« 【美術】『美の巨人たち』余話/絵画警察シリーズのテーマ曲は? | トップページ | 【写真】『日曜美術館』1/22「木村伊兵衛 天然色でパリを撮る」/写真界の巨星が異国で写した「色」 »

2012年1月24日 (火)

【未確認動物】米国の大学がビッグフットを科学的に研究!?/その姿を捉えた1967年の映像を改めて紹介

アメリカのアイダホ州立大学が未知の大型類人猿「ビッグフット」を
科学的に研究しようしている、というニュースがネットで配信されました。
今更…、ちょっと驚きました。

Bigfoot

★★★
未確認大型類人猿「ビッグフット」、真剣に研究
北米にいるとされる未知の大型類人猿「ビッグフット」を科学的に研究しようと、米アイダホ州立大が今月、世界初の専門の電子版学術誌を開設した。ビッグフットは、ゴリラを大きくしたような体格で二足歩行し、北米の太平洋側を中心に目撃や足跡の報告が絶えない。しかし、いたずらや見間違いも多く、科学界では長く、未確認飛行物体(UFO)や幽霊などと同様のたわごととして無視されてきた。ただ、足跡の中には、地面をけって滑った跡、足紋が全面に残るもの、骨格の発育不全、切り傷が治ったような跡などが見つかっている。一部の研究者は、ビッグフットは身長2メートル以上で夜行性で、約10万年前に絶滅した身長3メートルの巨大類人猿ギガントピテクスの生き残りが、当時陸続きだったベーリング海峡をわたって北米に分布を広げたのではないかなどと真剣に議論している。アジアの「雪男」(イエティ)などは近縁種とみられる。サイトは「残存ヒト上科の調査」と題され、一般的な学術誌と同じく専門家が投稿を審査する。第1号の論文は、カリフォルニア州のアメリカ先住民の「毛むくじゃらの男」に関する伝承や絵について報告した。
(2012年1月24日12時19分  読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20120124-OYT1T00357.htm
★★★


ビッグフットはイギリス・スコットランドのネス湖の怪物ネッシー、
またヒマラヤの雪男イエティと並ぶ
未確認動物、未知動物、UMAなどとも呼ばれる世界の有名スターの一人(?)です。
分野としては雪男と同じ猿人系ということになります。

昨年夏、やはり猿人系未確認動物として古くから知られる、
南米の「モノス」がフジテレビの番組で取り上げられました。
そのことを記した私のブログにも多くのアクセスがありました。
http://oldfashioned.cocolog-nifty.com/blog/2011/08/sp-1633.html
この番組は最近再放送され、ブログのアクセスが急伸して驚いたばかりです。

21世紀になって取り上げられることも少なくなったと思いますが、
まだこういった分野への関心もあるのですね。

ビックフットは、モノスよりも知名度の遥かに高い未確認動物です。
1970~80年代にはテレビや雑誌等のメディアに取り上げられることも多かったと思います。
それは、カラーフィルムで撮影された映像(写真ではなく動画)という資料の存在が
大きかったからかと考えられます。
その映像の紹介の前に、ビッグフットについて少し記します。


ビッグフット(bigfoot)
Wikipediaによるとビッグフットは
「アメリカ合衆国・カナダのロッキー山脈一帯で目撃されるUMA(未確認動物)、
または同種のUMAの総称。サスクワッチ、サスカッチ(英:Sasquatch)とも呼ばれる。」
とあります。

これだと、ビッグフットとサスカッチは同義のように思えます。
たしかに、私もサスカッチという名前を先に知ったと憶えています。

しかし、少なくとも日本では、アメリカで目撃されるものをビッグフット、
カナダで目撃されるものをサスカッチと呼ぶ分類もされてきました。
まぁこの際、大きな問題ではないですが。

元は先住民族の伝説にあるとされます。
身長2メートル以上とかなり大型で、凶暴な面もあると伝えられています。
20世紀以降も目撃例があるようですが、最も有名なのはこの映像です。


パターソン・ギムリン・フィルム
(Patterson-Gimlin film)
パターソンとギムリンとは撮影者の名前です。
ギムリンは省いて「パターソン・フィルム」とも呼ばれてきました。
1967年10月20日、元カウボーイのロジャー・パターソンと友人のロバート・ギムリンが
カリフォルニア州・ブラフ・クリークの山中でビッグフットに遭遇し、
前方に歩きながら、カメラに向かって振り向くビッグフットをカラーの8mmフィルムで撮影した、
とされています。

ではその映像を紹介します。

この映像は動画としてだけではなく、一番上の方に貼ったように
振り向いた瞬間を捉えた静止画としても広く流布しましたので、記憶している方も多いでしょう。

しかし、この映像についてはかなり前から多くの疑念が持たれていました。
だいぶ後になって、自分が着ぐるみで演じたものであったとの告発もされたと伝えられます。
なにやらネッシーの写真の件に似ていますね。
別に告発がなくても、映像を観てたぶんギミックなのだろうと思いますが、
反論もあるようです。

映像を見てどう思われましたか?

« 【美術】『美の巨人たち』余話/絵画警察シリーズのテーマ曲は? | トップページ | 【写真】『日曜美術館』1/22「木村伊兵衛 天然色でパリを撮る」/写真界の巨星が異国で写した「色」 »

36.未確認動物 超科学 オカルト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562700/53813498

この記事へのトラックバック一覧です: 【未確認動物】米国の大学がビッグフットを科学的に研究!?/その姿を捉えた1967年の映像を改めて紹介:

« 【美術】『美の巨人たち』余話/絵画警察シリーズのテーマ曲は? | トップページ | 【写真】『日曜美術館』1/22「木村伊兵衛 天然色でパリを撮る」/写真界の巨星が異国で写した「色」 »

フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ