« 【母校】上智大学SJハウスに元学長土田將雄先生を訪ねる/知られざる上智の常識も少し紹介 | トップページ | 【美術展】『フェアリー・テイル~妖精たちの物語展』三鷹市美術ギャラリー/英国ファンタジーワールドの魅惑 »

2012年2月 3日 (金)

【美術展】『ルドンとその周辺―夢見る世紀末』三菱一号館美術館/黒と色彩の妖しき世界

東京丸の内の三菱一号館美術館で34日まで、
『ルドンとその周辺―夢見る世紀末』が開催中です。

Redon_001_2

ルドンとその周辺―夢見る世紀末
三菱一号館美術館《グラン・ブーケ(大きな花束)》所蔵記念

2012
117日(火)-34日(日)
三菱一号館美術館

http://mimt.jp/redon2012/



オディロン・ルドン
Odilon Redon, 1840420-191676日)

フランス、ボルドーの出身。
ルドンは象徴主義の画家とされます。
この象徴主義というのは解り難いですね。
神秘的・幻想的な作品である、と解釈すると解り易いかも知れませんが、
必ずしもそういう世界を描いた絵ばかりとも限りません。

しかし、ルドンに関しては明らかに神秘的な絵も多いです。
ではルドンは典型的な象徴主義の画家?
Wikipedia
にはそれに否定的なことも書かれていますね。
あまりジャンル論に拘っても仕方ないですが、
特に神秘・幻想的な世界が好きならば、魅力的な画家です。

Redon

ルドンとその周辺―夢見る世紀末
今回の展覧会は、世界有数のルドン・コレクションを誇る

岐阜県美術館の所蔵品によりルドンの芸術世界を概観しようという主旨で、
以下三つのセクションから校正されています。

①ルドンの黒
②色彩のルドン
③ルドンの周辺ー象徴主義者たち

ルドン自身の絵の他にも、彼に影響を与えたモローやブレスダン、
ファンタン・ラトゥールやゴーギャンなどの同時代人、
あるいはルドンの影響を受けたドニを始めとするナビ派など、
ルドンに先駆けた画家、また後を受け継いだ画家たちを併せて観賞することで、
ルドンが切り開いた象徴主義の世界の広がりと奥行きを辿りろうという催しです。


そして、本展のタイトルにもあるように、
この開催に合わせて三菱一号館美術館が新規収蔵したこの作品が公開されています。

Redon_002

『グラン・ブーケ(大きな花束)』(1901
ルドンが描いた最大級のパステル画でありながら、
110
年間フランスの城館に秘蔵されていた幻の作品。
本邦初公開となります。

展示作からもう1点紹介しましょう。

Redon_003
『エドガー・ポーに Ⅰ眼は気球のように無限に向かう』(1882年)
まさに“ルドンの黒”
かのエドガー・アラン・ポーへのオマージュです。
ポーはアメリカの作家ですが、シャルル・ボードレールによる訳で、
フランスでも高い人気を誇りました。
ポーとルドン、上にも書きましたが、幻想的なものが好きな人間には、
強烈に魅力的な組合せです。

« 【母校】上智大学SJハウスに元学長土田將雄先生を訪ねる/知られざる上智の常識も少し紹介 | トップページ | 【美術展】『フェアリー・テイル~妖精たちの物語展』三鷹市美術ギャラリー/英国ファンタジーワールドの魅惑 »

01.Art 美術 (展覧会)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562700/53895208

この記事へのトラックバック一覧です: 【美術展】『ルドンとその周辺―夢見る世紀末』三菱一号館美術館/黒と色彩の妖しき世界:

« 【母校】上智大学SJハウスに元学長土田將雄先生を訪ねる/知られざる上智の常識も少し紹介 | トップページ | 【美術展】『フェアリー・テイル~妖精たちの物語展』三鷹市美術ギャラリー/英国ファンタジーワールドの魅惑 »

フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ