« 【美術】ダ・ヴィンチ『ほつれ髪の女』4/7『美の巨人たち』/巨匠未完の神々しき女性像 | トップページ | 遠近両用眼鏡/私的「老眼」考 »

2012年4月 9日 (月)

【美術展】「宮沢賢治・詩と絵の宇宙 雨ニモマケズの心」そごう美術館/賢治世界をテーマとしたアート展

横浜のそごう美術館において4月22日まで、
展覧会「宮沢賢治・詩と絵の宇宙 雨ニモマケズの心」が開催中です。

Miyazawa_001

宮沢賢治・詩と絵の宇宙 雨ニモマケズの心
2012年3月29日(木)-4月22日(日)
そごう美術館

主催:そごう美術館 NHKサービスセンター
http://www2.sogo-gogo.com/common/museum/archives/12/0329_miyazawa/

貴重な賢治の遺稿なども展示されているので、
資料展のように思われるかも知れませんが、それは一部で、
全体としては、多くの芸術家達による賢治作品をテーマとした作品展です。
ですので、「美術展」の範疇に入りますね。

その中には棟方志功、高村光太郎ら往年の巨匠の名もありますが、
大半は1980年代、90年代、そして2000年代の新しい時代のアーティストによるもので、
主に挿絵の原画、その数250点ほどになります。


宮沢賢治 1896年(明治29年)8月27日-1933年(昭和8年)9月21日 満38歳没
若くして亡くなった童話作家、詩人。
生前は広く知られることはありませんでしたが、没後まもなく評価が始まり、
いまや日本文学史上屈指のビッグネームです。

『銀河鉄道の夜』『風の又三郎』『注文の多い料理店』『オツベルと象』・・・、
誰でも知っている、といって大袈裟でないくらい有名ですね。

賢治が生まれた年に明治三陸地震、
亡くなる約半年前に昭和三陸沖地震がありました。
岩手県に生まれた賢治の生涯は、天災と凶作に悩まされたものでした。
その苦しい中で、賢治は岩手県をイメージしたといわれるドリームランド、
理想郷イーハトーブを創造しました。

東日本大震災からの復興に向けて歩み出した今、
賢治作品への注目は再び高まっているのかも知れません。

そしてその独自の世界観で綴られた詩や物語は、
今日に至るまで多くの芸術家たちに視覚的・聴覚的インスピレーションを与えています。
本展はそんなアーティスト達の作品を集めた美術展といえます。


一方、賢治の遺稿では、あの著名な詩『雨ニモマケズ』が記された手帳が展示されています。
この「雨ニモマケズ手帳」は賢治の没後半年後の1934年2月16日に東京・新宿で開催された
賢治を偲んでの「宮沢賢治友の会」の席上で発見されました。
この会に招かれた賢治の弟宮沢清六氏が、賢治の遺品である大きな革トランクを持参しており、
その中から会の参加者により見出されたのです。

本展は4月22日まで開催されていますが、
この「雨ニモマケズ手帳」は4月11日(水)までの展示なので、
観賞希望の方はお早めに。
ただ、これがないなら行かない、という程のものでもないとは思いますが。

その他、賢治自身による絵画作品も展示されています。

« 【美術】ダ・ヴィンチ『ほつれ髪の女』4/7『美の巨人たち』/巨匠未完の神々しき女性像 | トップページ | 遠近両用眼鏡/私的「老眼」考 »

01.Art 美術 (展覧会)」カテゴリの記事

22.文化 文学 歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562700/54430488

この記事へのトラックバック一覧です: 【美術展】「宮沢賢治・詩と絵の宇宙 雨ニモマケズの心」そごう美術館/賢治世界をテーマとしたアート展:

« 【美術】ダ・ヴィンチ『ほつれ髪の女』4/7『美の巨人たち』/巨匠未完の神々しき女性像 | トップページ | 遠近両用眼鏡/私的「老眼」考 »

フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ