« フォーリーブスの名曲を辿る① 全盛期のヒット曲達/北公次さん追悼 | トップページ | 【美術展】『フェルメール 光の王国展』フェルメール・センター銀座/人気画家の全作を俯瞰する超入門展 »

2012年2月23日 (木)

フォーリーブスの名曲を辿る② 活動後期の佳作達/北公次さん追悼

元フォーリーブスの北公次さんが2月22日に亡くなりました。
http://oldfashioned.cocolog-nifty.com/blog/2012/02/1970-84bf.html
謹んで哀悼の意を表します。


1970年代を代表する男性アイドルグループ・フォーリーブス
Fl002


フォーリーブスは1967年結成、1968年レコードデビュー、1978年解散。
前回のブログでは活動前期、全盛期といえる1973年までの名曲を紹介しました。
http://oldfashioned.cocolog-nifty.com/blog/2012/02/post-f947.html

今回はその後編として、活動後年の歌を紹介します。
アイドルとしての人気には陰りが見え、あまりヒットしていない曲も多いのですが。
前期とは違った大人っぽい名曲が並びますので、聴いてください。




『急げ!若者』(1974年)

1974年に公開されたフォーリーブスの4人主演による同名映画の主題歌。
青山孝さんの歌唱力に圧倒されます。




『嵐のあと』(1975年)

勇壮、ダイナミックな名曲。




『踊り子』(1976年)

それまで賞には縁のなかったフォーリーブス。
この歌もオリコン最高41位で、ヒットしたとまでは言えませんが
結成10周年記念曲として日本歌謡大賞特別賞などを受賞しました。
『ブルドッグ』と共にジャニーズの後輩達に歌い継がれています。




『ハートブレイク急行』(1976年)

知られざる名曲。こういう歌こそヒットしてほしかった。




『ブルドッグ』(1977年)

現在、フォーリーブスの歌で最もよく知られているのはこれでしょう。
解散前年、フォーリーブスとして起死回生、最後の勝負を賭けたような曲でした。
そこそこ話題にはなったのですが、オリコン最高40位と大きなヒットにはならず、
7年連続して出場していた紅白歌合戦にも落選しました。

しかし、ジャニーズの後輩達に歌い継がれ、
更に再結成後のテレビ出演時もこの曲を歌うことがほんどで、
フォーリーブスの代表曲して知られています。




『THE END -思いがけず出会ったら』(1978年)

最初の解散前のラストシングルです。

悲しい機会ではありますが、フォーリーブスの名曲に少しふれてみてください。


Old Fashioned Club  月野景史

« フォーリーブスの名曲を辿る① 全盛期のヒット曲達/北公次さん追悼 | トップページ | 【美術展】『フェルメール 光の王国展』フェルメール・センター銀座/人気画家の全作を俯瞰する超入門展 »

23.音楽」カテゴリの記事

38.アイドル」カテゴリの記事

トラックバック

« フォーリーブスの名曲を辿る① 全盛期のヒット曲達/北公次さん追悼 | トップページ | 【美術展】『フェルメール 光の王国展』フェルメール・センター銀座/人気画家の全作を俯瞰する超入門展 »

フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ