« 【音楽】フランソワーズ・アルディ『さよならを教えて(Comment te dire adieu)』/フレンチポップス~世界で一番美しい歌 | トップページ | 【美術】7月16日放送『美の巨人たち』のテーマはラファエロ『アテネの学堂』/ルネサンス屈指の大作をどう解くか »

2011年7月 4日 (月)

【美術展】「美を結ぶ。美をひらく。」II 不滅のシンボル 鳳凰と獅子|サントリー美術館/芸術となった伝説の聖獣達

開館50周年記念「美を結ぶ。美をひらく。」 II 不滅のシンボル 鳳凰と獅子
2011年6月8日(水)-7月24日(日)
六本木 東京ミッドタウン サントリー美術館  この展覧会は終了しました
Houou_001
六本木の東京ミッドタウンにあるサントリー美術館で、
『開館50周年記念「美を結ぶ。美をひらく。」 II 不滅のシンボル 鳳凰と獅子』
が7月24日まで開催中です。
http://www.suntory.co.jp/sma/exhibition/11vol03/index.html

中国から伝来した架空の動物、鳳凰と獅子、
この二聖獣を題材とした芸術や工芸作品を通じて、
古代から近現代まで、そのイメージの変遷を辿る展覧会です。

鳳凰
優れた天子が世に現れる兆しとして、古代中国で生み出された空想の鳥、瑞獣。
手塚治虫の『火の鳥』はまさにこの鳳凰のイメージであり、
しはしば西洋のフェニックス(不死鳥)とも同一視されます。

獅子
モデルは百獣の王ライオンであり、ライオンそのものを指す名称でもありますが、
半ば空想の聖獣、唐獅子として威厳や強さを象徴するイメージを持って、
日本に伝わりました。

古くは古墳時代の出土物から、近代の実在動物としてのライオンが取り入れられた姿まで、
グローバルに鑑賞できる催しです。


サントリー美術館
1961年、千代田区丸の内のパレスビル内にを開館。1975年には赤坂見附に移転、
2007年に現在の東京ミッドタウンに移転オープン。201171009
美術館併設のカフェ(プロデュース:加賀麩 不室屋)にて201171002展覧会記念メニュー「豆乳アイスと棒茶ジュレ」


六本木 東京ミッドタウン
六本木といわれますが、東京ミッドタウンは住所でいうと港区赤坂にあります。201171054
美術館があるのはこのガレリアという棟。201171049
裏手に広がるミッドタウン・ガーデン201171032
201171060
同館では8月10日より、
『開館50周年記念「美を結ぶ。美をひらく。」 III コーニング・ガラス美術館特別出品 
あこがれのヴェネチアン・グラス ―時を超え、海を越えて』
を開催予定。これも楽しみです。


my mixi
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=25686164

« 【音楽】フランソワーズ・アルディ『さよならを教えて(Comment te dire adieu)』/フレンチポップス~世界で一番美しい歌 | トップページ | 【美術】7月16日放送『美の巨人たち』のテーマはラファエロ『アテネの学堂』/ルネサンス屈指の大作をどう解くか »

01.Art 美術 (展覧会)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562700/52115680

この記事へのトラックバック一覧です: 【美術展】「美を結ぶ。美をひらく。」II 不滅のシンボル 鳳凰と獅子|サントリー美術館/芸術となった伝説の聖獣達:

« 【音楽】フランソワーズ・アルディ『さよならを教えて(Comment te dire adieu)』/フレンチポップス~世界で一番美しい歌 | トップページ | 【美術】7月16日放送『美の巨人たち』のテーマはラファエロ『アテネの学堂』/ルネサンス屈指の大作をどう解くか »

フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ