« 須藤元気 WORLD ORDER 実践力溢れる才人/被災地でボランティア活動も | トップページ | 【美術展】「ユベール・ロベール-時間の庭」国立西洋美術館/遺跡と自然、そこに暮らす人々を描いた画家 »

2012年4月14日 (土)

桜散る

咲き誇った桜も

Sakura2012_001_2 


必ず散ります。

Sakura2012_002


既にだいぶ散っていたところに今日の雨ですから、
関東近辺では桜の季節も終わりでしょう。

「桜散る」
願いがかなわなかった時、
特に季節柄、入学試験の不合格の際のたとえに使われる言い回しです。

もともと、「サクラサク」というのが合格電報の慣用句ですね。
それとの対比で使われる面もあるのでしょう。

しかし、桜は咲いたら必ず散るものです。
入試に落ちたことをたとえるなら、
「桜散る」ではなく、「桜咲かず」の方が相応しいように思います。

まぁ、うれしくないたとえですから、
どちらが相応しいと、突き詰めることもないでしょうけど。

桜が咲き、散るイメージのあるフィクションというと、
漫画の『めぞん一刻』(高橋留美子)を思い起こします。

基本的に現実世界と同様に時が流れ、
登場人物も年齢を経ていく作品なので、
節目に桜が効果的に使われていました。

« 須藤元気 WORLD ORDER 実践力溢れる才人/被災地でボランティア活動も | トップページ | 【美術展】「ユベール・ロベール-時間の庭」国立西洋美術館/遺跡と自然、そこに暮らす人々を描いた画家 »

98.随想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562700/54468224

この記事へのトラックバック一覧です: 桜散る:

« 須藤元気 WORLD ORDER 実践力溢れる才人/被災地でボランティア活動も | トップページ | 【美術展】「ユベール・ロベール-時間の庭」国立西洋美術館/遺跡と自然、そこに暮らす人々を描いた画家 »

フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ