« 【昭和プロレス】ローラン・ボックのインタビューがGスピリッツに掲載予定/1978年の猪木欧州遠征とその後のボックを振り返る | トップページ | 【美術】黒田清輝作『湖畔』』9/24『美の巨人たち』より/日本近代洋画の祖が残した清涼感溢れる絵画 »

2011年9月21日 (水)

【音楽】元気が出る歌/1970-1980年代の名曲から

元気が出る歌…。
特に今年は、テレビでもネット上でも、数限りなくテーマになってきたでしょう。

1970-1980年代の歌からいくつか選んでみました。
やはり「青春」をイメージさせる歌が多くなったようです。


『春一番』(1976年) キャンディーズ
作詞・作曲 穂口雄右
メンバーの1人、スーちゃんこと田中好子さんはこの春亡くなりました。
いつ聴いても浮き立つような気分にさせてくれる名曲を、
彼女達のの弾けるような若い姿と共に。




『太陽がくれた季節』(1972年) 青い三角定規

作詞:山川啓介 作曲:いずみたく
青春ドラマの最高峰『飛び出せ!青春』の主題歌は、
青春ソングの最高峰でもありました。
曲も歌詞も、これこそが青春というイメージです。




『タッチ』(1985年) 岩崎良美
作詞 康珍化、作曲 芹澤廣明
映像は近年のものです。岩崎良美さん、若々しいですね。
元気の良いリズムに比べて、歌詞は青春の切ない思いを綴っています。




『RASPBERRY DREAM 』(ラスベリードリーム 1986年) レベッカ
作詞: NOKKO、作曲:土橋安騎夫
レベッカは代表曲というと『フレンズ』かも知れませんが、
この歌もいいです。




『抱きしめてTONIGHT』(1988年) 田原俊彦
作詞:森浩美 作曲:筒美京平
この歌もドラマ『教師びんびん物語』の主題歌。
幅広い世代が歌って踊って、盛り上がれる曲です。




『Runner』 (1988年) 爆風スランプ
作詞:サンプラザ中野、作曲:Newファンキー末吉
最後に紹介するまのは、深い郷愁を感じさせながらも、
ひたすら走る、前に突き進む力強さに溢れたこの歌です。

« 【昭和プロレス】ローラン・ボックのインタビューがGスピリッツに掲載予定/1978年の猪木欧州遠征とその後のボックを振り返る | トップページ | 【美術】黒田清輝作『湖畔』』9/24『美の巨人たち』より/日本近代洋画の祖が残した清涼感溢れる絵画 »

23.音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562700/52795591

この記事へのトラックバック一覧です: 【音楽】元気が出る歌/1970-1980年代の名曲から:

« 【昭和プロレス】ローラン・ボックのインタビューがGスピリッツに掲載予定/1978年の猪木欧州遠征とその後のボックを振り返る | トップページ | 【美術】黒田清輝作『湖畔』』9/24『美の巨人たち』より/日本近代洋画の祖が残した清涼感溢れる絵画 »

フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ