« 【美術展】「宮沢賢治・詩と絵の宇宙 雨ニモマケズの心」そごう美術館/賢治世界をテーマとしたアート展 | トップページ | 【Bar】新宿カクテルウォーカー4月15日/新宿のバ―4店を飲み歩くイベント »

2012年4月10日 (火)

遠近両用眼鏡/私的「老眼」考

老眼の進行には抗えず、遠近両用メガネを購入しました。

老眼の症状が出るのはやはりショックですね。
しかし、ショックの原因はこのネーミングにあるのではないかと思います。
40代半ばで自覚するものを「老眼」とはちょっと酷いのでは?
と、みんな自分がなってみて思うのでしょうね。

先日もテレビでダウンタウンの浜田雅功さんが老眼について盛ん語ってました。
手元が視え難い、食べ物がぼやけて気持ち悪い・・・。
たしか、納豆を食べる時が嫌だと言っていたように思います。

これは私も同感で、食べ物を箸やフォーク、スプーンで口元に運ぶのは気にならないですが、
器に目を近付けねばならぬ時がぼやけて見難いのです。
納豆ご飯は箸では持ち難く、どうしてもお椀に顔を近づけますのでね。
(もしかしたら、納豆をかき混ぜる時のことを言っていたのかもしれませんが。)


昨年、大学の同級生女子の弾き語りライブに行ったのですが、
演奏の合い間のトークの半分近くが老眼ネタでした。
曰く、楽譜が視えない、ギターの弦がだぶって視える・・・。
そこまで老眼を押してどうする?


さて、私は元々軽度の近視で、一応眼鏡を持っていますが、常用はしていませんでした。
免許の更新は眼鏡なしでは無理だし、駅の表示などもないと厳しいのですが、
老眼が進むと、近眼用眼鏡では手元がよけい見づらくなったので、使う頻度が更に減りました。
例えば美術館で、絵や掲示されている説明文には眼鏡があった方がいいてすが、
手元の目録などは返って見難いのです。


というわけで、遠近両用めがねです。
しかし、これは両用とはいえ、レンズ全面で近くも遠くも視えるのではないのですね。
大雑把にいえば、ガラスの上部は遠くを視る用、
下部は近くを視る用に出来ていて、それを使い分けねばなりません。

最初はなかなか慣れないし、ずっと慣れない人もいるとのことです。
早速使用してみましたが、たしかに一筋縄ではいかないようです。
さて、上手く馴染めますか。

« 【美術展】「宮沢賢治・詩と絵の宇宙 雨ニモマケズの心」そごう美術館/賢治世界をテーマとしたアート展 | トップページ | 【Bar】新宿カクテルウォーカー4月15日/新宿のバ―4店を飲み歩くイベント »

99.徒然の記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562700/54431821

この記事へのトラックバック一覧です: 遠近両用眼鏡/私的「老眼」考:

« 【美術展】「宮沢賢治・詩と絵の宇宙 雨ニモマケズの心」そごう美術館/賢治世界をテーマとしたアート展 | トップページ | 【Bar】新宿カクテルウォーカー4月15日/新宿のバ―4店を飲み歩くイベント »

フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ