークで行われたオークションで1億1992万2500ドル(約96億円)で落札された、
とニュースが流れ、話題を呼んでいます。

☆☆☆
ムンクの「叫び」落札 史上最高の96億円
ノルウェーの画家エドバルト・ムンクの代表作「叫び」が2日、
競売大手サザビーズがニューヨークで行ったオークションで
1億1992万2500ドル(約96億円)で落札された。
美術品の落札額としては、2年前にパブロ・ピカソの「裸婦」についた
1億650万ドルを抜き、史上最高額となった。
http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C9381959CE2E1E2E2988DE2E1E2E7E0E2E3E0E2E2E2E2E2E2
★★★

ムンクの『叫び』といえば有名な絵です。
誰でも知っているといってもいいでしょう。
約96億円という金額も凄いですね。

でも、少し違和感を感じませんか。
そんな有名な絵が、簡単に売りに出されるものなのか?

実はニュースでも流れているように、『叫び』は複数あるのです。
ニュースでは、今回落札された絵も含めて、4点とされていますね。

エドヴァルド・ムンク
(Edvard Munch, 1863年12月12日-1944年1月23日 80歳没)
ノルウェーの画家。

『叫び』のオリジナルは1893年、ムンク30歳の年に油彩画として描かれています。
母親や姉の早い死、自身の病気など、生への不安、死への恐れが、
ムンクに『叫び』を描かせた、といわれています。
しかし、ムンク自身は80歳までと、随分長生きしたのですね。

その後、ムンクは同じテーマで、テンペラ画、パステル画、リトグラフとして、
『叫び』を描きました。
色合い、構図の細部等に違いがあります。
油彩画はオリジナルだけです。

今回落札された作品は1895年制作のパステル画で、
ノルウェー人実業家が所蔵していた、いわゆる「個人蔵」品です。

オリジナルの油彩画はオスロ国立美術館、
テンペラ画とパステル画(1893年版)とリトグラフはオスロのムンク美術館が所蔵しています。
オリジナルではなく、元々個人蔵の作品で、存在も知られていたので、
それほどの驚きではないのですね。

このオークションが行われることも、既に2月にニュースで流れていました。
http://www.asahi.com/international/update/0222/TKY201202210784.html?ref=reca

とはいえ、ムンク本人直筆の本画であることは間違いないので、
やはり大きなニュースではあります。

それではオリジナルの油彩画と比べてみましょう。


Scream_001_2 
『叫び』(ノルウェー語: Skrik、英語: The Scream)
1893年 油彩 オスロ国立美術館



Scream_002_2
『叫び』 1895年 パステル画  個人蔵


いかがですか。
油彩とパステルなので、色合い以前にまず筆致が違うし、
構図だと、わかり易いところでは、背後の人物のボーズが違いますね。


Scream_003
『叫び』 1910年 テンペラ画  ムンク美術館

こちらオリジナルから17年後、ムンク47歳の年に描かれたテンペラ画。
色彩感がかなり違いますね。

« 【美術展】2012年5月を楽しむ西洋絵画の展覧会を一挙紹介・東京編 | トップページ | 【プロレス】竹内宏介氏死去/ゴング誌編集長 名解説者 昭和プロレスの伝道師 »

02.Art 美術 (雑学 コラム)」カテゴリの記事

61.社会 ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562700/54621560

この記事へのトラックバック一覧です: 【美術】ムンク『叫び』96億円で落札/実は複数ある『叫び』 オリジナル油彩画との比較 :

» ムンクの「叫び」は実は複数ある(内4点の画像有り)。パステル画バージョンは史上最高の96億円で落札された。 [ニュースを読まねば]
実はこの有名な「叫び」には、複数のバージョンがある。それは記事の最後に画像を掲載しているので比較してみて欲しい。さて、2日の夜。ニューヨークで行われた競売大手サザビーズのオークションで、ノルウェーの画家エドバルト・ムンクの代表作である「叫び」が史上最高値で落札された。その落札値はなんと、1億1990万ドル(約96億1600万円)だ。落札された「叫び」は有名な絵だが、実はエドバルト・ムンクは「叫び」を複数作成しており、今回落札されたのはそのうちのパステル画で1895年に描かれた..... [続きを読む]

» NY,ムンクの「叫び」史上最高の96億円 [自分なりの判断のご紹介]
「私は2人の友人と歩道を歩いていた。 太陽は沈みかけていた。突然、 空が血の赤色に変わった。 私は立ち止まり、酷い疲れを感じて 柵に寄り掛かった。 それは炎の舌と血とが青黒いフィヨルドと 町並みに被さるようであった。 友人は歩き続... [続きを読む]

« 【美術展】2012年5月を楽しむ西洋絵画の展覧会を一挙紹介・東京編 | トップページ | 【プロレス】竹内宏介氏死去/ゴング誌編集長 名解説者 昭和プロレスの伝道師 »

フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ